無料ブログはココログ

物を持たない

2017/10/05

Oxfam - オックスファム

前回の続きであります。

畑仲間のG子ちゃんがボランティアをしている
Oxfam(オックスファム)というのは、全世界レベルで
主に発展途上国の貧困生活者の救済を行っている団体さん。

名前の通り、起源はイギリスのオックスフォード大学関係者らしいが、
今ではヨーロッパ・アメリカを中心に全世界で活動を展開している。

ドイツではそのOxfamが経営しているOxfam Shopという
いわゆるセカンドハンド・ショップが全国にありまして、
寄付された不用品、衣類、本、食器、おもちゃ等を
お手頃なお値段で売っており、そこで働く人たちはすべて
ボランティアとの事。

今までも、店の前を通ることはあったが、
何のお店かも知らず、全く気に留めていなかった。
G子ちゃんによると、そこでは比較的状態のいい不用品を
引き取ってくれるらしい。
さっそくホームページで調べてみると、物の寄付は、
店が開いている時間ならいつでも持ち込める。
もちろん、きれいな状態で、十分使えるものに限るし、
電気製品はダメ、壊れたものはダメ、食料品ダメ、
等の制限がいろいろとある。

ワタシは即座に、これだ!、と思ったね。
まだまだ使える物は、次に使ってくれる人がいるなら、
箪笥で眠っていたり、ごみ箱に捨てられるよりずっといい。
さらに、売り上げもちゃんとしかるべきルートを通って
困っている人のためになる。
もっと早く知っていれば、今まで捨ててしまったものも、
人様の役に立ったのにねえ。

そうして、ある土曜日、ワタシは本や食器等の
不用品を袋に詰めて、お店に行ってみたのだわ。
ワタクシは、この日、オックスファム・デビューを
果たしたのだよ。

お店の人は「どうもありがとう」と言って、
あっさりと袋ごと受け取ってくれたわ。
内容についてのコメントは全く無かったな。

人によっては、使い物にならないゴミみたいな物や、
お店で扱えないような物を持ってくるそうだが、
そういったものは、ボランティアの人たちが
「地球にやさしい方法で」処分し、
洋服も、汚れていれば洗ってお店に出すんだそう。

その日、ついでにお店も見てみたが、きちんと
商品管理されており(洋服などはいつお店に出したかが
記録されている)、全く売れないものは処分していくので、
いつまでも売れ残ることも無いらしい。
売れ残った洋服は、次は古布として、そういう業者に
下取りされるそう。

その日は、ワタクシ、そこで何冊か古本を買いましたわ。
基本的に、本は買わない主義で、図書館派なんだが、
オックスファムの古本は、意外にベストセラーなどもあり、
図書館で見つからなかった読みたい本もあったわ。
値段も安いが、それより買う事自体が寄付になるんだし、
読み終わればまたここに寄付すればいい。

お店も清潔で、ボランティアさんたちも感じがいいし、
ワタシも将来、定年後とかに時間ができたら、
ここでボランティアとして雇って頂けないかしらん。

すっかり気に入ったワタクシは、それからも2回ほど
不用品をもってオックスファムに出かけたよ。
家にも、オックスファム寄付用の袋を置いて、
読み終わった本や、着ない服などを入れていっている。

ある友達が常に「物が多すぎて困ってる」と言ってるので、
オックスファムを推薦してみたのだが、
彼女の答えはちょっと意外だったな。

「服とか靴とか全部高かったのよ!ほとんど新品だし。
どうして、そんなのをタダで寄付しなきゃいけないの?
それなら、他のセカンドハンドショップで買い取ってもらう」
との事だったわ。

お金に換えようと思っているのなら、
それはまだ不用品ではない、とワタシは思うが、
考え方は人それぞれだな。

2017/10/03

不用品の処分と寄付

ダイエットと並んで、ワタクシのライフワークとなってしまった、
「所有しているものを減らす」という課題。

こちらのほうも、なかなか進みませんでして、
オペ、療養生活の間はもちろん、その後も
ずっと放置状態でありました。

以前にも書いたように、今年の2月ごろに
不用品処分の業者さんに来てもらって、
古い家具とか電気製品といった大きいものを
一気に処分したのよね。
それで、少しは家の中がすっきりしたはずなんだが、
片付かないのは相変わらずなんだな。

戸棚とか引き出しに入りきれないものが、
な~んとなくあちこちに放置されております。
もう、これはずぼらな性格がなすものでありまして、
本人もほぼあきらめている状態でして。

お片付けの基本である「物の定位置」を決める、
というのがなかなかできないワタクシ。
ちゃんと片づける時間が無いのもあるが、要するに、
物の数が、現在の収納キャパシティを超えているっちゅうことか。
つまり、数学的に見て、物が収まるはずがないんであります。

なら、収納を増やせばいいのだが、それをやると、
ますます物が増えるのは目に見えているしな。
それに、これ以上家具は増やしたくないわね。

そこで、改めていらないものの処分をしようと
頑張っているのでありますが、物を捨てるのも
なかなか大変なんですよ。

たとえ自分には必要ないものであっても、
まだまだ使えるものを捨てるって、もったいない。
ワタクシの世代っちゅうのは、戦中派の両親に育てられたんで、
子供のころから「物を大切にしなさい」と常に教えられていたわ。
学校でもそう教わったしなあ・・・。

物を捨てるときは、できるだけ地球にやさしく、さらに
再利用される可能性のある処分方法を選んでいるものの、
それにも限界があり、ごみ箱にポイ、という手段を
取らざるを得ない場合もある。
ホント、もったいなくて、心が痛むでござるよ。

そんな時、ひょんな事から不用品を引き取ってくれる
団体さんの存在を知ったんであります。
教えてくれたのは、畑仲間のヒッピーちゃんたちの一人、
G子ちゃんであります。

G子ちゃんは、長く病気をしていたので、
今は仕事はしておらず、のんびりと生きているようで、
ある意味羨ましい生活ではありますが、
時間があるので、健康状態が許す限り、動物愛護関係を主に、
あちこちでボランティア活動をしているらしいんだな。

そのG子ちゃんのボランティア先の一つが、
オックスファムという団体さんなのであります。

長くなったので次回に続きます。

2017/08/14

片付けも進まんし・・・

表題の通りであります。

うまくいかないのは、ダイエットだけではなく、
家の中の片付けのほうも滞っておりまして、
滞っているどころか、年月とともに、ますます
散らかっていくような気がしている今日この頃であります。

この前なんて、下の階に住むオバちゃんが突然、
連絡事項を伝えに来てくれたんだけど、ワタクシの家、
とても中に入っていただく状態じゃなかったわね。
入っていただくどころか、玄関のドアも全開できず、
慌てて外に出て、後ろ手でドアを閉めたわよ。
何とも情けない事でございます。

思えば、今のアパートに引っ越してきて約8年。
ちょうど引っ越した直後から仕事が忙しくなり、
何もかも中途半端なままに住み始め、
さらに、その状態で済み続けた結果、今に至っております。

カーテンなんて、前の家で使ってたものをそのまま
ぶら下げたんで、サイズが微妙に合ってないし、
天井の電気も、なんか違和感があるのよねえ。
ずっと新しいソファーも買いたいし、壁に絵なんて
かけたいし・・・・。
などとやりたいことはい~っぱいあるんだが、
時間が無いのを言い訳に、放ったらかしにしてたわ。
今は時間だけじゃなく、体力も無いわね。

そうそう、今年の2月だったかしらん。
ちょっと機会があって、知り合いの人が
不用品を処分してくれる業者さんを紹介してくれたのだわ。
その時に、思い切って自分で処分できない不用品、
例えば古い家具や電気製品等を持って行ってもらった。

リビングと寝室はおかげでかなりものが減ったし、
地下の物置にあった古い戸棚とか、ベット、マットレス、
壊れた自転車なんかも全部処分したおかげで、
地下はほとんど空になった。

そうそう、その時にかなりレトロなテレビを捨てましたわ。
その後、しばらくはテレビのない生活をしていたんだが、
全く不便はなく、もうテレビなんていらない、と思っていたのだが、
彼氏さんのクレームで、仕方なく新しいテレビを買いましたよ。
彼氏さんはテレビが大好きであります。

テレビなんて、無きゃ無いで全く困らないものなんだが、
スポーツ観戦は好きなんで、あったほうがいいのかしらん。

少なくとも、静養生活中の退屈しのぎにはなったわね。
それに、パソコンで日本のドラマを見るときに、
テレビの画面につなぐと見やすいし。

さて、その時に捨てたものは、小型トラックに一杯あったわねえ。、
業者さんが、小型トラックに荷物を積み込んでいる時、
下の階のおばちゃんから電話がかかってきた。

「もしかして、あなた、引っ越すの?私たちに相談もなく
出ていくなんて、寂しすぎるわ~。」だって。
この誤解は笑い話だが、それでも、近所の人が
気にかけてくれてるって、ちょっと嬉しいですな。

こうして、家の中のものはある程度減ったが、
な~んか片付かんのよねえ。

インテリア雑誌のようにすっきりと美しいお部屋、
とまではいかないまでも、せめて、
下の階のオバちゃんが呼び鈴押した時に、中に入って
頂けるくらいのレベルにはなりたいもんだわ。

自分自身のささやかな名誉のために申し上げますと、
弊宅だって、お掃除した後は、そのくらいのレベルに
なっているんだが、何故かすぐに散らかってしまうのよねえ。
世の中のお宅は、ちゃ~んと片付いているのかしらん。

こんまり大先生の本をちゃんと読み直して、
お勉強せねば・・・。

2015/11/22

物を減らしたくなった話の続き

いや~、激務に追われておりまして、
またまた、更新が滞っている今日この頃でして。

さて、前回の続きを書くか、と思ったものの、
間が開きすぎて、書いた本人も
何の続きだったかよく覚えとらんです。

そうそう、物を減らしたくなった、という話。

やたらと身の回りの物を処分したくなったのだが、
気分が落ち込んでいたのとは別に、もう一つ
理由があってさ。

それは、彼氏さんの亡くなったお父様であります。

お葬式の後、彼氏さんと一緒にいろいろと
お母様のお手伝いをやっていてわかったのだが、
人がお亡くなりなった後というのは、本当に
いろんな事務処理が出てくるんですな。

保険、年金、税金、所属している団体やクラブ、
様々な名義変更や、連絡事項。

人間一人、これだけたくさんの物事にかかわり、
しがらみを持って生きているものなんですね。

事務処理のための必要書類を探す、なんて、
ワタクシ、考えただけで気が滅入ってまいります。

しかし、生前のお父様というのが、実に
几帳面な方でして、すべての書類が
きちんと分類され、あるべきところにファイルされ、
そのファイルも、的確に名前と番号付けがされ、
ここまでやるか、というくらい完璧に整理されて
いたんだわ。

他人が見ても、すぐに必要書類が取り出せる
状態であったので、一緒には住んでいなかった
彼氏さんでも、煩雑な諸手続きや書類準備が、
かなりスムーズに進めることができたようである。

これには、ワタクシ、いろいろ考えさせられたわね。

先日も書いたが、確定申告のたびに、毎年必死で
いろんな書類を探しているワタクシ。
自分でもどこに何があるかわからん状態で、
もし、ワタシに何かあった場合に、人様に
書類をのありかがわかって頂けるのか。

絶対に無理、と断言できますな。

書類だけではありませんよ。
しょっちゅう物を探しているワタクシ。
本当に、時間の無駄だと思うんだわさ。

客観的に見て、特に物が多いとは思わんが、
もののありかを把握できない、という事は、
恐らく、ワタシ個人のキャパシティを
越えているんだな。

もっと身の回りをスッキリわかりやすくして
生きていきたい、と改めて強く思ったワタクシ。

強く思ったのはもう何度目かわからんが、
思うだけじゃなく、きちんと実行に移さんと
アカン、とも決心いたしました。

人間、明日の事なんてわからんし。


本日のオマケ:森の中の古い水車小屋

Img_0607

ワタクシ、水車が大好きでして、カタコトという音を聞きながら、
いつまでも眺めていられます。

でも、この水車、もう古くて(300年くらい?)今は、もう、
回っておりません。

2015/11/08

やたら物が捨てたくなった

タイトルの通りでございます。

ワタクシ、びよいんを退院直後、ひたすら
どよよ~んと落ち込んでいたのだが、さらに、
と~っても厭世的な気分に陥ってしまったのだ。

立て続けに2回、身近な人のお葬式に行った事、
そして検査結果から、持病が確実になった事、

そんなこんなで、いろんな事がどーでもよくなった、
っちゅうか、いろんなしがらみから解放されたくなった、
っちゅうか、とにかく、急に、身の回りに散らばっている
いろんなものが、煩わしくなってきてしまった。

思えば、もういつの事だったかしらん。
身の回り(と身の中身)をすっきりさせたくて、
その記録を付けようと、このブログを
書き始めたんだったわ。

いつも間にか、その決心も、このブログタイトルとともに、
どっかに行ってしまった。

その結果、部屋は全く片付かず、汚部屋一歩手前。
ワタシ自身も、ますますブタに磨きがかかった。

ワタシの人生、汚部屋でブタオバさんのまま
終わってしまうのかしらん、持病もあるしぃ、
なんて考えると、ますますどよよ~~んと
落ち込んでしまったね。

自分のささやか~な名誉のために言うと、
汚部屋といっても、衛生観念は人並みに
あると思うんで、ごみ箱から生ごみがあふれたり、
あちこちにカビが生えたり、部屋の隅で、
正体不明の新しい生命が`誕生したり、
という事はもちろんございませんよ。

単に、片づけが苦手なだけであります。

つまり、どこに何があるか全く把握しておらず、
物を探している時間がやたら多いんですな。
これ、人生、すごく無駄にしてるような気がする。

それに、一応、身だしなみには気を付けている
つもりなんで、着ている服はシワだらけ、
シミだらけ、頭ボサボサ、などという事もなく、
常識程度の身ぎれいさは保っておりますよ。

単に、ブタなだけであります。

そういうわけで、ってよくわからんが、
やたら物を減らしたくなったんでありますが、
もっと片付けんといかん、と思ったのには、
もう一つ理由がありまして、
それについては、次回、続きを書きます。


おまけ↓

ヒッピーちゃんたちにもらった、バターナッツかぼちゃで
スープを作ってみたぞ。

Img_0528

バターナッツかぼちゃはスープにするとおいしい、と
インターネットで読んだんだわ。

切ってみると、鮮やかなオレンジ色。

他の材料は、玉ねぎ、ショウガ、スープの素だぞ。
マジメにホワイトソースなどを作るべきだが、
ずぼらなワタシはそこは省略するでよ。

その代わり、お米を一つかみほど、入れて、
ぜーんぶを一緒くたに煮込んで、柔らかくなったら
ががが~っとミキサーにかけてしまう。

そうしたら、とろ~りとしたクリームスープができるぞ。

Img_0531

好みで、牛乳とか生クリームも入れる。
ワタシは、かぼちゃスープには、たいてい
豆乳とかココナッツミルクを入れるが、
このVeganバージョンのほうが、サッパリして、
ワタシは好きだぜよ。

感想は、バターナッツかぼちゃは、ちと、味が薄い。
普通のかぼちゃに比べるとかなり物足りんので、
あとで野菜スープの素を増量した。
ニンジンとか、オレンジジュースなんかで
味を補充してやった方がええかも。

ネットで読んだ、「バターナッツのスープが美味い」
などというのは、ガセネタだったか。

2015/09/28

毎年同じことの繰り返しで

毎年、大騒ぎして仕上げる確定申告ですが、
今年も、しっかりドツボにハマっておりましたよ。

確か、去年も一昨年も、ここにその苦労を
書いた上に、これに懲りて、これからは
几帳面な人になって日頃から書類整理を
きちんとやる、と心に誓ったはずなのだが。

今年も、税務署から「ええ加減に出さんかぁ」の
お達しをいただいてからようやく始めて、
例年と同じように、必要書類を探すところから始まり、
大パニックでありました。

しかしながら、毎年同じ事を繰り返していると、
人間、それなりに要領がよくなるというか、
なんとなく、コツがわかって来るもんでして、
実際には、手の抜き方がわかって来たんだが、
今年は、昨年よりは楽に仕上げることが
出来ましたわね。

今年も締め切り当日に仕上げて、
税務署様にお届けし、これでまた一年、
この苦労をせずに済む、とほっとしている
ところでございますねん。

毎年思うが、日頃の書類整理がきちんと出来て、
どこに何があるかを把握してれば、
こんなに苦労することもないのだわね。

今回わかったが、適当に積み上げている書類の
中には、不要なものが実に多く、なんでこんなに
いらないものまでを保管していたのか、我ながら、
とっても腹が立ちましたことよ。

そんなわけで、今回、書類を税務署様に
お届けした直後、不要書類を抜き出して、
一斉に、シュレッダーにかけましたわ。

余談ながら、シュレッダーってほんと、楽しい。
一度始めるとやめられないわね。
書類の山が、瞬く間に、きし麺のような細長い
紙きれに変わるのを見ていると、何故か
めっちゃ興奮します。

いつの間にか、ポリ袋いっぱいのきし麺が
できてしまったわ。
そして、書類の山は、半分に減っていたよ。

減ったところで、きちんとファイルして、

・・・ならいいんだが、
シュレッダーかけたところで安心しちまって、
低くなった書類の山は、そのまま放置。
きっとこの山、来年までこのまま残って
いることでありましょう。

書類整理は、他の場所の片づけと並んで、
永遠の課題になりつつありますが、
実は最近、これではアカン、と真剣に
考えされられることがありまして、
そろそろ本気で取り掛かろうと思って
いるところであります。

ホントに思っているんであります。

詳細については、少し落ち着いたら
書いてみますか。

記事とは関係ありまへんが、ヒッピーちゃんたちに
もらった、バターナッツかぼちゃ。
そのうち、スープにでもして食うっぺ。

Img_0442

2014/08/18

ちょっと良い気持ちでござる

先週末は、出かける予定も無くて、ひさびさ~に
ちょっと自分の時間が取れた二日間。でしたわ

なので、ワタクシ、土曜日の朝から、掃除、洗濯等、
家事にいそしんでおりましたの。

思えば、最近、週末といえば出かけていたので、
掃除も適当であちこちにホコリが見え始めていたわ。
買い物に行く時間も無かったので、
冷蔵庫の中もちょっと寂しくなっていたのだわ。

朝食の後、掃除機をかけて、床を拭いて、
ドアも拭いて、階段の踊り場も掃除して、
さらに、バスルームも、念入りにお掃除。
洗濯物も、家中をチェックして、敷物等も
洗ったぞ。
ズボラ人間も、やる時はやるんだよ。

その後、買い物に出発。
ちょっと遠出して、オーガニック食品の
スーパーマーケットまで行って来たわ。
コーヒーとか、大豆ヨーグルト、チーズ、卵、
大豆ミート、ココナッツオイル等を買ってきたが、
オーガニックの商品って、やっぱり高いわねぇ。

最近は、ディスカウントショップでも、オーガニック・
シリーズが充実してきたんで、オーガニック・ファンの
ワタクシとしてはずいぶん助かってはいるが、
経済的な面からは、まだまだ全面オーガニック生活に
移行できそうに無いな。

さらに、アジアショップにも行って、しょうゆとか、
ミリンとか米酢を補充。

これで、しばらく残業が続いても、食生活は安泰だぜよ。

買い物から帰ってきて家に入ると、家の中が
とってもきれいに掃除されていたのよ~。
床を拭いた洗剤のレモンの香りがほんのりとしてたり。

お掃除したての家が、こんなに気持ちいいとは。
この感覚、しばらく忘れておりましたわね。
って、どんだけ掃除をサボってたねん。

まだまだ、家の中は片付いておりませんが、
それでも、掃除だけはちゃんとマジメにやらんと
あきませんな、という事を実感したワタクシ。
ちょっとマメに頑張ってみますかね。

お、ワタクシ、今日は、ちょっとマジメだわね。

2014/08/12

料理のレシピ類とか

先日、新しいファイルを買ったんで、
それをレシピの整理に使うつもり、
なんて事を書きましたな。

この、ド派手なファイルでござる。

F004

ファイルを買っただけじゃいかんので、ここらで
レシピ類の整理でもしますかねぇ、と思い、
今まで集めたレシピ類を一応入れてある
ファイルを探し出してまいりますと・・・。

あららら、三冊もあったぜよ。

F002

昔の雑誌の切り抜きとか、インターネットで
検索したレシピをプリントしたものとか。
それでも、最初のころ(雑誌の切り抜きの時代)は、
項目別にちゃんと分けていたんだが、インターネットが
普及して、レシピ検索が簡単になってしまった後は、
やたら量が増えて、ただファイルするだけに。

そうすると、ファイルされているレシピの事を
全然覚えていなくてですね、また新たに検索してプリント。
こういう感じでどんどん増えていったみたいだな。
さらに、いざ、あるレシピを探そうと思っても、
見つからないことがしょっちゅうだったわ。

今回、改めてファイルをめくってみると、
特にインターネットからプリントしたものなんて、
作ってみたことも無いものがほとんどだったわ。
よく考えてみると、最近は、新しいレシピを試すことなんて、
ほとんど無いような気がするわね。
こんなんだから、料理のレパートリーが増えないんだろうが、
あんまり変わったものを作りたいと思わなくなったな。
コレも、歳のせいかしらん。

いずれにしても、レシピは、作りたいと思ったら、
すぐに作ってみないと、「いつか作るかも」では、
その「いつか」は永久に来ないことがわかったわ。

作ったことのあるレシピについては、項目別に分けて
ド派手ファイルにすべて保管(作ってみて不味かった
レシピは、残していないので)。
未挑戦のレシピは、近い将来作ってみる可能性が
あるもののみを残し、残りはすべて処分いたしました。
それにしても、よくコレだけ溜め込んだもんだ。

雑誌の切り抜きについても、ほとんどが古いもので
(まだ日本にいたころのものもあったわ)、
同じく、未挑戦のものはほとんど処分。

この「未挑戦」レシピについては、時々、
チェックして、あんまり増えないようにせねばね。

基本的には料理は好きなんで、本当は、
もっといろんな料理に挑戦したいんだが、
なんと言っても、時間が足りないんだよ。
夜遅く帰ってきてから、台所に立って、
複雑な作業をする気分になれんしな。

レシピブログなるものを毎日更新されている方々、
本当に、すごいと感心することしきりであるよ。

そのレシピブログを見るのが大好きなワタクシは、
つい、作ってみたくなって、そのレシピをプリントして、
時間が無くて作らなくて、レシピだけがどんどん
増えていく、という日々であるよ。

2014/08/05

またまたモチベをあげるために

相変わらず忙しくて、また更新が
滞ってしまっておりまする。

他の部の仕事の応援を頼まれてしまい、
出かけることも多いし、慣れない仕事のため、
す~っかり疲れきっている今日この頃であります。

そんな生活のため、家の中は相変わらず
荒れ放題に限りなく近づいております。

何よりも、あちこちに散らばった書類を
いいかげん、片付けねばねぇ。
そろそろ確定申告もしなきゃいかんし。

書類整理用のファイルを買わなきゃ、
と思っていたところ、たまたま見かけた、
ド派手なファイルを衝動買いしてしまったわ。

F004

食い物が大好きなワタクシにぴったりのデザインだわん。
当然、レシピ類の整理に使うつもりでございます。

レシピ類というと、ネットからプリントしたものとか、
雑誌の切抜きとかがあちこちにありまして、
いつか作ってみようと思って、ちょっとそこらへんの
引き出しに入れてしまうと、もう二度と見つからない、
という事がよくあるのは、ワタシだけ?

一応、レシピ用のファイルもあるんだが、それも、
ちゃんと整理されていないから、探すのにやったら
時間がかかってしまい、全然、使えない。
そこで、レシピ類を一度ちゃんと整理して、
いらないものは処分しようと思っていたのだが、
もともと、書類整理が大嫌いなワタクシ。
せめて、こういう楽しいファイルなら、ちっとは
モチベが上がるんじゃ無いかと思ったんだわ。

シンプルライフの専門家の方々によると、
キャラクター商品とか、ゴテゴテした色の多い
デザインはNGとの事でありますが、
ワタシのようなズボラ人間にとっては、
ファイル自体をすぐに探せることが大事でして、
色ですぐに判別できるというのは、かなり大事な
ポイントであります。

もっと整理整頓のエキスパートになったら、
すべて無地の、シンプルなデザインにするかも
知れませぬが、その域に達するにはまだ
しばらくかかることでありませう。

とはいえ、今週も出張が入っているし、
実際に書類整理に手をつけるのは、
少し先になりそうだわね。
それまで、モチベが持つかしらん。

2014/07/28

モチベを上げるためには

先日も書きましたが、最近、どーも、
ヤル気が出ないのよねぇ。

ま、最低限のお掃除とか、
ゴミ捨てとかはやっているから、
足の踏み場はちゃんとあるし、
ゴミ箱から新しい生命が発生したりは
していないものの、どこを見ても、
ごっちゃごっちゃとしております。

ここらで、なんとかモチベを上げて、
すっきりと片付けにゃああきませんな。

やる気を起こすためには、やっぱり
お掃除の体制を整えねば。

というわけで、コレです。

勝負エプロンじゃぁ~!

010_2

これ、前回の帰国時に日本で買ってきた
猫ちゃんエプロンでござる。

前にも書いたが、これを着るとちょっとだけ
家事が楽しくなるのよね。
買ったお店のお姉さんが、このエプロンを
チュニック風に着こなしていたのがとっても
かわいくて気に入っちゃってですね、
ワタシも家でそれを真似てみたが、
やっぱり、50過ぎのデブのおばちゃんには
限界がありまして・・・。

というわけで、エプロンとしての用途に
とどまっていたのだが、この際、
モチベを上げるためじゃ、家にいるときは、
コレを部屋着として使いましょうぞ。

この週末は、家にいる時間はずっと、
このエプロンをチュニック風に着て、
過ごしましたわよ。
見てくれはともかく、とっても着心地が
良いんですのよ。気に入ったわ~。

彼氏さんがいたが、ま、今更、外見を
恥じる仲でもないし、彼氏さんも、
ワタシが着ているものに、いちいち
コメントするようなタイプでも無いし。

で、夕食時に、食卓に着くと、
彼氏さんがのたまった。

「食事の時くらい、エプロンはずしたら?」

いぇ、コレ、エプロンじゃなくて、部屋着なんだけど。
一応、チュニックとして着こなしているつもりなんだけど。
人様にはやっぱり、エプロンにしか見えないのね。
現実は、そういうものなんですわね。

でも、ワタシ、負けへんで~。
これからも、ずっとこの部屋着を着て
過ごしてやりますとも。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31