無料ブログはココログ

« オバちゃんゆるゆるダイエット 1 | トップページ | 日本行き~ »

2017/11/14

ハルツ地方への小旅行

引き続いて、ダイエットの話、書こうかと思ってたが、
どーも気分が乗らないんで(つまり、順調じゃないんで)、
ちょっと気晴らしに出かけたハルツ地方への旅の
お写真なんかを載せてみよーかと。

ハルツ地方っちゅうのは、中部ドイツの山の中にありまして、
ワタシが行ったのは、旧東ドイツだったところ。
ハルツ山地の一部は国立公園に指定されているだけあって、
自然はたくさんあるんですが、それ以外は、
何だか寂しい場所でしたわね。

ドイツには高い山があんまり無いんで、山地といっても
この地方の一番高い山、ブロッケン山でも、
頂上が1100メートルくらい。
ブロッケン山には、昔、魔女が住んでいたそうな。

そのブロッケン山の頂上までは、蒸気機関車が
走っておりまして、天気が良ければ、非常に
眺めのいいところらしい。

私たち、日ごろの行いが悪いらしくて、
その日は、天気が悪くて霧が立ち込めて、
展望台からは、な~んにも見えなかったわね。

Img_2529

この汽車ポッポが駅に入ってくると、鉄っちゃんたちが
一斉にカメラを構えてお迎えしておりました。

この地方は、木組みの家並みが有名であります。
私たちが泊まったホテルの近くに、
Stolberg という小さな町があるんですが、
ここも木組みの家並みが非常に美しいところ。
ルターとともに宗教改革で名を遺した、
トーマス・ミュンツァー氏のゆかりの地でもあります。

Img_2523


Img_2522_2

この家並みはきれいなんですが、修復が追い付かないようで、
残念ながらかなり傷みが目立つんだな。
町全体が、活気が無いというか。
そして、真ん中の道路、交通量が多いのが気になったわ。

次に行ったのが、バルバロッサの洞窟。
ワタシ、洞窟にとってもロマンを感じるのね。

Img_2547_2

ガイドさんに付いてぞろぞろと中に入りますと、
中はいたるところにお池。結構深いらしい。
坑道を掘る際に発見された洞窟ですが、
今は観光地となっているため、中はこのように
ライトアップされております。
とっても神秘的でして、この洞窟の中で結婚式なども
あげることができるそうですが、洞窟の中での
結婚式って、ワタシは遠慮しますな。

最後に行ったのが、ユネスコ世界遺産にもなっている街、
Quedlinburg (クヴェードリンブルク)。
ここも木組みの家並みが並んでいますが、さすが世界遺産の街、
保存状態もかなりいいです。

Img_2579

約1200の木組みの家が重文に指定されているそうで、
昔のままの状態での保存が義務付けられております。
修復にはそれなりの補助金は出るものの、
何百年も前の建物を原型を残したまま現代の生活様式に
合わせるのは難しく、家々のほとんどは、住居よりも、
ホテルやペンション、商店として使われているよう。

Img_2573

確かに、木組みの家って、天井低いし、床も天井も
傾いているし、中はなんか寒そうなイメージ。
見ている分には素敵だが、住みたいとは思わんな。

Img_2565

小さなカフェがかなりあって、一日中でも
カフェに座ってぼーっと街並みを眺めていられそう。

Img_2581_2

Img_2586

中世の何度かの戦争のほか、二度の大戦を生き抜いて
保存されてきた街なので、これからもずっとこのまま
残していって欲しいものです。

ハルツ地方では、観光のほか、ハイキングもしたのだが、
ハイキングコースも、天気がいまいちだったせいもあり、
とっても寂しげでしたな。秋だからか。

Img_2539

どこか単調なハイキングコースの途中の湖。
人造湖らしい。
水鳥が数羽浮かんでいたが、それ以外は
全く誰にも会わなかったわ。

秋にハイキングをしていると、キノコがニョキニョキと
生えているのを見かけます。秋の風物詩。
ワタシ、キノコの知識が全く無いんで、もちろん、
採って食おうなどという考えには至りません。

Img_2526

このキノコ、かなり毒々しい色ですが、
はい、毒キノコです。森の中でよく見かけます。
スーパーマリオのキノコみたいねえ。

どんな毒なのかインターネットで検索してみたら、
食ったら即死っちゅう種類の毒ではなくて、
数時間後に幻覚症状が現れるそうな。

そして、歌って踊り狂った後(かどうかは知らんが)、
幻覚から覚めたら、本人はその間の事を
さーっぱり覚えてないらしい。
その効用から、昔、麻薬に使われたこともあるとか。

興味深いのは、このキノコの生息する地域によって
毒の強度が違い、地方によっては全く毒が無いため
食用にされていたこともあるとか。
それで、毒のない地方から他の地方に来た人が
このキノコを食して被害にあった事もあるらしい。

いずれにしても、ワタシはこのキノコ食って、
現実逃避しようなどとは思ってないんですが、
見ると、つい写真撮りたくなります。
危ないです。

そうそう、ハルツ地方の話でした。
小旅行は楽しかったし、ストレス解消になったが、
もう一度ここを旅したいかというと、ちょっと複雑ですな。
東西統一後に取り残された風景が残る地方、
ある意味、魅力的ではありますが・・・

« オバちゃんゆるゆるダイエット 1 | トップページ | 日本行き~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31