無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017/11/22

日本行き~

つい最近、ここでダイエットをするなどとほざいておりましたが、
ワタクシ、明日から急遽日本へ行くことになりまして・・・。
なので、ダイエット、またまた中断だわね。

日本行きとダイエット、なんの関係が?
とお思いの方もいらっしゃるかと。
そして、日本にいてもダイエットはできるじゃないか、
とお思いの方もいらっしゃるかと。

しかし、日本でダイエット、絶対無理です。

外国に住んでいる方ならわかっていただけると思いますが、
日本って、食べ物が美味しすぎますのよ。
ワタシの周りの人も、日本へ行くと必ずブタになって
帰ってきます。
ワタクシも、本当にブタになって帰ってきます。

特に、和菓子とコンビニスイーツの誘惑には
勝てませんがな。

でも、帰ってきてからはちゃんとダイエット再開しますわよ。
再開、というよりは、「やり直し」に近いが・・・。

今回の帰国は、法事のためでして、
年末の忙しい時に無理やり予定を組んだんで、
滞在も1週間ちょっととかなり短い。

でも、しっかり楽しんでくるつもりであります。
100均ショップとか、ユ〇クロに行くの、楽しみだわー。

2017/11/14

ハルツ地方への小旅行

引き続いて、ダイエットの話、書こうかと思ってたが、
どーも気分が乗らないんで(つまり、順調じゃないんで)、
ちょっと気晴らしに出かけたハルツ地方への旅の
お写真なんかを載せてみよーかと。

ハルツ地方っちゅうのは、中部ドイツの山の中にありまして、
ワタシが行ったのは、旧東ドイツだったところ。
ハルツ山地の一部は国立公園に指定されているだけあって、
自然はたくさんあるんですが、それ以外は、
何だか寂しい場所でしたわね。

ドイツには高い山があんまり無いんで、山地といっても
この地方の一番高い山、ブロッケン山でも、
頂上が1100メートルくらい。
ブロッケン山には、昔、魔女が住んでいたそうな。

そのブロッケン山の頂上までは、蒸気機関車が
走っておりまして、天気が良ければ、非常に
眺めのいいところらしい。

私たち、日ごろの行いが悪いらしくて、
その日は、天気が悪くて霧が立ち込めて、
展望台からは、な~んにも見えなかったわね。

Img_2529

この汽車ポッポが駅に入ってくると、鉄っちゃんたちが
一斉にカメラを構えてお迎えしておりました。

この地方は、木組みの家並みが有名であります。
私たちが泊まったホテルの近くに、
Stolberg という小さな町があるんですが、
ここも木組みの家並みが非常に美しいところ。
ルターとともに宗教改革で名を遺した、
トーマス・ミュンツァー氏のゆかりの地でもあります。

Img_2523


Img_2522_2

この家並みはきれいなんですが、修復が追い付かないようで、
残念ながらかなり傷みが目立つんだな。
町全体が、活気が無いというか。
そして、真ん中の道路、交通量が多いのが気になったわ。

次に行ったのが、バルバロッサの洞窟。
ワタシ、洞窟にとってもロマンを感じるのね。

Img_2547_2

ガイドさんに付いてぞろぞろと中に入りますと、
中はいたるところにお池。結構深いらしい。
坑道を掘る際に発見された洞窟ですが、
今は観光地となっているため、中はこのように
ライトアップされております。
とっても神秘的でして、この洞窟の中で結婚式なども
あげることができるそうですが、洞窟の中での
結婚式って、ワタシは遠慮しますな。

最後に行ったのが、ユネスコ世界遺産にもなっている街、
Quedlinburg (クヴェードリンブルク)。
ここも木組みの家並みが並んでいますが、さすが世界遺産の街、
保存状態もかなりいいです。

Img_2579

約1200の木組みの家が重文に指定されているそうで、
昔のままの状態での保存が義務付けられております。
修復にはそれなりの補助金は出るものの、
何百年も前の建物を原型を残したまま現代の生活様式に
合わせるのは難しく、家々のほとんどは、住居よりも、
ホテルやペンション、商店として使われているよう。

Img_2573

確かに、木組みの家って、天井低いし、床も天井も
傾いているし、中はなんか寒そうなイメージ。
見ている分には素敵だが、住みたいとは思わんな。

Img_2565

小さなカフェがかなりあって、一日中でも
カフェに座ってぼーっと街並みを眺めていられそう。

Img_2581_2

Img_2586

中世の何度かの戦争のほか、二度の大戦を生き抜いて
保存されてきた街なので、これからもずっとこのまま
残していって欲しいものです。

ハルツ地方では、観光のほか、ハイキングもしたのだが、
ハイキングコースも、天気がいまいちだったせいもあり、
とっても寂しげでしたな。秋だからか。

Img_2539

どこか単調なハイキングコースの途中の湖。
人造湖らしい。
水鳥が数羽浮かんでいたが、それ以外は
全く誰にも会わなかったわ。

秋にハイキングをしていると、キノコがニョキニョキと
生えているのを見かけます。秋の風物詩。
ワタシ、キノコの知識が全く無いんで、もちろん、
採って食おうなどという考えには至りません。

Img_2526

このキノコ、かなり毒々しい色ですが、
はい、毒キノコです。森の中でよく見かけます。
スーパーマリオのキノコみたいねえ。

どんな毒なのかインターネットで検索してみたら、
食ったら即死っちゅう種類の毒ではなくて、
数時間後に幻覚症状が現れるそうな。

そして、歌って踊り狂った後(かどうかは知らんが)、
幻覚から覚めたら、本人はその間の事を
さーっぱり覚えてないらしい。
その効用から、昔、麻薬に使われたこともあるとか。

興味深いのは、このキノコの生息する地域によって
毒の強度が違い、地方によっては全く毒が無いため
食用にされていたこともあるとか。
それで、毒のない地方から他の地方に来た人が
このキノコを食して被害にあった事もあるらしい。

いずれにしても、ワタシはこのキノコ食って、
現実逃避しようなどとは思ってないんですが、
見ると、つい写真撮りたくなります。
危ないです。

そうそう、ハルツ地方の話でした。
小旅行は楽しかったし、ストレス解消になったが、
もう一度ここを旅したいかというと、ちょっと複雑ですな。
東西統一後に取り残された風景が残る地方、
ある意味、魅力的ではありますが・・・

2017/11/09

オバちゃんゆるゆるダイエット 1

ワタクシ、常にこのブログでも言い続けております。
「いい加減にダイエットせんとアカンぜよ」と。

そして、もう何度ここで誓ったことでありましょう。
「今度こそ、ダイエットするぜよ」と。

これって、もうりっぱなオオカミ少年状態ですな。

今更何を言っても信じていただけ無いかと思いますが、
ワタクシ、以前、ここにも書いておりますように、
一応、ダイエットを始めたんですわよ。

名付けて「オバちゃんゆるゆるダイエット」。
名前の通り、のんびりマイペースでござります。
もう若くないんで、無理はできんしな。

今までのダイエット人生において、数えきれない
挑戦と失敗、挫折を繰り返したワタクシ、
ダイエットの知識だけは豊富であります。
その結果、ダイエットに近道は無いと思ってるんだわ。

なので、、次々とメディアに登場する「〇〇ダイエット」
なんていうものは、全く信じておりませんな(きっぱり)。
要するに、どんな方法を実行しようと、食いすぎれば太るのよ。

あれこれ計画しても無駄、っちゅうのはわかってるんで、
たいしたポリシーも無く、いい加減にやっておりますが、
一つ言えるのは、一番大事なのは、やる気だな。
やる気と適度な食事と運動、これしかありません。

と、偉っそうな事をのたまっておりますが、
今回のダイエット、始めてからまだ2か月半なのに、
すでに、停滞期とリバウンド、挫折の繰り返しの
波乱万丈な経過となっております。

その間に、仕事のストレスでダウンして寝込んだり、
気晴らしの小旅行にも出かけたりと、不規則な生活で、
体重グラフは、下がったと思ったら、また跳ね上がり・・・。

こんなワタクシのいい加減なダイエットではありますが、
一つだけ実行しているのは、毎日、体重を測って記録する事、
であります。

体重は毎日、同じ状況で測るべきなんで、ワタシは
毎朝起きてすぐに測り、さらに、夜、家に帰ってきてから
チェックのために測っております。

でも、体重って、ちょっとした要因に左右されますな。
例えば、前の夜、外食した、とか便秘気味とか。
つまり、毎日の体重の変動に一喜一憂しても、
あんまり意味はない、とワタシは思うんだな。

そこで、ワタシは考えた。

体重は1週間単位ぐらいで見ればいいんではないかと。
なのでワタシは、体重を1週間の平均値で見ることにしたわ。

毎日記録した体重を週に一度、エクセルに入力して、
1週間の平均を出すのであります。
そして、前週と比較して、増えたとか減ったとかを見て、
いろいろ反省するんですよ。

いえ、いろいろ反省はあんまりしてませんが。
でも、数字を見ていると、いろいろな傾向が
確かに見えてくるような気がするわね。

忙しくて、なかなか更新できませんが、
自分の記録のために、ここに少しずつ、
オバちゃんゆるゆるダイエットの状況報告を
していくつもりであります(多分)。


おまけ
秋ですな~。ハイキングの風景もすっかり秋。

Img_2630

森の中のチャペル。
木々の葉っぱが全部落ちて、寂しげな風景だわね。

Img_2632_2


« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30