無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年12月

2019/12/30

2019年の年末に

今年も残りわずか。

今振り返れば、やり残したこともいっぱいあったり、
いろんな辛いことも腹立つこともあったりしますが、
ま、比較的平和に過ぎていった年でありました。

年初に立てたいろんな計画や目標は達成できたのが半分くらい?
ま、こんなもんですね。
残りは来年に持ち越しですな。

さてクリスマスは4日ほど、あるウェルネスホテルに行って、
ぼーっと過ごしておりました。
クリスマスは、こちらでは家族内で祝うもの。
なので、クリスマスに出かけることはあまりないのだが、
今年はちょっと贅沢をして、クリスマスディナー付きの
宿泊プランを予約。

天気が悪かったので、ハイキングなどもせず、のんびりできたはずが、
あまりリラックスできた、という実感もない4日間でありました。

思えば日ごろから溜まりに溜まったストレスで、
年末になると、心も体もボロボロ状態。
それを数日で解消するなんて、無理ですがな。

そこでワタシは考えた。
できるだけ、日ごろからストレスをためない生活をせねば、と。
当たり前の事なんだが、これが結構難しい。
具体的にどうするかは、今、計画中でありますねん。
そう、これが来年の一番大きな目標。

リラックスのための入浴剤を買ったり、
リラックスするトレーニングのコースを探したり、
仕事を減らすべく、上司への直談判の方法を考えたり。
少しずつ準備を進めているところであります。

効果的な方法が見つかったら、ここに詳細をアップするわよ。

さて、クリスマスに言ったホテルには広大な庭園がありまして、
雨の合間に、あちこちお散歩いたしました。

ここにあった大きなラビリンス(迷路)に迷い込んだワタクシ。
秘密の花園みたい。うふふ。

入り口はこんな感じ。
真ん中に塔が立っているようです。
Img_4212

入ってしまうと、左右の植え込みは身長よりずっと高くて、
道が見えるだけであります。 
Img_4206 

真ん中を目指して進めばいいはずなのだが、
入ってしまうと意外に難しくて、左右どっちに入っていいのかわからず、
同じ道を何度も通ってしまったり・・・。

Img_4207 

塔が大きく見えてきたので、おそらく中心に向かっているのでありましょう。
Img_4211

やっとこさ、ラビリンスの中心に到着。
Img_4210 

塔に登ってようやくラビリンスの全景を見ることができました。
整然とした植え込み。手入れにかなり手間がかかってそうだ。
Img_4208

ラビリンスから出るのにも、あちこち迷い込んで
結構時間がかかったうえ、入ったのとは全然違う入り口から出てきました。
この中で人とはぐれたら、永久に会えないような気がする。

上から見るとすごく簡単なのに、入ってしまうと
右も左もわからなくて迷ってしまう。
これって、なんだか人生を象徴してるみたいで深いわ。

さてさて、皆様、今年もありがとうね~。
来年もお付き合いのほど、よろしくお願いします。

良い新年をお迎えくださいませね。

2019/12/21

年末はやっぱり忙しい

年末が近づいて参りました。

今年こそは、あちこちのクリスマスマーケットに行こう、
と思っていたのに、年末はやっぱり仕事が忙しくて
今年もとてもそんな余裕はなかったわね。

ドイツのクリスマスマーケットというのは、
大きな町では、アドベントに入ってからクリスマスまでの
4週間、毎日開かれているのですが、田舎の方に行くと、
週末だけとか、さらには、第一アドベントだけ、などというのが
割と普通なのです。

アドベントに入る前には、インターネットで
全国クリスマスマーケット情報なるものを見ることができ、
いろいろと計画を立ててみるものの、毎年、
ほとんど行けないまま、クリスマスが終わってしまうんですな。

それでもほぼ毎年行っているのが、ある修道院の
小さなアドベントマーケットであります。

Meschedeという小さい町の山の上にある
Abtei Königsmünster (ケーニッヒスミュンスター)という
ベネディクト派の男子修道院です。

Img_4144

修道院というからには、歴史は古いんですが、建物は近代的なレンガ造り。
さりげなく写真に映り込んでいる人がいますが、無視してください。

ベネディクト派の修道院は祈りと労働がモットーだそうで、
ここの修道士さんたちの労働の賜物、食品や工芸品を
併設のショップで買うことができます。
 
Img_4147

この毎年一度だけ開かれるアドベントマーケットでは、
食料品や工芸品が所狭しと並べられ、工房の見学や織物の実演なども
見れます。また、その日にしか売られないパンなどもあります。

そのため人気が高く、私たちは午前中に行ったのに、もうかなりの
人混みでありました。田舎でこんなに人間を見るのは珍しいです。

普段はほとんど姿を見せない修道士さんたちも楽しそうです。

Img_4169 

修道院の建物の裏側にある牧草地で飼われている羊さんたちもお目見え。
Img_4168  

この羊の毛で織られた毛布も売られていましたが、
手作りのため、お値段はちょっと高めです。

この日はパンやチーズの他、焼きリンゴのジャムをゲット。
季節限定品で、ワタシのお気に入りですの。
Img_4176 

この日買ったパンもケーキもすごく美味しかったです。
この年末のストレス、甘いものでも食べなきゃ
やってられないわよっ。

甘いものといえば、今年もシュトレン、買ってきました。
シュトレンだらけのお店です。

Img_4173_20191221214101 

今年の新作シュトレンは、何だったか聞いたけど忘れた。
基本的に、あんまりシュトレンに興味ないもんで・・・。

ちなみに今年のクリスマスは、短い旅に出ます。
本当は、家で寝ていたかったんだが、
出かけて気分転換するのもいいかも。
ここ数日、とにかくイライラすることが多かったんで
(もちろん、仕事関係だわよ)早く忘れたい。

皆様も、平和な年末年始をお過ごしくださいませね。

2019/12/11

年末ストレスとクリスマスマーケット

師走に入りました。

毎年の事ながら、12月は年末に向けての追い込みで
仕事が超多忙になりますです。
ついでに、プライベートでも何かと忙しい。
なんだかわからないけど、忙しい。

さて、クリスマスには家族にクリスマスプレゼントを贈る、
などという面倒くさい習慣がありまして、
習慣というより、これ、もう強制です。

ワタシの場合、贈る相手は彼氏さんとそのおかーサマくらいで、
お二人ともほしいものをしっかり指定してくれるんので
ある意味、非常に楽であります。
そのブツをネットで注文して終わり。

困るのは、お二人からもらうプレゼント。
ワタシ、欲しいものがな~んにも浮かばないんですな。
この歳になると、必要なものは大体持ってるし。
なので、毎年、必死で考えた末、
「無くてもいいけど、あっても困らない」みたいなものを
指定させていただくんですわ。
物を増やしたくない昨今、なんて無駄な事でしょ。

ところで、クリスマスといえば、クリスマスマーケット。
毎年12月は忙しいので、クリスマスマーケットに行く時間は
ほとんど無いんですが、先日、日帰りの出張でエッセンという町に行ったんで、
そこのクリスマスマーケットを少しだけ見てきました。

お昼休みにエッセン支店のみんなとクリスマスマーケットへ。
食べたのは、ジャガイモの屋台でのフライド・ポテト。

Img_4179

これ、ジャガイモ一個分。
スパイラルにカットしたイモを串にさして油で揚げたもの。
結構、食べにくいけど美味しかったです。
ちなみにジャガイモの後ろに写っているのは、
研修生のイケメンなボクちゃん。
かわゆくて、うちの支店にスカウトしたいくらい。

仕事の後、帰りの電車に乗る前に、また少しお散歩。
イルミネーションがすごくきれいでした。
Img_4181

Img_4182

そして名物の観覧車。
Img_4185

広場にいきなり現れるのでインパクトが強いです。
見てると次々色が変わっていくので、
いつまでも見ていられそう・・・。
Img_4192

Img_4188

普段はずっと事務所に座っているので、たまにはこうやって
社用で出かけるのもいいものですな。

そうそう、先日、ブロ友さんが街中までいらっしゃるというので、
お昼を一緒にさせていただきました。

この時期、仕事が忙しくて、事務所で殺伐とした時間を過ごし、
しかも仕事が進まなくてイライラしているので、
こうやって誘い出して頂くとすごくうれしいんですな。

散歩に連れ出された犬のごとく、しっぽを振って出かけ、
美味しい和食を食べながら、いろいろとお話しできました。
癒されます。どうもありがとう。
またいつでも誘ってくださいませ。

クリスマスマーケットの話、次に続きます。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年3月 »