無料ブログはココログ

« シュトレンって・・・ | トップページ | 2017年の終わりに »

2017/12/22

冷蔵庫があっ

ワタクシ、ついこの間日本に帰っていた、
という話はここに書きましたな。

そして、日本から戻って来てみると・・・
ウチの冷蔵庫のヤツ、壊れてやんの。
正確に言うと、虫の息状態でして。

家に着いて台所に入ると、何だか妙に静かだな~と思ったら、
冷蔵庫が全然動いて無くて、お~、ついに寿命が来たか。
というのも、この冷蔵庫を買ったのは、もうよく覚えてないが、
おそらく、20年は軽く過ぎているのだわ。

最近は、変な音がしたりして、そろそろ危ないとは思っていたが、
このタイミングで来るとは。

よくよく観察してみると、まだ全く壊れているわけではなく、
時々、電気が入って冷え始め、しばらくするとまた止まる。
冷凍室の中のものは、幸い、まだ溶けては無かったが、
毎日少しずつ電気が入る時間が少なくなっていくみたいで、
このままではある日いきなり息絶えると思われ・・・。

息絶えるまで待っているのも不安なんで、ワタクシ、
次の休みの日に近くの電気屋に行って、冷蔵庫を注文したわ。
でも、こちらでは、注文してから配達されるまで、少し時間がかかる。
今回の待ち時間は、1週間余り。
1週間以上も、いつ息絶えるかわからない冷蔵庫と一緒に暮らすのね。

幸い、家を留守にしていたため、冷蔵庫の中には
さほど食べ物は入っていなかったし、
冬なので、牛乳やヨーグルト等「要冷蔵系」のものは、
かごに入れて、ベランダに出して置けばその場はしのげる。

問題は冷凍室でして。

ワタクシ、いつも日本へ帰ると、帰りに成田空港で
冷凍の明太子を買うのよねえ。
その明太子は「24時間以内に冷凍庫に入れれば大丈夫」と
言われているので、いつも帰ってすぐに冷凍庫に入れて、
少しずつ出して明太子スパゲッティを作るのだよ。

今回も当然、明太子をどっちゃりと買ってきた。
一応、虫の息の冷凍室に放り込んだものの、
いつ完全に壊れて溶け出すかわからない。
他のものはともかく、明太子が全滅したら
あまりにも悲しすぎますよ。

食べてしまう、という手もあるが、明太子って、
そんなに一度にに大量に食べられるものではありません。
少なくともワタクシには、明太子の一気食いは無理ですわ。

そこで、ワタシは考えた。
ひそかに会社のキッチンの冷凍庫に保管しよう、と。
早速次の日、ワタシはしっかりと包装した明太子を持って出勤、
キッチンの小型冷蔵庫の冷凍室に入れた。
ここだけの話ですよっ。誰にも言わないでね。

こんなところ、普段開ける人もいないだろうし、
実際、無事に誰にも見つかることはなかった。

こうして、明太子問題は片付いたが、冷凍室の中の
その他の食品たちも片づけねばならん。
古い冷蔵庫は配達の人が引き取ってくれるんで、
配達の二日くらい前には、電源を切らなきゃならんしね。
全部処分してしまえば早いのだが、オバちゃんの世代は
なかなか食べ物は捨てられないんです。

その日からワタシは頑張った。
つまり、冷凍庫の中の食材を使うべく、毎晩、
仕事の後に、料理をしまくったのであります。

冷凍庫に入っていたのは、スープ用のカット野菜とか、
冷凍しておいたキノコ類、魚の切り身にエビ、
畑で収穫したベリー類の残り等々。
ベリーの残りは煮て、ミックスベリーソースを作り、
瓶詰にして保存。

ワタシったら、やってみればなかなか料理上手いやん、
と自己満足に浸りながら1週間は過ぎ、冷凍室は空になった。

そうして、ワタクシの台所には新しい冷蔵庫と冷凍庫が
やってきたのであります。

全く、今年はしょっぱなからネガティブな事ばかり起こる、
と前にも書きましたが、この年末になって冷蔵庫が壊れるとは。
願わくば、これから年末までは、これ以上何も起こらずに
無事に年を越したいもんですな。


さて、ワタクシ、これからクリスマス休暇でござる。
皆様も、楽しいクリスマスをお過ごしくださいませね。

« シュトレンって・・・ | トップページ | 2017年の終わりに »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30