無料ブログはココログ

« 畑のチューリップを見てやってくだされ | トップページ | 春はいい事がいっぱい その4 »

2015/05/07

春はいい事がいっぱい その3

畑のチューリップは、満開は過ぎたものの、
まだきれいに咲いてくれております。

Dsc09267

思えば、この球根を植えたのが昨年の
9月末だったわねぇ。

球根を植えたときにもブログ記事を書いておりまして、
読み返してみると、はあっ、ワタクシ、その当時、
性格最悪の同僚、問題女史Lとのバトルで、
とっ~ても疲れきっていたわね。
その頃のブログの内容も、愚痴ば~っかりだし。
今でも、愚痴ばっかりか。

そして、植えたチューリップが咲くころには、
テキはもう定年退職で会社にはいない、
などと期待あふれるコメントまで書いておりました。

そう、そのワタクシの期待に逆らうことなく、
問題女史Lは、4月の半ば過ぎに、
会社から去って行きましたですねん。

普通、この国の習慣として、長年勤めた人が
会社を辞める時は、本人が最終日にちょっとした
お別れ会を兼ねて同僚たちにケーキや軽食を
振舞ったりするものでありますが、超ドケチな彼女は
そういうことは一切せず。

さらに、同僚たちも、みんなでお金を集めて
退職する人にプレゼントを用意したりするものだが、
誰も、その提案をすることもありませんでしたな。

それでも、一応、みんな、彼女に優しいお別れの
言葉をかけたりしていたんで、他の人たちは、
ワタシほどヤツに苦労していなかったのかしらん。
ワタシもその日は、オトナになって一応、
お別れの言葉なんてかけたりしましたが。
だからといって、今までの恨み、水に流したりは、
しまへんでぇ。

ヤツが去った次の日に、ワタシは早速、
社内のいろんな人から(他の部の人からも)
「おめでとう~!」と言われてしまったわ。
「これで静かで平和な生活になるわね」とか。
ヤツの悪名は社内に知れ渡ってたらしい。
みんなの優しいお別れの言葉は、単に
社交辞令だったようであります。

そのみんなの言葉通り、ワタシはそれ以来、
本当に平和な毎日を過ごしております。
一人いないだけで、オフィスがこんなに
静かになるとは。天国じゃぁ。

誰もドアをたたきつけて閉めないし、
いろんなことに干渉して来る人もいないし、
事あるごとに、怒鳴りつけたり、嫌味を
言う人もいないし・・・。

ま、確かにオフィスは平和にはなった。
部の全員が彼女の態度には辟易していたのは事実。
しかし、マネージャー様や上司殿は、結局は、
彼女に対して何の対策も講じず、ずっと
やりたい放題をさせていた。

機嫌を取って何とか仕事をさせることが第一で、
問題女史Lからのひどい罵倒や侮辱からワタシを
守ってくれることもなかった。
彼らにとっては、会社の仕事が回っていくことが
何よりも重要なのは、ワタシもちゃんと理解している。

会社ってそういうもの。
幼稚園みたいに道徳教育などしない。
しかし、今思えば、何年もの間、もう少し
助けてくれても良かったんじゃないかと
言う気持ちも大きい。
この気持ちは、ワタシの心の中で、ずっとずっと
くすぶり続けると思う。

今更あれこれ言っても仕方ないですがね。
ヤツはいなくなって、オフィスは非常に
過ごしやすい空気になった。
それだけで十分だと思うべきなんだろうな。

これで仕事の量がもっと減れば、今までの事、
ちょっとは水に流してやってもいいぜよ。

« 畑のチューリップを見てやってくだされ | トップページ | 春はいい事がいっぱい その4 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31