無料ブログはココログ

« コース無事に終了 | トップページ | 上司殿のお話の続き »

2014/11/17

ようやく週末だったけんど

激務の中、待ちに待った週末でして、
思いっきり遊ぶぞ~!、ハイキング行くぞ~!

・・・と思っていたのに、体調を崩してダウン。
ストレスか、過労か、金曜日の夜から、
胃痛と頭痛に襲われ、めまいがしてフラフラに。
泣く泣く週末ハイキングはあきらめ、
ゆっくりと休むことにしたわよ。

金曜日の夜は、倒れるようにお布団に入り、
そのまま土曜日の昼近くまで寝ていたわ。
こんなに良く寝たのは、ホント、久しぶりだぜ。

おかげで、ここしばらくの睡眠不足も解消、
胃痛と頭痛もほぼ治りましたわ。
金曜日の夜は、結構辛かったんで、
こうやってまた元気になった今、
改めて健康のありがたさを感じたわね。

しかし、こんな生活、いつまで続くんだ?
まさか、定年まで?

・・・と言う考えが頭をよぎったとたん、
背筋がぞぞぞ~っとしてしまったよ。
季節はずれの怪談か。

そういや、先日、ワタシが会社で残業中、
確か、夜の9時ごろだったかと思うが、
いきなり、上司殿が部屋に入ってきてさ、
話しかけてきた。

こんなことめったに無いんで、何事か、
と思もったら、彼はのたまった。

「もうすぐ、必ず、人を雇うから、
それまでは頑張ってくれたまえよ」

あら、一応、ワタクシの今おかれている状況、
理解していらっしゃったんですのね。
・・・っつうことは、今までのアナタ様の無関心さ、
鈍感で何も気がつかないのか、と思っていたが、
そうではなく、ただ単に、見てみぬフリを
していらっしゃったのね。

でも、一応、人を増やすつもりはあるというのは、
少なくとも、ポジティブなニュースだわね。
問題女史Lはもうすぐ早期退職でいなくなるし(祝)、
その後任者は絶対に必要だよ。
それに、新しく入る人は誰であろうと、少なくとも、
問題女史Lよりは仕事をしてくれると思うんで、
ワタシの負担もきっと減るはず。

ワタクシ、この上司殿との会話で、
暗~い闇の中に一筋の光を見た気がしたわ。
地獄に仏、残業中に上司殿。

しかし、次の瞬間に上司殿から聞いた話で、
この一筋の光は、かき消されてしまったのであります。

長くなるんで続きは後日に。

« コース無事に終了 | トップページ | 上司殿のお話の続き »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30