無料ブログはココログ

« 久々にのんびり週末 | トップページ | iPhon のバッテリー交換をした話 »

2019/02/20

春のような日のハイキング

先週末は、こちらは本当に天気が良くて、異常に暖かくて、
彼氏さんの住むド田舎でも昼間の気温が、15度くらいにまで上昇。

もう春なのね~、と一瞬思ったが、
よ-く考えたらまだ2月の半ばですよ。
普通なら、一年で最も寒い時ですよ。

本来は、暗~くて寒~いヨーロッパの冬。
いつまた天気が崩れるかわからんので、
この春みたいな天気は絶対に享受せねばなりません。

早速、リュックサックをしょって、ハイキングに出かけた
ワタシ達であります。
彼氏さんの住んでいる村は山の中にあるんで、
どっちに歩いてもハイキングコースがあるんですが、
今回は、車で10分ほど走った近くの村からスタート。

小川に沿ってひたすら歩いて行きます。
こんな、とーってものどかな風景が続きます。
先日の雨のせいか、雪が解けたせいか、小川の水量が多いです。

Img_3244

少し行くと、上り坂になって、山の中に入っていくのでありますが、
ふと、空を見上げると、大きな鳥が・・・

Img_3245

と思ったら、パラグライダーでした。
山の上の方を見ると、もっとたくさん飛んでおります。

Img_3246

こんな天気のいい日に空を飛んだら気持ち良さそうだわね~。
これ、とっても難しいのかしらん。
ひたすら、風に身を任せているだけなのか、
それとも、上下左右に自由自在に操縦できるものなの?

飛んでるだけじゃなくて、いずれはどっかに着地しなきゃいけない訳で、
飛行場みたいな着地場所があるのかいな。
それとも、どこに着地するのかは偶然に任せるとか。
それで、間違って肥溜めの上なんかに落ちたら悲劇よね。

などと、彼氏さんとアホな話をしながら歩いておりましたら、
こういうナゾの標識を所々に発見。

Img_3251

アヒル?

確かに、小川とか、池とかがあちこちにありますが、
全く意味不明であります。

「猛禽注意」ですかね。
アヒルさんって、そんなに危険でしたっけ?
そういや、ワタシ、白鳥に噛みつかれたことがあったわね。

そうこうするうちに、どんどん坂道を登って
森の中に入って行きました。
山の陰になってお日様が当たらないところでは、
先日の雨水が凍り付き、道がツルッツルでしたわ。
彼氏さんなんて、途中で立ち往生してやんの。

Img_3253

下の写真で、前を歩くのはその彼氏さんです。
ちなみに、ワタシが撮りたかったのは、彼氏さんではなく、
神秘的な木漏れ日であります。

Img_3255

このハイキングコースは、景色に変化があって、
とっても楽しかったんでありますが、
とにかく上り坂が多くて、ワタシにはかなり大変でしたよ。

3時間後くらいに、ようやくふもとまで下りてきて
ヤギさんたちに遭遇。

Img_3257

これで今日のハイキングは終わり、と思ったら、
まだ続くチャペルへの階段。
Chapel_1

チャペルファンのワタクシとしては、ここは外せない。
根性で上りましたよ。

Chapel_2

残念ながら、チャペルの中には入れませんでした。

そして、今度こそゴールの村の教会も見えてきました。
気の早いお月様もお空にいます。

Img_3271

村に着いて、改めて山の上を見上げると、

Img_3270

山の上を蚊かハエのように飛んでいるのは、
全部パラグライダーであります。
3時間の間に、すごい勢いで増殖したみたいで、
数えたら、30匹になっていました。

後で調べてみると、そんなに遠くないところに、
パラグライダーのスクールがあるそうな。
ちょっと興味はあるが、運動神経無いから怖いし、
池の上に落ちて、猛禽(アヒル?)に襲われるのも嫌だし、
肥溜めの上に落ちるのはもっと嫌だし・・・

と、いろいろ考えを巡らせているオバちゃんであります。

« 久々にのんびり週末 | トップページ | iPhon のバッテリー交換をした話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々にのんびり週末 | トップページ | iPhon のバッテリー交換をした話 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30