無料ブログはココログ

« 一つのお別れ | トップページ | やたら物が捨てたくなった »

2015/11/04

退院後の話の続き

続きを書こうと思いつつ、なかなか書けませぬ。

彼氏さんのお父様が亡くなってから、週末は、
ほとんどお母様のところに行っておりまして、
平日は、相変わらずの残業続き。
自分の時間があんまり取れない日々であります。

時間があっという間に過ぎて行って、
ふと気が付いたら、今年もあと2か月ですわね。

そんな中、先週末は、無理やり時間を作って、
短いハイキングに行って参った。

日暮れも早くなりましたが、昼間でも太陽の位置が
低くなったなあ、としみじみ。
これから、暗くて寒いヨーロッパの冬が始まるのね。

Img_0568

晴天なのに、何故か向こうの山々が霞んでいる。
10月終わりから11月にはいってからも、
この時期としては、かなり暖かい日々が続いているのだが、
今年の冬は、どんな気候になるのかしらん。

この山々も、1か月後には雪に覆われていることでせう。

Img_0593


さて、退院後、ど~んと落ち込んだ、というのは
この間書いた。

検査結果の事、彼氏さんのお父様が亡くなった事、
さらに、やたら時間があった入院生活中に、いろんな事を
あれこれ考えてしまった事、など原因はいろいろ。

心の整理がつかないまま家に戻って来て二日目、
郵便受けに、また一つ訃報が入っていた。

同じアパートの1階に住むA子おばさんが、
やはりワタシの入院中に亡くなっていたらしい。
ワタシは知らなかったが、肺癌を患い、
一年前から闘病中だったとか。
享年62歳。

A子おばさんとはさほど親しいわけでもなかったが、
もちろん、会えば挨拶をし、立ち話もした。
こちらの別れもあまりにも突然だった。

ワタシの住むアパートの同じ棟には、
たった4件しかないため(住人は6人)、
他のアパートよりは隣人同士の連帯感の
ようなものは大きいと思う。
そのため、半日休みを取って、他の隣人たちと
お葬式にも参列させていただいた。

そういうわけで、9月は2回のお葬式を
経験するという、悲しい月になってしまった。

そして、もともと静かだったアパートは、
ますます静かになり、ワタシの気分も
さらにどよよ~んと落ち込んでしまったのである。

とはいえ、どんなに落ち込んでも、人間たる者、
人生を続けていかねばならないもんでありますから、
いつまでも、どよよ~んとしているわけにはいきませぬ。

それに、退院した次の日からお仕事であります。
日頃は、激務やそれをワタシに強いている上司殿に
深~い恨みを抱いておりましたが、この時は、
落ち込んだ気分を紛らわせてくれる激務に
ちっとだけ感謝しましたよ。
上司殿には、感謝する気はこれっぽっちも無いが。

そうして、1週間、2週間と時間が過ぎるうちに
だんだんと心の整理もできて来た。

びよいんで考えたこと、経験した事は、
今の生活に、かなりポジティブな影響を
与えているような気がするんだな。
うまく説明はできないが、ちょっとだけ
考え方、物事のとらえ方が変わったというか。

短い時間ながら、日常生活から遮断された
状態に身を置くことができたのは、すごく
いい事だったと思う。


退院後の話、もう少し続きます(多分)。

Img_0446

畑で拾い集めたリンゴ

« 一つのお別れ | トップページ | やたら物が捨てたくなった »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31