無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/30

健康生活への一歩??

あら、また前回更新から2週間も過ぎているわね。
気が付いたら、1月も終わろうとしてるし、
時間が過ぎるの、早すぎます。

相変わらず、家と会社の往復生活してると、
ブログに書くネタも無いわよ。
あえて話題を探してみると、ウチでは毎日、お日様が東から上って
西に沈んでいる事くらいか。

そうそう、去年のクリスマスに自分へのプレゼントとして、
こんなもの買った。

Img_3230

フィットネスウォッチとか言うんですか?
心拍数とか、歩数とかを測ってくれるのね。
睡眠状態も記録してくれる。

買う前にネットでいろいろと見ていたところ、
日本の友達がこれを推薦してくれた。
中国製で、壊れても惜しくないお値段だったんで、
さっそくアマゾンで注文したわよ。

もっと高性能な機種もあるみたいだが(血圧が測れたり)、
あんまりたくさんの機能が付いていても、機械音痴のワタシには
絶対に使いこなせないんで、これで十分であります。

届いたケースには、中国語の取説しかついてなかったが、
何とかアプリをスマホに入れて、設定完了。
ワタシにできたんだから、ものすごく簡単なんだろうな。

毎日の体重なんかも入力出来るどころか、
頼んでも無いのに、それを勝手にグラフにして
「昨日より太った」だの、余計なお世話のコメントまで
してくれるのね。

一日の歩数を記録してくれるのは、励みになるな。
目標は、一日一万歩に設定。
今年は頑張って歩くわ、おー!!
と、ワタシはガッツポーズまで決めて気合を入れた。

・・・が、

案外歩けないもんですね。

ワタシ、一日中会社に座ってるもんで、
時々席を立っても、通勤でバス停まで歩いても、
普通に生活していると一日4500歩くらいにしかなりまへん。

昼休みに外に出て散歩でもすればいいんだが、
今は冬だしぃ、寒いしぃ、雪降ってるしぃ。

Img_3231

目標の一万歩を達成したのは、今年はまだ3回くらいでして、
毎日のように、「もっと歩け~!」と、アプリに怒られていますよ。

まあ、いいさ。
そのうち、春になったら歩くんだも~ん。

もともと、このウォッチを買った目的の一つが
睡眠状態の記録でして。
ワタシ、睡眠障害持ちなんで、その対策になればと
思ったんですね。

どこまで正確に測れるかはわからんが、
睡眠時間に関しては、かなり正しく記録してくれている。
アナタ、ワタシがいつ寝て起きたって、どうして知ってるの?

睡眠の深さ(深い睡眠の時間)も、感覚だが
割と正確なような・・・。

そして、こちらでも
「睡眠時間が短すぎる」
「夜更かししてないで、もっと早く寝ろ」
と、毎日怒られているんだな。

だって、残業の後、家に帰ると、もう寝るべき時間。
しかし、すぐに寝るなんてもったいない。
少し遊んでから・・・。
なんてやってると、すぐに0時過ぎるし。

などなど、言い訳ばかりでありますが、
オバちゃん、健康な老後を目指して、
これから頑張るんであります。

2019/01/13

新年早々また愚痴です

前回、今年はいい年になりそうな気がする、
などと無責任な事を書きましたが、
お仕事に関して言いますと、年が明けても、
な~んにも変わって無いのであります。

新年早々、仕事は増殖する一方で、毎日残業。
繰り返しますが、ワタクシ、新契約に変えてから、
残業しちゃあいかんのですよ。
わかってます、上司殿?

去年、ワタシの仕事を減らすべく、今の一番大きな顧客を
他の同僚の担当にする、と上司殿が決めたのに、
その話、いつの間にかすっかりなくなってしまった。
理由はわからん。

それでも優しいマネージャー様はいろいろと気を使って、
単発で入ってくる仕事を他の人に回していい、と言ってくださった。
そういう仕事は、まずメールでマネージャー様に転送し、
彼女が他の人に配分する、というシステム。

しか~し、ワタシはわかった。
観察していると、他の人たちは、実に要領良く、
そういう負担から、スルリと身をかわしていくのであります。
まるでウナギみたいだな。
カバ焼きにしてタレかけてやりたい。

そう、ウナギたちは、「今日は時間が無い」、「休暇中でダメ」
「私の担当外なんで無理」などと言う理由で逃げる。
で、マネージャー様は優しいんで、それを認めてしまう。
期限があるんで、「時間があるときにやっといてね」とも言えず、
結局はワタシの所に戻って来てしまうのね。
先週金曜日などは、夜の10時半まで残業するハメに。

マネージャー様、優しすぎるあなたは罪な人。
たまには、相手を傷つけても、はっきり言う事も必要よ。

要するに、ワタシのキャパ(時間と能力の両方)を超えた仕事は、
物理的に片づけるのは絶対に無理なのよ~。
もちろん、期限が明記されている仕事は優先させて片づける。
しかし、困るのは期限が書いていないのに、顧客の脳内で
期限が設定されている、というケース。

先日も、「次の日に頂けるものと思っていました」というクレームが来た。
顧客の事情や仕事の内容から、それを察してこそプロ、
と言われるとそれまでだが、同じような仕事が山積みの今の状況では、
エスパーでもない限り、そこまでは察するのは至難の業と言えましょう。

とは言え、顧客に「ワタシ、エスパーじゃありません」などとは言えまへん。
オバちゃんのワタクシにも言えまへん。
無邪気を装っても、天然路線を貫いても言えまへん。
なので、とりあえず謝って、できるだけ早くお送りします、と連絡。

顧客からは「週末働いてでもやってくれ」みたいな返事が来た。
思えば、今までワタシは、その顧客のために、実にいろいろと
無理な要求を受け入れて対応して来た。
結局は、そうやって甘やかした結果、アイツには何を要求してもOKという
感覚を受け付けてしまったんだな。

結果、ワタシは週末に出勤して仕事は終わらせた。
(無給残業ですよっ)。
しかし、こういう資料を出すには、上司の許可が必要である。
さすがに上司に、「週末働いてください」とは言えないし、
言うつもりも全くない。
上司に資料を転送して、後の事はもう知らん。

後味が悪いです。そして自己嫌悪だわ~。
こうやって顧客に迷惑をかけてしまったのも、
元々は、ワタシの今までの顧客対応のせい?

週末まで仕事に追いかけられる生活、もう終わりにしたいです。
これからは、周りのウナギたちを見習って、
もっと要領よく世の中を泳いでいきます(決意)!


おまけ:
去年の春ごろ、ハイキングで牛さんが放牧されている草原を
通りかかったんだが、

Img_2924_2

それまで草原で寝そべっていた牛たちが次々と起き上がって
すごい勢いでワタシ達の方へ歩いて来まして、

Img_2922

柵の所でもう押せ押せの状態でワタシたちをじーっと見てるんですよ。
この牛さんたち、人間が好きなのか、それともワタシ達、
そんなに珍しかったのか・・・。

Img_2931

歓迎されてる、と思う事にいたしましょ。

気分が落ち込んでいるんで、動物たちに癒されますな。


2019/01/09

お水の配送サービスを試してみた

本日のお題は、表題の通りでございます。

こちらでは、飲料水は、水道水ではなく、
いわゆるミネラル・ウォーターをスーパーマーケット等で
買ってくるのが普通。

ワタシのように、車を持っていない人間、
さらに、会社にこき使われているが故に(←ココ重要)、
買い物に行く時間が非常~に限られている人間にとっては、
水を買うというのは、大変な作業なんですよ。
水って重いのよ。

買い物に行った時に、ペットボトルの水を1-2本買ってくるんだが、
水だけじゃなくて、野菜、果物や牛乳等も買うんで、ずっしり重い。
それ全部担いで、家まで歩いて、さらに階段を登る(日本で言う4階)。

ワタシってか弱いんで、その後は、もうぐったりですわ。
これで、一日の体力をすべて使い果たしてしまう。
(あんた、それは単に運動不足だろ、というコメントは受け付けません。)

土曜日に時間があれば、車輪付きショッピングバックを
引っ張って、1.5リットルのペットボトルを一ケース(6本入り)
買ってきたりもするんだが、次の日は確実に筋肉痛だわさ。
ほら、ワタシってか弱いから。

いずれにしても、歳とともに重いものを持つのが
ますます辛くなってくるのを感じる今日この頃。
ネット購入などと言う方法もあるんだろうが、
いつ届くかわからんし。

そんなある日、郵便受けに広告が入っていた。
「お水を注文すれば、即日、ご自宅までお届け」

おぉぉ、これだっ!

・・・と即座に思ったが、普段家にいないワタクシ、
ご自宅までお届けいただいても、受け取れない。

いつか試してみたいと思いつつも、時間が過ぎて、
やがて年が明けてしまったわ。

こちらでは年始は、1月1日のみ祭日なんだが、
ワタシは1月3日まで休暇を取っていた。
日本人なら、サンガニチは休まんといかんです。

ほけ~っと寝正月を決め込もうとしていた時、
ワタシはこの「お水屋」の事を思い出したんですな。

「そうだ、正月で縁起もいいし、水の注文を試してみよう」
と、意味不明な発想で、ワタシはお布団から抜け出した。

普段は怠け者のワタシでござるが、こんな時だけ、
妙にフットワークが軽くなる。
早速、お水屋のホームページにアクセスしてみたの。
「送料無料、2時間以内にお部屋の前まで配達」だと。
こんなサービス、お客様が神様じゃないドイツじゃ考えられんぞ。

お値段も、同じ銘柄なら、スーパーマーケットと殆ど同じ。
お水ごときですっかりうれしくなったワタシは、
早速、炭酸入り、無しを混ぜていろいろと注文したわね。

ちなみにワタクシ、Volvicのお水が好きなんですよ。
少し高めなので普段はあまり買わないんだが、
正月なんで、奮発して、それも購入。
この際だからと、ジュースも一ケース買った。

ポチっと注文を送ると、すぐに注文承り確認メールが来た。
2時間後に配達なら、時間あるし、洗濯でもすっか。
本当に時間通りに来るのかいな。
ま、待つのには慣れてるからいいけど。ここドイツだし。

洗濯機を回していると、30分後くらいにまたメールが来た。
「配達準備完了。クリスチャン(仮名)がお宅に向かっております。
クリスチャンは、だいたい13時35分に到着する予定です」

誰やねん、このクリスチャンっちゅうのは。
配達担当の兄ちゃんかおっちゃんの名前だな、きっと。
ま、水がちゃんと届けばクリスチャンでもセバスチャンでもいい。
ヒロシでもアキラでもいいぞ。

そうして、クリスチャンは本当に13時30分に弊宅に到着したのである。
クリスチャンは無口で髭もじゃ、感じのいい若い兄ちゃんだったわ。

水は全部ケラー(地下室)に運んでもらって、
受け取った確認のサインをして終わり。
料金は銀行引き落とし。

クリスチャンは任務を終えて、さっさと帰っていった。
こんなに簡単なら、もっと早く試せばよかったわ。
ホームページ見ると、平日(土曜日も)の夜9時まで
配達してくれるみたいだし、それなら、休みの日でなくても、
前もって注文しておいて、帰宅後に受け取れるではないの。

昔よりはずいぶんよくなったとはいえ、まだまだ
サービス後進国のドイツで、こんなにスムーズにコトが進むと
妙にうれしくなりますよ。

何よりも、これからは買い物がずいぶん楽になる、
と思うだけで、幸せな気分でいっぱいであります。

今回は、お水を注文して配達してもらった、
というだけの話でございましたが、
何だか、今年はいい年になりそうな気がいたします。はい。

2019/01/06

2019年の始めに

気が付いたら、もう2019年も1週間が過ぎてまして、

皆様、新年あけましておめでとうございます。
しょっちゅう休眠しているブログでありますが、
本年もどうぞよろしくお願いいたしまする。

クリスマス、年末年始は、特にトラブルも無く、
普通に過ぎて行きました。
いつものように、彼氏さんの住むド田舎で、
彼氏さんとおかー様と3人で過ごし、
細かい事を言えば、いろいろありましたが、
(高齢のおかー様、割と天然な性格でして)
ま、平和に過ぎたと言っていいでしょう。

今年の目標も、一応考えたんだが、
行きつくところはいつもと同じ。

すでにライフワークになっているダイエットと
部屋の片づけの効果をいい加減に出す、っちゅう事。

そうそう、今年はもっと重要な目標があるのよ。

第二の人生、つまり、仕事人生が終わった後の人生を
どうやって過ごすか、その準備を始める事。

予定では、ワタシが仕事をするのは、あと3年半。
今は、一日のほとんどの時間を仕事と睡眠に費やして
いるんでありますが、仕事をしなくなった後、何をして過ごすか。
一日中、寝てられんしな。

3年半というのは、終わってから振り返ると、
きっとあっという間の時間だろうけど、
それまでの毎日、仕事から解放されるのを
ただ待っているだけに過ごすのは、もったいない長さ。

3年半後の過ごし方を考えるにあたって、
この3年半の期間の過ごし方もすごく重要になると思うんだな。

生きがい、趣味、人間関係、居住地、いろいろと考えて、
準備を進めるとともに、今出来ることは、3年半後を待たずに、
すでに始めたいですな。

・・・と殊勝な決意をしたんでありますが、
こちらの年始は天気が悪くて、気分もどんより。
でも、身体を動かさねば、と、元旦に初ハイキング。
なかなか良い心がけの年明けだわね。

彼氏さんの家から5キロほど行ったところにある
チャペルをめざしてGO。
全行程8キロほどのコースであります。

森を抜けるとこんな感じで道が続いてまして、
自然の中は気持ちがいいものの、途中で雨は降るし
風は冷たいし、年明け早々、ハードだったわ。

Img_3212

雨が上がった後は、道がぬかるんで歩きにくい。
右は、昨年、トウモロコシ畑だったみたいだが、
なんだか、わびしいわねえ。

Img_3217

何とかチャペルにたどり着いたものの、スマホの
電池切れで写真は撮れず。

さらに、帰り道で道に迷い、寒いし、暗くなってくるし、
このまま、戻れなくなったらどうしよう、と思ったわ。
疲れているワタシを無視して、彼氏さんは、
どんどん先に行ってしまうし。

暗い新年の幕開けだったわさ。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30