無料ブログはココログ

« 帰宅 | トップページ | 今度こそ、着々と社会復帰の準備 »

2017/06/29

着々と社会復帰の準備・・・のはずが・・・

「元気になって家に戻ってきた」という報告メールを
何人かの友人たちに送った、という話は先日書いた。

ワタシのお友達は、み~んな優しいんで、
「おかえり歓迎メール」が次々に送られてきて、
と~ってもうれしかったわ。
持つべきものはやっぱり、お友達よねぇ。

そんな中で、日本人の友達の一人であるウメ子さん(仮名)が
お昼ごはんを持って来てくれる事になった。
ウメ子さん、そう、ずっ~と以前に、このブログに
何度か登場した、長年のお友達であります。
お友達、と言っていいのかは分からないが、
いずれにしても、何となくコンタクトが続いている。

以前にも書いたが、ウメ子さん、決して悪い人ではないし、
面倒見のいい気さくな人なのですね。
ただ、ワタシにとって問題なのは、非常によくしゃべる事。

よくしゃべる、なんて甘いもんじゃないな。
会うと、時間の許す限り、ひたすら、一人でしゃべり続ける。
さらに問題なのは、その話の内容が、自分の事ばっかで、
ワタシにはあんまり興味が無いっちゅうことなんだな。

なのになんで彼女とずっとお付き合いしてるかと言うと、
これはもう腐れ縁、としか言えませんわね。
ま、会うのは年に何度か、という適当な距離感を持ってるから
付き合っていられるってところか。

その日、ウメ子さんは、アジアショップで買ったお惣菜とか
おにぎりを持ってやって来た(ありがたい事っす)。
ウチに着いたのは、お昼の12時ごろ。

一緒にお昼ご飯を食べたのだが、いつものように
食事中も食後も彼女はひたすらしゃべり続けた。
ワタシは、適当に相槌を打ちながら聞いているだけ。
別に、何が何でもワタシの話を聞いて欲しいとは思わないが、
普通、数週間の療養生活から帰って来た人に会ったら、
もっとこちらの話をいろいろ尋ねてきません?

時々ワタシのほうから話を振ってみたが無駄だった。
例えば、

ワタシ「元気になったけど、まだ時々体調が悪くて」

ウメ 「そう、わたしもなのよ。この間、風邪を引いてね~(略)
   腰痛のほうは大分よくなってきたんだけど(略)・・・」

いつもの事ながら、何を話し始めても、話題を取り上げて、
すべて自分の話にしてしまう。
前にも書いたが、こう言う会話ってストレスになる。

さらに、その時はまだ、時々、めまいがする状態だったので、
ずっと座って人の話を聞いているのは、かなり辛い。

ワタシは、だんだん疲れてきた。
というより、かなり疲れてきた。
さらに、めまいがして椅子から落ちそうになった。

結局、本当に倒れそうになったワタシの
「ちょっと疲れたから横になっていい?」
と言う言葉でようやく彼女が腰を上げた時は、
もう夕方6時になっていたのだわ。

しゃべり続けて、延々6時間ですよ。
6時間というと、マラソンだって、サッカーの試合だって
もう終わってしまってるぞ。
オタマジャクシもカエルになってるかもしれんな。

もともとの予定では、その日の夕方は、買い物等の
用事を済ませる予定でありました。

まだ長期の外出が辛く、さらに重いものが持てなかったワタシは、
毎日、少しずつ用事を済ませる予定だったのよ。
それなのにその日は、彼女が帰った後、
ベットに倒れこんでそのまま寝てしまい、
さらに、次の日も、気分が悪くてずっと起きている事が出来ず、
結局、ほとんど一日中寝込んでしまった。

つまり、ウメ子さんの訪問によって、ワタシは
二日間を無駄に過ごしてしまったのだな。

こんなに疲れるとは思わなかった、というより、
この程度の負担で寝込んでしまうということは、
まだまだ本調子じゃ無かったのかもしれない。
そして、間近に迫っている会社への復帰に
暗雲が立ち込めてきたのであります。

続きは次回に。

0932

1年前のハイキング中の写真。
はやくまた、あちこちハイキングに行きたいもんです。

« 帰宅 | トップページ | 今度こそ、着々と社会復帰の準備 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31