無料ブログはココログ

家庭菜園

2020/06/23

ハチの巣騒ぎ

6月始めのある日、畑を一緒にやっている友達(略して畑友)の
Hさんより連絡がありまして、
「畑の小屋の中にハチが巣を作ってる」とな。

写真を送ってくれたのだが、大きさはテニスボールくらい。
でも、日に日に大きくなっていっているらしい。

W

種類にもよるが、ハチはドイツでは自然保護されており、
むやみに駆除すると罰せられる。
これは、ハチが生態系に極めて重要な役割を果たしているためらしい。
そして、蚊やハエ等の害虫を食べてくれるため、
人間にも大きなメリットをもたらしているそう。

そのため理由もなくハチの巣を壊したり、
ハチの生活を脅かすような事をしてはならないのだよ。
殺虫剤をかけるなど、もっての外。

ハチは普段は人間を襲ったりはしないのだが、
脅かされると感じると、身を守るために攻撃をかけてくる。
ワタシ達も戸外に巣を作った場合には、そのままにしておくのだが、
小屋の中だと、人間が頻繁に出入りするため、
ハチに不安を与えて襲われる危険がある。

このような、ハチが人間に危害を及ぼす危険がある場合は、
「ハチの巣をどこかに引っ越し」てもいいらしい。

畑友Hさんは、こういう作業をどこで請け負ってくれるかを調べ、
消防署がそういう仕事をしてくれる、というのを聞きつけた。
しかし、畑友Hさんが消防署に電話してみたところ、
消防署が出動してくれるのは「公の場」のみとな。
答えは「民間の害虫駆除の会社に頼んでください」との事。

民間の会社って、どこに頼めばいいのか。
いつかニュースで、害虫駆除の会社が危険性を脅して
ぼったくりが相次いでいる、というのを見たことがある。
シロアリやネズミのケースだと思うが。
それに、そういう会社だと自然保護法律を無視して、
本当に殺虫剤をかけてしまうのでは。
それはかわいそうすぎる。

次にHさんが試みたのは、NABU(ドイツ自然保護団体の略)である。
NABUは全国に支部を持つかなり大きな団体で、
野生動植物保護や、ミツバチのための花の植え付け等、
アクティブな活動を行っている。

NABUはすぐに返事をくれて、ハチの巣引っ越し担当の人を派遣してくれた。
私はまだ田舎の彼氏さん宅にいたので、一緒には行けなかったが、
やって来たNABUオジサンは実に手際よく、ハチの巣を天井から外し、
箱に入れて、持って行ってくれたらしい。
ハチさんたちの次の生活の場は、NABUが管理する森の中。

なんと、NABUオジサンは代金も取らなかった。
NABUに寄付をしてくれればうれしい、との事だったので
ワタシはその後、NABUに寄付金を振り込んだ。

NABUオジサンは、ハチがまた巣を作ったら連絡をくれ、
と言い残して帰っていったのだが、
実はその後、ハチはまた巣を作ったのだわ。

巣の引っ越しをした時にたまたま仕事に出ていて、
一緒に行きそびれた数匹のハチたちが、
びっくりして同じ場所にまた巣を作ったらしい。
Hさんが気が付いた時には、前回同様、すでに
テニスボールの大きさになっていた。

確かに、ワタシだって家に帰ってきて、
家が無くなっていたら、うろたえるよねえ。

そうして再び、NABUオジサンのお世話になることになった。
その時はワタシも田舎から戻っていたので、
ハチの巣の引っ越しを観察。

全身保護スーツに身を包んで作業するオジサン。
Img_wp

オジサン曰く、前回は、女王蜂も一緒に引っ越しをしたのに、
残党たちが女王もいない同じ所に巣を作るなんて
考えられない、との事。
どっかで新しい女王様をスカウトしたのか・・・?

今回は、全員無事に引っ越しできたことを祈るのみ。

この機会に、いろいろとハチについて調べたのだが、
ハチの寿命はたったの半年ほど。
冬になる前にみんなお亡くなりになり、
女王蜂のみが、どこかで越冬をして、次の年に
新しいコミュニティーを作るんだそうな。
そして、ハチたちは前年の古い巣を使う事は無いらしい。

そんな短い生命、出来れば駆除せずに見守ってあげたいものです。

2020/05/20

気晴らしに紫のお花畑

今日は、コロナの話から離れて、お花の写真を少し。

今週は自宅に戻って来ているので、久々に畑も訪問。
前回から3週間ぶりでありますよ。

4月からほとんど雨が降らなかったので、
かなり乾燥しておりますが、それでもお花は
何とか生き延びていてくれましたよ。

前回、つぼみだった一番大きい大輪のアリウムは
残念ながら、もう花が終わってしまってましたが、
少し小さめなの大輪アリウムの方は、キレイに咲いてました。

Img_4687

ミツバチさんを引き付けるこの花、
この日も、たくさんのミツバチが飛び交ってました。

小振りのアリウムたちはそろそろ花が終わりつつあり。
覚えてないけど、白い種類も植えたらしい。

Img_4688

花畑は、色とりどりのチューリップが終わった後は、
青と紫に移り変わっております。
ワタシ、青系の花って大好きだわ~。

Img_4689

ブロ友さんに去年頂いた種から育ったお花も今、満開。
本当に綺麗です。
Img_4693

そして、奥の方にマーガレット。
この花も植えた覚えは無いので、多分、ブロ友さんに頂いた
種から育ったものと思われます。

Img_4690

そして、咲き始めたシャクヤクの花。
Img_4692  

今年の春は、自宅を離れていたため、野良仕事が全然できず。
そのため春蒔きの野菜がほとんど作れなかったけど、
6月からはたびたび畑に行けそうなので、
作物は無くとも、癒しの時間は作れそうです。

それにしても、この春の乾燥気候は異常。
いつ、本格的な雨が降ってくれるのかしら。


2019/04/16

穴掘りネズミちゃん

最近、ツルだのビーバーだの、カエルだのと
動物の話ばっかり書いてますが、今回はネズミの話ですよ~。

以前にも書きましたが、ウチのささやかな畑、
チューリップが満開です。
とっても美しいので、また自慢の写真を一枚。うふふ。
Img_3455  

午後の太陽を浴びて、写真で見ると美しいですが、
去年の秋に、この老体に鞭打って頑張って植えた球根よりも、
ずっと花の数が少ないんであります。

何でかと言いますと、冬の間に球根を食いやがった
ケシカラン輩がおるんですな。
よくよく見てみると、地面は穴だらけですよ。

Img_3449

こういう穴を掘るのはネズミかモグラでありますが、
モグラは肉食動物でありますので、熱心にトンネルは
掘りますが、植物の球根は食しませぬ。

つまり犯人はネズミですよ。
この地域には、Wühlmaus (ヴュールマウス)という
イキモノが生息しております。
日本語に訳すと「穴掘りネズミ」という感じですが、
コヤツがあちこちにトンネルを掘りまくり、
チューリップの球根を食い散らすんであります。
ジャガイモもお好きなようです。

これも自然、奴らも生きなきゃいけない、とは
わかっておりますが、オバちゃんが腰痛と闘いながら
一生懸命植えた球根。
穴だらけの花壇を見ているとやはり悔しいです。

先週末も、畑で作業していたら、目の前を走り去って、
素早く穴の中に飛び込むヤツを目撃したわ。
出たな、穴掘りネズミめ。
オバちゃん、とっさに殺意が沸いたね。

モグラは保護動物なんで捕獲は禁止でありますが、
ネズミはそうではない。
このオバちゃんが成敗してやる。

と、奴が飛び込んだ穴をみると・・・

奴は、穴から顔を出して鼻をヒクヒクさせて
こちらをじ~っと見てるんですよ。

か、かわいいっ!

大きさは手のひらに乗るくらい。
つぶらなお目目も、耳も、小さくてかわいい。
こんな愛らしい動物を捕獲するなんてとてもできませんがな。

そこで、穴掘りネズミちゃんたちに危害を加えることなく、
チューリップを守る方法、今ネットでいろいろ検索中であります。

彼らの天敵は、キツネ、フクロウ、鷹、スカンク等らしいが、
この方々を畑に派遣するのは非常に難しい。
犬や猫が徘徊しているとネズミちゃんたちが寄り付かない、
と言うのも読んだので、友達の犬を借りて来るか。

もっと現実的な方法として、チューリップと一緒に、
彼らの嫌いな植物を植える、というのがあるようだ。
もちろん、実行は次に球根を植える秋でありますので、
今年はもう諦めるしかないようであります。

その詳細はまた次に。

おまけ:またいくつかチューリップの写真よ~。
八重のチューリップたち。

Img_3456 

Img_3460

Img_3463

2016/06/09

チューリップの季節は過ぎたが

もうと~っくに散ってしまったのだが、
今年も、チューリップがきれいに咲いていたんで、
自慢を兼ねて、写真を見てくだされ。

ディスカウントショップで適当に買った球根植えたら、
今年の花は、ちょっとボケた色が多いような。

チューリップは、真っ赤や黄色とかのはっきりした色のほうが
きれいだわね。

661

でも、白も好きよん。これは、一昨年に植えたもの。
639

ちょっと変わった色。ケーキみたいだわね。
645

657_2

↓青い小さいお花は、忘れな草。非常に生命力の強い花でして、
毎年、こぼれ種から繁殖します。

一見可憐で、実は芯が強い。女性の鏡です。うふふ。

659

↓ギザギザ花びらのチューリップ。
頑張って、はさみで切り込みを入れました。
一晩かかったわ。

648

というのは、もちろんウソでして、こういう品種であります。
↓こんな色もありますわよ。

678

そして、緑と赤のまだらチューリップ。
好みの問題でありますが、見ているうちに、だんだん、
好きになってくる色合いでありました。
682

いろんなチューリップがありますが、やっぱり、
古典的な色、形が一番チューリップらしくて(って当たり前だが)
キレイですな。

チューリップはこちらでは、4月半ばから5月半ばまで
咲き続けて、沢山植えると、かなりインパクトがありまして。
それが見たくて、秋に、取り憑かれたように、
球根を植えるわけであります。

前年の球根も土中に残っているものの、このあたりには、
球根をむさぼり食うネズミさんが住んでいるようで、
だんだん減っていってしまうので、残念ながら、
毎年補充して植えないとアカンのですよ。

畑の横の道は、河原に続くので、犬を連れた人のお散歩や
ジョギングをする方々のコースとなっております。
今年もずいぶんいろんな方々のお褒めの言葉をいただきました。

写真を撮って行かれる人もかなりいます。
皆さん、お花の写真だけを撮って行かれますが、
一人だけ物好きな人がいて、私の写真も一緒に
撮ってくれたわ。家族に見せるんだって。

こんなオバちゃんの写真撮ってもねえ。
(撮った人もオバちゃんだったが)

最後にオマケ。

5月始め頃の畑の写真。
ジャガイモ畑ですよー。

680

相変わらずの激務等で、全然、野良仕事の時間が取れない
ワタクシでありますが、何とか、ジャガイモだけは植えたわ。

ジャガイモって、ほとんど手のかからない、
とっても良い子なんざます。

2014/11/05

ベランダ菜園もほぼ終了

今年は、秋が長いとはいえ、すでに11月なんで、
ベランダもすっかり寂しくなっております。

毎年、ベランダで栽培している激辛トウガラシ。
冷夏だったのに、暖かい秋が良かったのか、
例年に無く、真っ赤なきれいなトウガラシが
出来たぜよ。

001_2

まだまだいっぱいあるでよ。

004

日本だと、冬でも晴れた日が多いので、
外に出しておくと、あっという間に乾燥するのだが、
こちらは、これからますます日照時間が少なく
なってしまうんで、部屋の中でゆっくりと、
乾燥させるしかないんだわ。

パプリカも小ぶりのものが三つだけ出来たわ。
今年は、種から栽培に挑戦したが、やはり、
冷夏だったせいか、あんまり育たなかったな。

種の袋によると、赤いパプリカのはずなのだが、
何故か、黄色いのも出来たわ。
週末に、サラダにでもして食べるべ。

005a


そして、春に種をまいて、ゆっくりと育てているポピー。
これは、多年草のポピーで、大輪の鮮やかな
ピンクの花が咲くはずなんだが・・・。
008a

多年草のポピーと言うのは、種から育てるのは、
ちょっと難しくて、コツがいるんだな。
このポピーは新種で種の袋には、10粒くらい入っていたが、
発芽したのは、この三つのみ。
さらに、花が咲くまでに3年くらいかかるんだわ。
気の長い話でございます。

こちらは、ベランダで育てている牡丹。
009a

こちらで牡丹の木は見たことが無かったんだが、
ふと立ち寄ったガーデンセンターで見つけて、
衝動買いしてしまったわ。

夏の間に、葉っぱが全部落ちてしまって、
枯れてしまったかと思ったんだが、最近、
新しい芽が出てきてくれたのよ~。

010a

いつか、花が咲く日が来るんでしょうかねぇ。
その前に、ちゃんと冬を越せるのか。

ところで、ベランダに出していた机だが、もう、
今年は、ベランダで朝ごはんを食べたり、
本を読んだりすることも無いと思って、
片付けることにいたしましたぞ。

片付ける、といっても、そのまま、階段の
踊り場に置いただけだが。

011a

ベランダに出しっぱなしだったんで、色がはげて
あんまり美しくないが、もう少ししたら、ここに
アロエとかの植木鉢を置く予定でござる。

霜が降りる前に、ベランダのアロエをここに
持ってくるのを忘れないようにせねば・・・。

という事で、今、階段の踊り場には、机が二つ。
ハロウィーンの名残のかぼちゃつき。
013a

今年はかぼちゃも冷夏の影響で、二つしか
出来なかったんだわ。ちょっと寂しいな。

赤いかぼちゃは、買ってきたものです。
もう少ししたら、スープとか、プリントかを
作るんだ~。

ワタクシ、かぼちゃが大好きで・・・。
かぼちゃを愛する人たちの同好会なんて
作ろうかと思っているくらい。

2014/11/03

野良仕事シーズンもそろそろ終わり

11月に入り、今年の野良仕事シーズンも
ほぼ終わりになって参りまして、
後片付けに入っております。

普通なら、今頃はとっくに初霜が降りて、
10月中に野良仕事は終わってしまうのだが、
この異常に暖かい秋のせいで、畑には
未だに、緑がたくさん残っております。

この週末は、久々に、野良仕事。
追加でニンニクを植えたり、柵の修理したり。
汗びっしょりになるくらいの気温でしたわ。

暖かい秋のおかげで、花豆も、霜が降りる前に、
たくさん収穫できましたわ。

これはその一部。現在、ベランダで乾燥中。

002a

今年は、量はたくさん出来たものの、質のほうは
いまひとつでして、夏のお日様不足のために
成長し切れなかったようでござるな。

こちらは、トラ豆ちゃんたち。この子達は、
ぷっくりと太って、良い出来であります。

003a


ところで、2週間前に畑に行ったときに、
お隣のヒッピーちゃんたちの畑の仏様(?)
拝んでいこうと思ったら、いらっしゃらない。

あれれ、と思って探したら、別の場所に
移動なさっていましたのよ。

052

彼らの掘っ立て小屋、というかテントの前に
お座りになっておりまして・・・。

最初に比べると、頭のメッキもはげて、
発泡スチロールの地肌が目立ちますな。

053

ところで、仏様(?)の背後に吊ってある、
このチャラチャラした飾り、なんでございましょ。

055

なんちゃってアジアン・テイストって感じ?
彼らなりに、何かを求めて頑張ってるのか。


そして、先週末に野良仕事に行ったら、
彼らの畑の中のテント(上の写真)は、
すべて撤去されておりました。

彼らにとっても、今年のガーデンシーズンは、
終わったようです。
仏様はどこに行っちゃったのかしら。
オリバー君が家に持って帰ったか。

ワタシも、今年はもうあまり行くことも無いだろうし、
ヒッピーちゃんたちに会えないのはちょっと寂しいわね。
彼らのおかげで、今年の野良仕事は、
とっても楽しかったです。

2014/09/03

お豆さんたち

ちと、更新をさぼっておったら、いつの間にか
9月になっているではないですか。
いや~、時間が過ぎるのは速いもんですな。

8月後半は、会社でいろいろとあって、
すっかり疲れておりましたわ。

うだうだ悩んでても仕方ないんで、気を取り直して、
ウチの畑のお豆さんの近況報告でもしましょーかね。

時間が無いのと天気が悪いのとで、荒れ放題の
畑でござるが、雑草だけではなく、お豆さんたちも、
激しく、好き勝手に茂っております。

こちらは、紫色のインゲン豆

081708

ワタシの記憶に間違いが無ければ、
ツル無しの品種の種を蒔いたはずなのだが、
何故か、ツルがすくすくと伸びてきたので、慌てて
適当な竿を立てたり、紐をつったりした結果、
こういう有様になりましたわ。

しかし、何度考えても、ワタクシ、
ツルありインゲンの種なんて蒔いてないわよ。

今年は、最初に蒔いた緑色のインゲン豆の芽が
ウサギさんたちに食われてしまったんで、その場所に
去年の残り物の、紫インゲンの種を蒔いたのよね。

055

つまり、去年と同じインゲンの種を蒔いたのだが、
去年は、こんなツルなんて伸びなかったわよ。

不思議だわ~。種って、1年ほうっておくと、
その間に変異するのかしらん。

053a

いずれにしても、紫色のインゲン豆がたくさん
ぶら下がっておりまして、収穫したら、
バケツにいっぱいになってしまったわ。

このお豆さん、こんなきれいな色だが、
茹でると緑色になってしまいます。

毎年恒例の紫花豆は、低気温にもかかわらず
と~っても元気にごった返しております。

056a

実も出来つつありますが、収穫出来るまで
育ってくれるかしらん。

057

こちらは、トラ豆さん。

012

トラ豆さんは、花豆やインゲンみたいに
激しく茂ってしまうことも無く、なかなかお上品ですわ。
花豆よりもずっと早く収穫できるんで、寒冷地でも
育てやすい優れもののお豆さん。

ま、こんな感じで、お豆さんは、今年も特に
代わり映えいたしませんな。

さて、家に帰る前に、お隣のヒッピーちゃん畑の
仏様(?)にちょっくらご挨拶などして・・・。

005

薄暗くなってきたら、ますます背景に
しっかりマッチしているわね。

ちょっと違う角度から拝んで見ました。

006

なんだかんだ言いながら、結構、このお方に
ハマりつつあるワタクシ。

明日が良い日になりますように。

2014/08/29

スピリチュアルな世界?

天気が悪い日が続く中、この間、久々に
ちょっくら畑に行ってみますとですね、
お隣のヒッピー畑にこんなもんが置いてあっただよ。

8175

何ですか、これは。
仏像?それとも、アジアの仏教寺院の壁の一部?

ちなみに、ワタシとヒッピーちゃんたちは、
すっかり仲良くなったんで、畑の境の木戸
(写真左側)の鍵ははずして、お互い自由に
出入りできるようにしているんだな。

ヒッピーちゃんたちは、ワタシの畑内のポンプ
(水道が無いので、原始的ポンプで水をくみあげてる)
を自由に使ったり、ワタシもヒッピーちゃん畑に生えている、
ブラックベリーとかラズベリーを採らせてもらったり。

そういや、ヒッピーちゃんの一人、オリバー君(仮名)は、
こういう神秘的な世界が好きそうなタイプだな。
時々、静かに一人で笛を吹いたりしているし、
この間は、本で読んだ仏教説話の話などを
教えてくれたわね。よくわからん話だったが。

ワタクシは、というと、スピリチュアルな世界って、
ちょっと苦手意識があったりするわな。
スピリチュアルのみならず、神秘な世界も
良くわからん。 
もともと、何かが見えたり、感じたりする能力は
ま~ったく無いヒトだし。

でもこの仏様(?)、周りの風景に不思議に
マッチしてるし、別に、怖いわけでもないし、
ま、気にしないでおこう。

でも、ちょっくら拝んでみっか、と
近づいてみますると・・・。

G016_2

これ、発泡スチロール製でしたわ。
片手でもてるほど軽いのよ。
なんてこと言ったら、バチが当たりますか。

次に会ったときに、オリバー君に聞いてみると、
「これ、粗大ゴミで拾ったんだ」とのこと。

たまたま、ちょっと怖い仏教説話を読んだ後、
フラフラと散歩していたら、ゴミ捨て場に
この方がお座りになってたから、つい、
運命を感じて連れてきてしまった、という、
なんとも、有難いっちゅうか、脱力物の話だったわ。

でもワタクシ、スピリチュアルな世界は苦手だが、
こういうノリは、結構好きだったりするわね。

2014/08/28

異常気象続き

まだ8月だというのに、日中気温が
20度を越えない日が続いていますねん。
朝夕は、10度くらいなんで、寒いですねん。

それに、全く良くコレだけ降るもんだ、
っちゅうぐらい、よく雨がふりますねん。

6月に異常に暑い日が続いて、激しい雷雨や
台風になったかと思うと、最近の低温。
先週のある日なんて、去年のクリスマスよりも
気温が低かったらしいぞ。
つまり、この前の冬は、異常に暖冬であった。

ったく、ここ数年、ずっと異常気象とかで、
何らかの記録を更新しているようだし。
気象観測始まって以来の○○、みたいな。

天気が悪いので、野良仕事が全然、
出来ない状態が続いておりますねん。
相変わらず、残業続きなんで、たまに
夕方、晴れ間が見えても、なかなか、
明るいうちに会社を出られなかったり。

ベランダの方も、水遣りをするのが精一杯で、
植物のお世話はなかなか出来ないのだが、
今朝、ベランダに出てみたら、ミニトマトが
色づき始めていたわよ。

049

自分で栽培したミニトマトって、酸味が強くて、
おいしいんだわ~。

パプリカも大きくなってきたものの、
こう寒くては、これ以上成長しないかも。

052

暑いのが苦手なワタクシですが、8月なら、
もう少し、夏らしい気温になって欲しいもんだわねえ~。

2014/08/20

水菜

昨日のベランダ菜園の続きでござる。

シソの苗がまだ小さいころに、プランターの隙間に、
小指ほどの大きさの小さな水菜を5本植えた。

それから何週間か過ぎて、シソも大きく育ったが、
水菜も立派に育ってしまった。

白菜ほどの大きさになってしまい、今にも
プランターからはみ出しそうだぞ。

007b

離れを貸して母屋を取られている状態?

032b

一気に収穫しようにも、大量に使う方法が無く・・・。
鍋の季節でもないしねぇ。
もう少し涼しくなったら、はりはり鍋の
ベジ・バージョンでもするんだけどな。

ですので、今のところは、毎日、細々と収穫して、
サラダにして食しておりますわよ。

勝手に名づけて「はりはりサラダ」

005b

サラダなどと名づけるまでも無いくらい、
シンプルなものでござる。

刻んだ水菜にオリーブオイル、お塩、
梅肉(または梅ペースト)を振りかけて、
最後に、ナッツとかクルトンみたいなものを
パラパラとかけておしまい。
写真は、松の実をかけとります。

水菜が新鮮なので、コレだけで十分、
美味しいでっせ~。