無料ブログはココログ

« 田舎療養生活の終わり | トップページ | 着々と社会復帰の準備・・・のはずが・・・ »

2017/06/25

帰宅

5週間余りの田舎療養生活がようやく終わり、
また都会の自宅に戻ってきたのが6月の始め。
田舎生活は、時間がゆっくりと過ぎて行く感覚だったが、
振り返ってみると、なんだかあっという間だったな。
荷造りを始めた時は、少し寂しかったわ。

一人での帰宅は、電車の乗り換えもあるし、
多少、不安ではあったが、平日の昼間は
電車もすいており、道中は全く問題なかった。
でも、電車が住んでいる街に近づくにつれて、
またもとの日常に戻る事への不安が大きくなったが。

思えば、5週間も家を空けたことなんてなかったんで、
留守中に家がどういう状態になっているかが
すごく心配だったわね。

しかし、家に着いてみると、当然のことながら、
5週間前に出かけた時と同じ状態でしたね。
入院する前に、ちゃんと掃除をしておいたものの、
それから6週間も過ぎているんで、家の中は、
埃っぽかったし、ずっと閉め切っていたから、
空気も淀んでいたが。

いずれにしても、空き巣などに入られなくてよかった~。
 
体調の回復を自覚していたとは言え、
この帰宅の旅はかなり身体に負担になったみたいで、
その日は疲れて、何もせずにそのまま寝てしまった。
ようやく「自分のベット」で眠れるというのが
妙にうれしかったのを覚えているわ。

次の日から、少しずつ掃除、洗濯等の家事を始めた。
健康になったはずだが、まだまだ疲れやすい。
何をするのも、途中で何度も休憩を入れねばならないのは
非常にもどかしいものだわね。

ただ、早く田舎生活に決別をつけるべく、
スーツケースだけはすぐに片付けた。
(ズボラなワタシは、いつも旅行の後のスーツケースを
片付けるのに何日もかかるのでありますよ)

仕事への復帰までは、あと4日間。
それまでには、絶対に完璧に元気になって、
華々しく社会復帰を果たしてやるわ。
と、ワタシは燃えた。

掃除も洗濯も、買い物も無事にクリア。
ついでに、ずっと溜めまくっていた書類整理まで
終わらせたのね。
何年もひたすら積み上げていた書類。
なんでもっと早く整理しなかったのかしらん。

ところで、入院中や療養生活中に友人・知人たちから
お見舞い等の連絡をもらったが、ごく一部の
仲がいい友達を除くと、返事を返していなかったわ。

回復した時に、「すっかり元気になりました」
という連絡をするつもりであったのが、
なかなかその日が来なかったのよ。
でも、今なら回復したという報告ができる、と思い、
いろんな人にメールやLINEを送っておいた。
そろそろ、外の世界とのコンタクトも始めないとね。

このように、ワタシの本格的社会復帰準備は
順調に始まりましたのです。
 

« 田舎療養生活の終わり | トップページ | 着々と社会復帰の準備・・・のはずが・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30