無料ブログはココログ

« ツルとビーバー 1 | トップページ | 春はカエルの季節 »

2019/03/28

ツルとビーバー 2

 nifty さんのリニューアルとかで、いろいろとトラブルがあり、
しばらくブログの管理画面に入れなかったり、書いた記事が
うまくアップされなかったりで、ここのところ、
記事を更新する気力がすっかり失せておりましたよ。
ま、普段からさほど頻繁に更新してなかったけど、さ。
そのうち、ブログを引っ越すかも。

さて、気を取り直して前回の続きでありますが、
もう何を書きたかったか忘れてしまったんで、簡単に行きましょ。

ワタシ達が休暇を過ごした旧東独の田舎ですが、
湿地が多いため、様々な野鳥のほかに、
ビーバーの生息地でもあります。

昔、毛皮目的の乱獲により絶滅の危機に陥ったビーバーさんたちは、
その後の手厚い保護により、生息数もかなり回復しているとか。
ドイツでは保護動物に指定されております。

森の中の湿地をハイキングしていると、いたるところに沼地。

Img_3313

こういう所を歩いていると、
あちこちにビーバーさんたちの作品が見られます。

Img_3315

Img_3324

ビーバーさんたちはこのように木を齧って倒し、
水をせき止めるんですな。
このあたりの沼はほとんどビーバーさんが
作ったものと思われます。

向こうの方に、ビーバーさんの巣も見えますが、
残念ながら、ビーバーさん自体には会えませんでしたわ。
Img_3319_1 
ビーバーが水をせき止めて作った沼地は、
いろんな生物の生活の場となり、自然保護に役立っている一面、
せき止めた水が溢れて付近の住宅の地下室に流れ込み、
地下室が水浸しになるという「水害」も起こってしまうとか。

このビーバー被害は各地で報告されているものの、
保護指定動物のビーバーは駆除できないため、
今のところ解決策はほとんどありませぬ。

Img_3326 

さて、他の日ですが、近くの湖一周のハイキングをいたしました。
Img_3346

ワタシ達が通りかかると、水鳥たちが一斉に飛び立っていく光景が
壮観でありました。
スマホカメラではうまく撮れなくて残念だわね。
Img_3351

Img_3360

もっといろいろと旅の話を書きたかったんだが、
リニューアル後、非常に使いにくいです。

写真アップも面倒くさくて、サイズ調整も上手くいかんし。
そのうち慣れるのかも知れんが、本当にイライラしますです。

« ツルとビーバー 1 | トップページ | 春はカエルの季節 »

コメント

おひるねおかんさん
ビーバーさん、あんなに小さい体で大きな木を倒してしまうんですから、
すごいです。
ワタシもTVで見たことありますが、
ヨーロッパだけじゃなくて北米でも被害があるみたいで、
庭の木を全部倒されて、地下が水浸しとか・・・。
住宅地から離れた湖に移動させる試みもあるみたいですが、
あんまり効果は無いみたいですね。

mitakeyaさん
ワタシもビーバーさん、ウチの会社にスカウトしたいです。
上司の椅子の足なんて齧ってくれたら・・・なんて、冗談ですよっ。

こんばんは~
ビーバーさんのおかげで 水不足が解消される派と
水害を起こす害獣派と
意見が分かれるみたいですね。
去年の夏かなぁ。。。
TVのワイドショーのコーナーでやってたよ。
難しいんやろねぇ。。。

こんにちは。ビーバーすごいですね。
日本では、林業従事者が少ないとのことで、ぜひ助っ人に
お呼びしたいくらいですよ。(^^♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツルとビーバー 1 | トップページ | 春はカエルの季節 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31