無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014/09/30

いつの間にか秋になってるやんか

暗くなるのが早くなったわね~、
などとは思っていたが、気がついたら
もう9月の終わりではないですか。

会社で、毎日問題女史Lとのバトルに
明け暮れていたら、季節の変わり目を
感じる余裕もなくなっていたわね。

こちらは、鮮やかな紅葉もさほど見られないし、
秋刀魚とか、栗とか、柿とか、いかにも秋、
といった季節感あふれるおいしい食い物が
あるわけでもないんで、日本ほど風情はありまへん。
嗚呼、コンビニのモンブランケーキを食したいことよ。

それはさておき、秋の夜長といえば、やっぱり読書ですがな。
実際は、読書と言うよりも、毎晩、インターネットで
日本のドラマを見ていたりいたしますが。
2時間ドラマとか面白いんだも~ん。

そんなわけで(?)先週末は、図書館に
出かけて参りましたことよ。
ちっとは、知性あふれる生活もしとかんと、
頭の中、カビ生えそうだし。

そして、どどど~ん、と借りてきた。

Bu008

小説ばっかです。

日本語の本も読みたいんだが、今、家には
まだ読んでいない本は無いし、最近、忙しくて
友達にも会わないから、誰も貸してくれないし。
次に帰国したときに、いろいろと仕入れてこなくては。

秋といえば、ベランダの激辛トウガラシが
赤く色づいてきたぜよ。

Ba011

辛いもの苦手だし、去年の乾燥トウガラシも
まだたくさん残ってるのに、こんなに作って
どうするつもりだ?

一束、テキの口の中に突っ込んで、
黙らせてやりたい、かも。

2014/09/29

長~い2週間もようやく終わり

問題女史Lとの引継ぎが始まって2週間。
一時はどうなることかと思ったが、
この長くて辛い2週間もようやく終了。

これで今月の仕事は終えたので、
とりあえず、1週間ほどは休戦。
で、来月、新たなバトルの開始だわさ。

でも、あの魔法の言葉のおかげで、
後半は、さほど傷つかずに乗り切った。
テキは、自分以外の人間はデキない、と
信じているので、と言うより、そう信じたいんで、
その自尊心を満足させてやれば落ち着くんだわ。

他人を下に見ることで、自分の立場を
何とか維持しようとする卑怯なヤツなんですな。

先週は、何を言われても、「あんたは正しい」
「おっしゃるとおり」「お勉強になるわ~」という
反応をひたすら続けていたワタシであります。

ある友達は、「褒めて機嫌を取れば?」と
言ったが、ワタシは何度考えても、こいつの
どこを褒めればいいか全然わからん。
なので、来月も、魔法の言葉で頑張ることにした。

ところで、テキはもうすぐ短期退職制度で
会社からいなくなるんだな。

この短期退職制度は、国や会社が奨励している
制度で、多少は年金が減るものの、
早めに年金生活に入れるというもの。
詳細は省略するが、会社にとっても、
社員にとってもそれなりのメリットはあるらしい。

で、問題女史Lは、正式にはあと5ヶ月で
会社に来なくなる予定。
5ヶ月と言うのは、長いような短いような。
本人は、指折り数えてその日を待っているが、
ワタシをはじめ、他の同僚たちも、
その日を指折り数えて待っている。

問題女史Lとの引継ぎさえなければ、
5ヶ月など、すぐに過ぎると思えたが、
一緒に仕事をするには、5ヶ月はやっぱり長い。
5ヶ月間、ワタシの神経が持つかしらん。


とっころで~、この週末、いい天気だったんで、
畑に行って、思いっきり土をたたきつけたわよ。
気分がちょっくら、さっぱりしたわ。

花壇に来年用のチューリップの球根を植えたぞ。
緑の草は、忘れな草の苗。
種がこぼれて畑のあちこちに生えてくるんで、
花壇に植え替えてやった。

2014_0928

チューリップと忘れな草が咲くころ、
テキはもう会社にいないんだわね。ふふふ。

2014/09/25

バトルと魔法の言葉と

問題女史Lとのバトルが続く中、
ワタクシは、胃痛、頭痛、不眠、口内炎と、
体調不良のオンパレードでございます。
ワタクシ、意外に繊細だったのね。

しかし、時々思うのよね。
これは、いったい何の罰ゲームだろうと。

ワタクシ、そこまで人様に迷惑をかけるような
事をした覚えが無いんで、きっと前世で
よっぽど悪いことをしたんだわね。
もしそうだとしたら、自業自得ってか。
前世のことなど、覚えてないが。

しかし、そんなバトルの毎日から、
ワタクシは学びましたよ、この怪物、
問題女史Lの扱い方を。

何を批判されようと、何を言ってこようと、
絶対に反対意見を言わないこと。
表面上は、すべて受け入れたフリをする。
これ、信じられないほど効果があったわ。

魔法の言葉は、
「あなたのおっしゃるとおりでございます」

心でどう思うと、ひたすら、あんたは正しい、
といっておけば、テキの気は治まるんだな。

普通、毎回、こういう反応をされると、
馬鹿にされているのに気づくところだが、
テキは、それに気づくほどオツムが良くない。
すっかり満足して、ニコニコしだすんだわ。

ここ数日は、この魔法の言葉で乗り切ったが、
いつまでワタシの神経が持つことやら・・・。

2014/09/23

バトルと我慢の日々は続く

問題女史との引継ぎは始まりまして。

えぇ、ワタクシ、わかっておりましたわよ、
問題女史との共同作業は難しい事を。
しかし、ここまで難しいとは予想してなかったぜよ。

問題女史から規模の大きい仕事を
引き継ぐんで、その代わりにワタシの
仕事をいくつか渡す事になったのだが、
教えるのも、教えてもらうのも、何一つ、
スムーズに行かないんだな。

世の中には、大人の人間としての会話が
全く出来ない相手っているんだわね。

まったく、ああいえばこういう、
さらに、口を開けば、人の悪口と批判ばかり。
人のやった仕事を「間違い」と決め付けて、
マネージャーに言いつけに行く。
困るのは、気分に極端にムラがあること。

機嫌の悪い日など、話しかけるだけで、
罵倒され、かなり侮辱的なことも言われたわ。

温厚で我慢強いワタシもキレたわよ。
詳細は省きますがね、ワタシにもワタシなりの
許せる限界と言うものがございますねん。
それを超えたら、誰であろうと絶対に許しまへん。

もともと期待はしてなかったが、もう彼女と
人間としてのお付き合いはあきらめました。

胃痛や眠れない夜が続いたこの1週間、
いろいろ経験し、じっと耐えた結果、
この怪物との付き合い方をワタクシなりに
考えまして、ようやく、対処方法を見つけつつ
あるところでございます。

なんだか猛獣遣いになった気分だわ。

2014/09/21

長~い一週間だったわ

ホントに、長~くて辛~い一週間でしたわ。

問題女史Lの仕事を引き継ぐ事に関しては、
ワタシは全く納得していないんで、
何度もマネージャー様と話し合った。

他に人がいないんで、ワタシがやるしかない、
っちゅうのはわかってるのよ。頭ではね。
しかし、問題女史L:が招いた事後処理を
ワタシがすべて負担する、と言う事が
どうしても許せん。

ワタシが新しく担当することになってしまった
この顧客は、規模が大きい、という事以外に、
ワタシが全く経験の無いタイプの会社で
あるので、それを一から学ばねばならん。

しかも、この問題女史Lに仕事を教えてもらう、
と言うのは考えただけでホラーである。

彼女は、とにかく性格が悪く、ものすごく
気分屋であり、機嫌の悪いときには、
話しかけるだけで、怒鳴り返される。
社会人として、いえ、それ以前に、
人として、かなり異常なヤカラである。

マネージャー様も協力してくれると言ってるし、
仕事を覚えるまでの3ヶ月ほどの我慢じゃ、
仕事と割り切って、我慢の子になるしかない。
もんもんと考えていたが、今月の始めから
問題女史Lは1週間以上病欠してしまい、
ワタシの試練は、少し先延ばしになった。

そうして、ヤツが元気に復帰してきた先週から、
ワタシの地獄は本格的に始まってしまった。

2014/09/19

ワタクシ、もうぼろぼろだわ~

かわいそうなワタクシ、毎日、ハードな会社員を
やっているんで、せめて気晴らしのブログには、
出来るだけ、たのし~い事を書きたいんだが・・・。

楽しい話題、思いつきませんわ。

それどころか、状況はますます悪化してですね、
今週なんて、心身ともにぼろぼろですわよ。

事の始まりは、会社の同僚の「問題女史L」。

こやつがその名のとおり、非常に問題のある人でして。
一言で言うと、非常に性格が悪い。
人間、50年以上生きていると、いろんな人と
出会うのだが、こんなに性格の悪い人間は、
日本・海外を問わず、初めてだわね。

今月の初めの事だが、問題女史Lの
顧客である大手の会社がいきなり、
「担当を替えてくれ」と言って来たらしい。

その会社は全ヨーロッパ規模の顧客なんだが、
会社の本部のあるイギリスの取締役から
クレームが届いたというのだから、よっぽど
お怒りだったんだろう。

問題女史Lの客を客とも思わない態度を
見ていると、それも十分に理解できるのだが。

そう、そこまでは理解できる。しか~し、

何でワタシがその仕事を引き継がなあかんねん。

怒怒怒怒怒怒怒怒怒

頭の中ではわかっておりますよ。
他に人がいない事は。
それでもやっぱり納得できん。

問題女史Lが客とバトルをやって、
その負担をワタクシが背負えってか?

上司とマネージャー様は申し訳なさそうに
「やってくれるぅ~?」とのたまったが、
それはすでに決定事項で、ワタクシに
「のぉー」と言う選択肢は無かったのでありました。

こうして始まったワタクシの地獄生活・・・・

本当にぼろぼろなんで、続きはまた後日。

2014/09/17

チーズケーキとかいろいろ

お久しぶりでござる。

ちょっとバタバタしていたのと、ストレスで、
数日更新をサボっておりましたです。

会社での状況はますます悪化するばかりで、
精神的にもかなり参っているんだが、
負けてたまるか~、という意地だけで
なんとか持っている感じですな。

そんなわけで、とっても疲れてるんで、
今日も、さっさと寝ますわ。

そうそう、先日焼いたチーズケーキの
お写真など、アップしてみようかしらん。

012a

カットして、テーブルの上に置いた時に
撮ったお写真ですわよん。

クリームチーズのチーズケーキの上に、
ラズベリーのソースを流しました。
ラズベリーの酸味とクリームチーズの
コンビネーションは、さっぱりとした味だが、
実際は、結構カロリーがあるだろうな。

こちらは、冷蔵庫、冷凍庫にあった材料で
作ったもう一品。
甘くない、フィンガーフードでありまして、

007

バジル・ペストーとドライトマトを冷凍のパイ生地で
包んで焼いた超簡単な一品でござるが、
かなり好評でしたわ。

これからの持ち寄りぱーちーの手抜き定番になりそう。

2014/09/13

チーズケーキ製作中にちょっと更新

会社は相変わらず嵐の前の静けさ、
と言いますか、ちょっと余裕を持っての
お仕事が出来た1週間でありましたわね。
来週から月々のルーティーン・ワークの
ピークになるので、また激務になるわね。

同僚の問題女史Lとは、現在、ほぼ冷戦状態。
仕事上必要な最低限のことは話してやるが、
それ以外は無視を決め込んでるわ。

あちらも、そういう気分なんだろうと思ったが、
よく考えると、テキは、無神経で鈍感なんで、
ワタシの怒りや不機嫌に気づくわけも無く、
いつものように、元気に迷惑を振りまいております。

それはともかく、ようやく週末でござるな。
この静かな週末の夜に、ワタクシ、今、
自宅にて何をしているかと申しますとですね、
チーズケーキなどを焼いているんですわ。

チーズケーキをホールでやけ食い、
するためではございませんわよ。

土曜日に近所のお茶会に参加予定でして、
そこに持って行くためでございます。
ポットラック(持ち寄り)パーチーなんで、
それぞれが何かを持って集まるんですな。

このお茶会、キリスト教系の団体さん主催の
「国境の無い女性の会」の集まりですの。
毎月、開催されているのだが、ワタシは
なかなか参加できず、今回はすごく久しぶり。

集まるお姉さま方はいろんな国籍や
宗教の方々でして(イスラム系の方が多い)、
とっても気さくな良い人が多いんで、
皆様にお会いするのがとっても楽しみなんだわ。

仕事とは全く違う世界の人たちと交流するのが
すごく楽しいんで、忙しい日常の中の、
オアシスのようなひと時でございます。

さて、ケーキのやけ具合を見てまいりますか。
皆様も良い週末をお過ごしくださいませね。

2014/09/11

久々のつかの間の充実感?

仕事は相変わらず激務なのだが、
そんな中、急ぎの仕事がすべて片付いたという
一瞬がありましたのですわ。

他の仕事の締め切りまでまだ時間があったんで、
よし、今日はもう帰っちゃおう、という事で、
本当に、久々、実に何ヶ月ぶりかに残業無しで
会社を出ることが出来ましたわ。

早い時間に会社を出ると、気のせいか、
お外の空気が澄んでいるような・・・。

そして、帰り道にスーパーに寄ってお買い物。
弊店間際でないスーパーで余裕を持って
買い物が出来るのがこんなに楽しいとは。

さらに、家に帰ったら、気分が良くなって、
掃除・洗濯をした後、マジメにお料理なんて
してしまいましたわ。
あ~、我ながら、手料理が美味いぜ。
平日に家事が出来るなんて感動物だせ。

早く会社を出るだけで、ワタシの人生、
こんなにも充実するんだわね。

しかし、わかっているんですよ。
この残業無しの充実感が、つかの間の
喜びであって、嵐の前の静けさ、だと言うのを。
明日から、また文字通り、嵐のような激務が
やってまいります。

会社でいろいろありましてですね、
仕事がどっちゃりとワタシの肩の上に
積み上げられつつあるんですよ。
今までも激務だったが、それ以上に、
負担が増える事件がありまして・・・。

これも、すべて同僚の問題女史Lのせいなんだわ。
今までも我慢ならないことは毎日のようにあったが、
今度と言う今度は、もう絶対に許しませんで。

今後しばらく、愚痴とお疲れ日記になるかも。

2014/09/09

ヒース・ハイキングとバラ

先々週末に行ったハイキングの話しでござるが
山の中にぽっかりと出来た、日本語で荒野と
言うのか、ヒースと言うのかよく知らんが、
そういう地域を歩いて来ましたわ。

ちょうどエリカの花が咲き乱れて、
ず~っと遠くまで一面がピンク色。
ピンク色の絨毯のようだったわね。

019a

晴れていたら、もっと綺麗な色のお写真が
撮れたんだろうけど、残念ながら曇り空。

027a

エリカの花、近くで見ると、小粒でとっても可憐。

037a

このヒースでは、羊さんたちが放牧されておりまして、、
いろんな色の羊さんたちが、うじゃうじゃ。
のんび~りと、お食事中であります。

029a

このヒースは、森の木を切り倒した後に出来たので、
ある意味、人口の荒野でござぁます。

羊さんたちの放牧は、せっかく出来たヒースを
保存するため、つまり、羊さんたちが、
木の芽や種を食べることで、また木や藪が茂って
ここが森に戻ってしまうのを防いでいるとか。

あなた方、のんびり遊んでいるんじゃなくて、
ちゃ~んとお仕事してるのね。

032a

↑左上にぽつんと立っている人影が
羊飼いのおじさんであります。

ヒースを通り抜けて、森を抜け、
山を登りきったところに季節はずれのポピーの花。

044a

このあたりは、低い山がいくつもいくつも、
連なっておりまして、全部のお山に名前が
ついているらしいが、全然覚えていないわ。

約4時間の行程を経て、ハイキングを終えたところで、
恒例のご褒美が待っております。

065a

ちなみにお茶をしたのは、小さな村にある小さな
ホテルのカフェでして、この地域一帯では、
バラの栽培に力を入れているそう。

このホテルにも小さなバラ園がありましたが、
付近のいくつかのバラ園をつなぐ「バラ街道」の
一部だそうな。まだまだマイナーな街道だが、
初夏のバラの季節にぜひ歩いてみたいわね。

このホテルではバラジャムとか、バラのお酒、
バラ模様の食器などのバラグッズの
販売もしておりましたわ。

酒飲めないし、バラジャムは個人的に
好みの味じゃないんで、バラの花びら入りの
石鹸を買ってきたぞ。

羊さんミルクから作られているそうな。

R007

2014/09/08

ハイキングで気分転換したり・・・

ここのところ、週末は、三週連続で、
田舎のほうに週末ハイキング旅行に
出かけておりましたわ。

平日はずっとオフィスに座ってるし、
残業ばっかりだし、問題女史との
バトルでストレスたまりっぱなしだし、
週末は出かけて気分転換しないと、
やってられないっちゅうの。ったく・・・。

この夏は天気が悪くて雨ばっかりだが、
幸い、週末は、カラリと晴れる、とまでは
行かないまでも、大雨は降らなかったわね。
ワタシって、日ごろの行いが良いから。

週末ハイキングに出かけるのは、
気分転換とかストレス解消にはなるのだが、
そうなると、日ごろ、週末にやっている
家事が出来ないという問題があるんだな。

掃除とか洗濯、買い物、そういうのが
どうしても犠牲になってしまうわね。
かといって、家政婦さんを雇うほどの
規模のアパートでもなし、そんな
経済的余裕もないし・・・。


で、先ほど、週末旅行から戻ってきたんだが、
金曜日の朝、あわてて会社に出かけて、
そのまま旅立ったんで、家の中は、
出かけたときのままの状態でありました。
って、当たり前だが。

週末の最後の夜、ごった返した状態の
家に戻ってくると、どっと疲れるわね。
どうして、少し早起きして、片付けてから
出かけられないのですかね。

仕方ないから、疲れた体にムチ打って、
掃除機をかけて、スーツケースを片付け、
洗濯物を洗濯機に放り込んで、
ちょっくら片付けて・・・。

そして、ハイキングの様子などをちょっと
ブログに書いてみようかな~、などと思ったが、
疲れたんで、今日はもう寝るわ。

日ごろからちゃんと家事も片付けておけば、
週末は心置きなく、気分転換旅行に
出かけられるんだが、平日は、消耗しきって、
家事なんてとても出来んわね。

この解決策、未だ見つかっておりませんわ。
定年になるまで、こんな生活が続くのかしら~。

2014/09/04

相変わらず手首が痛くて・・・

しばらく前から患っている手首の腱鞘炎、
回復がいまひとつ思わしくないのよね。

せっかく、医者で処方してもらったサポーターも
肌のアレルギーのせいで使い続けることが出来ず、
手首を固定できないんだから、治らないのも仕方ないか。
固めの包帯なども試してみたが、あんまり役に立たず。

毎日、痛み止めの薬を塗ってどうにかしのいでいるんだが、
相変わらず、ちょっとした動きで、ズキンと痛みやがる。

一番つらいのが、背中が痒いときだわね。
手首をくねっとひねって、それを背中に回すなど、
痛くて至難のワザでございますよ。
日本から孫の手を持ってくればよかったわ。

それに、左手に力を入れてやる作業も辛い。
たとえば、棚から物を取ったり、戻したり。

こういう状態なんで、片付けが進みませんわ。
言い訳じゃないんだが、床に落ちているものを
拾うのも、物をどかして掃除機をかけるのも
一苦労だし、ちゃんとお掃除が出来ないのよ~。

って、やっぱり言い訳ですかしらん。

このまま、じっくり治るのを待つか、
もう一回医者に行くか、考えているところ。

2014/09/03

お豆さんたち

ちと、更新をさぼっておったら、いつの間にか
9月になっているではないですか。
いや~、時間が過ぎるのは速いもんですな。

8月後半は、会社でいろいろとあって、
すっかり疲れておりましたわ。

うだうだ悩んでても仕方ないんで、気を取り直して、
ウチの畑のお豆さんの近況報告でもしましょーかね。

時間が無いのと天気が悪いのとで、荒れ放題の
畑でござるが、雑草だけではなく、お豆さんたちも、
激しく、好き勝手に茂っております。

こちらは、紫色のインゲン豆

081708

ワタシの記憶に間違いが無ければ、
ツル無しの品種の種を蒔いたはずなのだが、
何故か、ツルがすくすくと伸びてきたので、慌てて
適当な竿を立てたり、紐をつったりした結果、
こういう有様になりましたわ。

しかし、何度考えても、ワタクシ、
ツルありインゲンの種なんて蒔いてないわよ。

今年は、最初に蒔いた緑色のインゲン豆の芽が
ウサギさんたちに食われてしまったんで、その場所に
去年の残り物の、紫インゲンの種を蒔いたのよね。

055

つまり、去年と同じインゲンの種を蒔いたのだが、
去年は、こんなツルなんて伸びなかったわよ。

不思議だわ~。種って、1年ほうっておくと、
その間に変異するのかしらん。

053a

いずれにしても、紫色のインゲン豆がたくさん
ぶら下がっておりまして、収穫したら、
バケツにいっぱいになってしまったわ。

このお豆さん、こんなきれいな色だが、
茹でると緑色になってしまいます。

毎年恒例の紫花豆は、低気温にもかかわらず
と~っても元気にごった返しております。

056a

実も出来つつありますが、収穫出来るまで
育ってくれるかしらん。

057

こちらは、トラ豆さん。

012

トラ豆さんは、花豆やインゲンみたいに
激しく茂ってしまうことも無く、なかなかお上品ですわ。
花豆よりもずっと早く収穫できるんで、寒冷地でも
育てやすい優れもののお豆さん。

ま、こんな感じで、お豆さんは、今年も特に
代わり映えいたしませんな。

さて、家に帰る前に、お隣のヒッピーちゃん畑の
仏様(?)にちょっくらご挨拶などして・・・。

005

薄暗くなってきたら、ますます背景に
しっかりマッチしているわね。

ちょっと違う角度から拝んで見ました。

006

なんだかんだ言いながら、結構、このお方に
ハマりつつあるワタクシ。

明日が良い日になりますように。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31