無料ブログはココログ

« 毎年同じことの繰り返しで | トップページ | にういん体験 その2 »

2015/10/08

にういん体験とかいろいろ

10月に入り、秋真っ只中。
暑かった夏が終わってほっとすると同時に、
ちょっと寂しい気分に浸ったりもしております。

この夏の終わりのいろんな来事を
ここに書こうと思いつつも、なかなか
気持ちの整理がつかず、書きかけては、
やめて、の繰り返しでありまして。

でも、時間も過ぎていき、少しずつながら
落ち着いてきたんで、だらだら~と
書いていってみますかね。

まずは、先日もちょっと書いたが、
8月終わり頃、体調不良のため、病院に
検査入院ちゅうものをしておったのだ。

一刻を争う急病や重病ではないのだが、
症状から、とある病気の疑いがあるんで、
一度、きちんと検査した方がいいと言う
ホームドクターのご指示のもと、
にういんする事になった次第であります。

滞在していたのが、ド田舎の山の中の某びよいん。
どうせなら、山の中の空気のいいところで、
ゆっくり休んだ方がいい、というのは、
彼氏さんの提案でありました。

山の中、というだけあって、呼吸器系統の
治療の歴史の古いびよいんでありますが、
その他、循環器系、消化器系等でも定評があり、
保養地の中にあるので、遠くからも患者が
やってくるそうな。

ワタクシの今までの人生、幸いにも
まあまあ健康に過ぎてきたんで、
実は、まだにういんなどした事は
ありませんでして。

なのでにういん初体験のワタクシ、
ガチガチに緊張して、病院の門を
くぐったのであります。

↓ワタシがくぐった某びよいんの入り口の門

G01_2

このびよいんの建物は、もともとは修道院でありました。
その歴史は11世紀に始まり、その後、火災等の他、
歴史上の様々な困難な時代を経験したものの、
現在でも修道院は健在。
数は少ないながら、シスターたちも働いています。

↓門をくぐって広い庭園をはさんだ正面にそびえ立つ、
修道院、病院の建物。

G02

中央の塔は、12世紀にその基が建てられ、
その後、17世紀に立て直されたそう。
この建物を囲むように、17世紀に建てられた壁は、
今も道路ぞいに残っております。

現在はこの古い建物に、病院の建物が
増設されておりますが、旧館と新館が、
実に自然に調和しているのよ。

以前、この修道院の見学に来たこともあり、
その時に、こういった歴史等について
読んだのだが、その時は、建物の美しさに
いたく感動はしたものの、まさか自分がここに
にういんすることになるとは、思わなかったな。

にういん体験のお話を一気に書いてやろ~、
と思っていたものの、なかなか筆が
ではなくて、キーを打つ手が進まんので、
ここで一旦、休憩いたしますわ。

続きは近いうちに書くつもりであります。
多分。

« 毎年同じことの繰り返しで | トップページ | にういん体験 その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30