無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/24

バラの村

最近のワタクシ、相変わらずお仕事は忙しくて、
定時に会社を出られることなど
皆無ではございますが、一時に比べると、
仕事の事で悩んだり、どよよ~んと落ち込んだり
する事が少なくなったような気がいたします。

何よりも、例の性格の悪い同僚、いえ、もう
元同僚でありますが、問題女史がいなくなった、
というのがとっても大きいですな。

その上、夏は、遅くまで明るいんで、
残業の後でも、真っ暗になる前に会社を
出ることができる、これだけでも、ずいぶん、
気分が軽くなるものですわ。

問題女史がいなくなった後のオフィスの事は、
そのうち、おいおい書いていくとして(多分)。
週末は、しょっちゅう、彼氏さんとハイキングを
しております。

その日の体調や天気にあわせて、だいたい、
3-4時間の行程であります。

平日、仕事でくたくたになった上に、週末も
身体を動かすのは、時にはかったるいが、、
普段、ずっとオフィスに座っている生活を
していると、週末に空気のいいところを
もくもくと歩くのは、すごくいい気分転換と、
運動不足解消になるわね。

さて、少し前の話になるんでござるが、7月終わりに、
ハイキングに行く途中に、Assinghausenという
ドイツ西部の小さな村に寄ったんですのよ。

Img_0188

この村は、「バラの村」と呼ばれておりまして、
村の至る所にバラが植えられております。

世界各地のバラが有名な地方に比べると、
とってもマイナーでして、大掛かりなバラ農園も
ありませんですが、バラを愛する村の住民たちが、
家の庭や玄関先、道端に植えて、世話をして
いるんだそう。

マイナーながらも、村全体に140種ほどのバラが
植えられておりまして、珍しい種類もあるそうな。

もともと木組みの家の多い地方でして、
重文指定されている古い家がたくさんございます。

Dsc09894

村の中を流れている小川には、こんなアートが・・・。
ちょっと意味不明でありますが、意外に、田舎の風景に
調和していたりして。

Dsc09891

7月の終わりというと、ちょっとバラの季節には
遅く、すでに散ってしまったバラもあったのが
残念だったわね。

それでも、道端の至る所で咲いているバラは、
とってもキレイで、数メートル歩くごとに、
足を止めて見つめてしまいましたわ。

Dsc09893

村の中心の高台にある教会。

Dsc09903

この教会を中心に、バラをめぐる散歩道がいくつかありまして、
それぞれが、1-2キロほどの行程だそうな。

この教会の周りにも、たくさんのバラが植えられております。

Img_0194

Dsc09907

Dsc09906

そして、村の数か所に小さなガーデンがありまして、
そこでもバラが咲き乱れておりましたわ。

Img_0213

Dsc09914

すべてのバラに名札がついていたんだが、
メモしなかったんで、名前は忘れてしもうたよ。

Img_0207

Img_0199

こんなバラのアーチもあって、実は、この下に座って
バラのお姫様ごっこをした写真も撮ったんだが、
ココにアップするのはやーめーて、とりあえずは、
姫君のいない写真をお楽しみあれ。

Img_0201

短い滞在だったものの、とっても心が洗われたっちゅうか、
思い出に残る時間でござったであるよ。
来年も、バラの季節にまた来たいものですな。

ちなみに、i Phone のカメラの使い方を覚えたんで、
早速、使ってみたんだわ。
ワタシにも使えた、っていうか簡単でしたわ。
ワタシのインスタント・デジカメなんかより、
ずっときれいに撮れるわね。

で、この後、近くにハイキングに出かけたんだが、
その時のお写真などは、そのうち、気が向いたら
アップするかもしれまへん。

もう一枚、バラの写真をおまけ。

Img_0192

2015/08/20

スマホデビューのその後

どっかで読んだのだが、
ブロガーに最も必要な才能は
「続けられること」だそうでして。

なんとなく、納得できる今日この頃でござる。

ワタクシ、更新は滞っておりますが、
人様のブログはちゃんと読んでいたりします。
ちゃーんと定期的にブログを更新している皆様、
本当にすごいですな。

さてさて、このワタクシ、スマホ・デビューから
約一ヶ月が過ぎたんだが、相変わらず、
全然使いこなせておりませんな。

でも、LINE デビューも果たしましたことよ。

LINE は友達に教えてもらって、始めたんだが、
これ、めっちゃ楽しいやん。
なんといっても、文章が短くて済むのが
めんどーくさくなくていいねぇ。

世の中のニュースを読むと、このアプリが
犯罪やいじめの 原因になったりしてるらしいが、
こんな楽しいもんでイジメをするなんてのが
おばちゃんには信じられんよ。

先日も書きましたが、ワタクシのスマホは
iPhone 6なんでござるが、この機種って、
薄くて軽いという長所はあるが、薄いゆえに
持ちにくい、という難点があるのね。
微妙な不安定感、と申しますか。

で、皆さん、どーされてるのかしらん
と、バスの中等で観察してみると、
ケースに入れて使っている人が多いのね。

よし、それじゃあワタシもケースをゲットじゃあ、
と、たまにはフットワークの軽いワタシ、
早速、街中の高級ショッピング街にある
アップル・ストアに駆け込んだわ。

アップルストアは、ガラス張りの入り口に
リンゴちゃんの大きなロゴが掲げてある。
そう、ここよここ。
ここに一度入ってみたかったの。

入ってみると、中はがら~んと広く、
仕切りも、棚も無く、妙に見通しがよく、
天井も高く、なんだかとっても気持ちいい。

あちこちにおいてある大きな机の上に、
いろんなアップル商品が展示してあって、
まるで博物館みたいね、ここ。

名札つけた店員らしい人があっちこっちに
いるけど、こちらから話しかけない限り、
干渉してこない。

ワタクシの目指すiPhone ケースは、
一方の壁一面に展示されているものの、
種類が多すぎて、どれがいいのか、
よくわからんぞ。

店内をよく見ると、奥のほうの机の上に、
ケースの見本が置いてあって、
自分で試せるようになっているではないの。
すっかり嬉しくなったワタシは、
かばんからiPhoneを取り出して、
全部試してみたわよ。

その中で、ようやく一つを選び
(結構高いのね、ケースって)、
さて、金払うか、と思ったが、
レジがどこにも見当たらない、困った。

意を決してワタシは、近くを歩いていた
アップル兄ちゃんを捕まえた。

「お兄さん、レジ、どこかしらん」

兄ちゃんは「レジは、ここやで~」と、
自分を指差しながらのたまい、ポケットから、
バーコード読み取り機を取り出し、
さらに、ワタシのカードを入れて、
あっさりとお会計完了。

さらに、「レシートはと、あ、ここから出てきた」
と、近くの机の下に手をのばして、
びろーんと出てきたレシートを手渡してくれた。
どこにプリンターが隠れてたのかしらん。

最近のモダンなお店って、レジが無いのねぇ。

そして、兄ちゃんは、ワタクシのiPhoneを
ケースに入れてくれたわん。
しかも、入れる前に、布(手ぬぐい?)で
指紋だらけだったiPhoneの表面を
綺麗に拭いてくれた。

おばちゃん、感動したね。
外見もとってもカワユイ兄ちゃんでして、
ワタシはすっかりアップル・ストアの
ファンになってしまったのだよ。

また来たいわねえ、ここ。
って、しばらく用事はなさそうだが。

しかし、未だにわからん。

世の中の人が、寸暇を惜しんで
スマホでいったい何をやっているのか・・・。
歩きながらでもやるほど楽しい
何が隠されているんですかぁ?

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30