無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/29

スピリチュアルな世界?

天気が悪い日が続く中、この間、久々に
ちょっくら畑に行ってみますとですね、
お隣のヒッピー畑にこんなもんが置いてあっただよ。

8175

何ですか、これは。
仏像?それとも、アジアの仏教寺院の壁の一部?

ちなみに、ワタシとヒッピーちゃんたちは、
すっかり仲良くなったんで、畑の境の木戸
(写真左側)の鍵ははずして、お互い自由に
出入りできるようにしているんだな。

ヒッピーちゃんたちは、ワタシの畑内のポンプ
(水道が無いので、原始的ポンプで水をくみあげてる)
を自由に使ったり、ワタシもヒッピーちゃん畑に生えている、
ブラックベリーとかラズベリーを採らせてもらったり。

そういや、ヒッピーちゃんの一人、オリバー君(仮名)は、
こういう神秘的な世界が好きそうなタイプだな。
時々、静かに一人で笛を吹いたりしているし、
この間は、本で読んだ仏教説話の話などを
教えてくれたわね。よくわからん話だったが。

ワタクシは、というと、スピリチュアルな世界って、
ちょっと苦手意識があったりするわな。
スピリチュアルのみならず、神秘な世界も
良くわからん。 
もともと、何かが見えたり、感じたりする能力は
ま~ったく無いヒトだし。

でもこの仏様(?)、周りの風景に不思議に
マッチしてるし、別に、怖いわけでもないし、
ま、気にしないでおこう。

でも、ちょっくら拝んでみっか、と
近づいてみますると・・・。

G016_2

これ、発泡スチロール製でしたわ。
片手でもてるほど軽いのよ。
なんてこと言ったら、バチが当たりますか。

次に会ったときに、オリバー君に聞いてみると、
「これ、粗大ゴミで拾ったんだ」とのこと。

たまたま、ちょっと怖い仏教説話を読んだ後、
フラフラと散歩していたら、ゴミ捨て場に
この方がお座りになってたから、つい、
運命を感じて連れてきてしまった、という、
なんとも、有難いっちゅうか、脱力物の話だったわ。

でもワタクシ、スピリチュアルな世界は苦手だが、
こういうノリは、結構好きだったりするわね。

2014/08/28

異常気象続き

まだ8月だというのに、日中気温が
20度を越えない日が続いていますねん。
朝夕は、10度くらいなんで、寒いですねん。

それに、全く良くコレだけ降るもんだ、
っちゅうぐらい、よく雨がふりますねん。

6月に異常に暑い日が続いて、激しい雷雨や
台風になったかと思うと、最近の低温。
先週のある日なんて、去年のクリスマスよりも
気温が低かったらしいぞ。
つまり、この前の冬は、異常に暖冬であった。

ったく、ここ数年、ずっと異常気象とかで、
何らかの記録を更新しているようだし。
気象観測始まって以来の○○、みたいな。

天気が悪いので、野良仕事が全然、
出来ない状態が続いておりますねん。
相変わらず、残業続きなんで、たまに
夕方、晴れ間が見えても、なかなか、
明るいうちに会社を出られなかったり。

ベランダの方も、水遣りをするのが精一杯で、
植物のお世話はなかなか出来ないのだが、
今朝、ベランダに出てみたら、ミニトマトが
色づき始めていたわよ。

049

自分で栽培したミニトマトって、酸味が強くて、
おいしいんだわ~。

パプリカも大きくなってきたものの、
こう寒くては、これ以上成長しないかも。

052

暑いのが苦手なワタクシですが、8月なら、
もう少し、夏らしい気温になって欲しいもんだわねえ~。

2014/08/26

ふんだりけったりで・・・

腱鞘炎になってしまい、腕をサポーターで
固定する生活を数日してみたところ、
心なしか、腕の痛みも和らいできた、
ような気がする。

しかし、ここで別の問題が発生したぜよ。

ワタクシ、ポリエステルに対するアレルギーが
多少ありまして、時々、洋服の生地で
湿疹が出たりすることがあるんだな。
いつもじゃないから、あまり深く考えなかったが、
この、腕サポーターではてきめんにアレルギー反応。

最初のころは、ちょっと痒いかな~、くらいだったのが、
だんだん、痒みが増してきて、さらに、蕁麻疹発生。
サポーターの下に、木綿生地のガーゼを入れてみたり、
長袖のTシャツの上からサポーターをしてみたりと、
いろいろ試みた努力もむなしく、最後には、
腕が真っ赤にはれ上がってしまった。

という事で、腱鞘炎よりアレルギーのほうが
深刻になりつつあるんで、サポーター着用は
断念するハメになったわ。

せっかく、いろいろあるサポーターの中で、
一番肌触りが良いのを選んだんだが。
医療用サポーターって高いのよ~。
最も、健保でほとんどカバーされるので、
自己負担はわずかだったものの、やっぱし
もったいないわね。

腕のほうは、痛み止めの塗り薬を塗って、
しばらくは様子見という事に相成りました。
少々、治りは遅くなるかも知れないが、
背にハラは変えられん。

2014/08/23

どーして?

以前、手首が痛い、と書いたことがあるが、
あれから3週間、そのうち良くなるだろうと、
毎日、痛み止めの薬をぬったり、サ○ンパスのような
湿布を貼ってみたりしたのだが、全く治癒の兆し無し。

それどころか、ますます痛くなってきたので、
観念して、医者に行って来ただよ。

その結果、腱鞘炎という診断を下されちまったわ。
左手首なんだが、どう考えても、原因がわからん。
オフィスワークの人が良く腱鞘炎になるといわれるが、
右利きのワタシは物を書くのも右手、マウスも右手。
左手首をそんなに酷使して無いはずだわよ。

抱っこしなきゃいけない子供がいるわけでもなく、
常に、おもちゃを持った手首をフリフリして
遊んであげなきゃいけない猫ちゃんもいない。

確かに、荷物を持ったり、ファイルの出し入れは、
習慣的に左手を使うが、それが原因とも思えん。

でも、左手が痛くなって認識したんだが、
右利きでも、常に左手でやっている事ってあるのね。
たとえば、バナナやミカンのの皮むき。
コレをワタシは必ず左手でやっていたわ。

かといって、ワタクシ、一日中、バナナの皮を
むいて過ごしているわけではありませんわよ。
腱鞘炎になるまで、バナナを食う人っているのか?

それはともかく、そんなわけで、しばらくは
ワタクシ、左手をサポーターで固定して
生活しないといかんらしい。

今日一日、サポーターで過ごしてみたが、
これが意外に楽なんですわ。
手首を動かせないもので、痛みを感じるような
動きをすることも無く、夜も、痛みで
目覚めることも無く・・・。
さらに、周りの人も優しい・・・気がする。
でも、やっぱり締め付けられているという、
窮屈感や不快感はあるわね。

腱鞘炎は、治るまでかなり時間がかかるらしいんで、
しばらくは我慢して、ちょっといい子にしてますわ。
それにしても、やっぱり原因がわからん。

2014/08/21

料理用バナナ

先日、ガーナ人の知人宅で食べた料理用バナナ
とっても気に入ったっちゅう話を書いたが、
この間、アジアショップで見かけたんで、
さっそく買ってみたぞ。

Banana1

形は普通のバナナだが、大きさは2倍近い。
ガーナ人の知人は、Plantainとか呼んでいたが、
これが同じものかどうかは不明。

皮ごと茹でるらしいんで、3つに切って、
鍋に入れて蓋をして、15分ほど茹でてみた。

付け合せには、Picadillo風のソースを作ってみたわ。
Picadilloは、ラテンアメリカの料理で、普通は、
ひき肉で作るが、私は、大豆ミートを使った、
ベジ・バージョンでござる。

E015

こんな感じに色鮮やかにできましたですよ~。
完璧、Vegan料理でございます。

普通のバナナは茹でたりすると、崩れて
ぐちゃぐちゃになりそうだが、このバナナは、
しっかりしていて、ジャガイモみたいな食感。

で、バナナさんの味見をしてみますると、
知人宅で食べたのよりは柔らかめで、
甘味が多くて、フルーティーでしたわ。
違う品種なのかしらん。
いずれにしても、と~っても美味しかったです。

次の日は、余ったバナナを輪切りにして、
ココナッツオイルで炒めてみました。

バナナは糖質が多いんで、炒めていると、
表面にキャラメル状のオコゲができて、
そこに甘味が出て、実にいいお味に。
調味料なんて、全然必要ありませんわ。
サツマイモに近い味。

E023


B025_2

料理用バナナがこんなに美味しいなんて、感動。
しばらく病みつきになりそうだわ。
次は、アフリカ食材店を探して、そこで、
購入してみなくては・・・。

ついでに、アフリカのレシピも研究してみなくっちゃ。

2014/08/20

水菜

昨日のベランダ菜園の続きでござる。

シソの苗がまだ小さいころに、プランターの隙間に、
小指ほどの大きさの小さな水菜を5本植えた。

それから何週間か過ぎて、シソも大きく育ったが、
水菜も立派に育ってしまった。

白菜ほどの大きさになってしまい、今にも
プランターからはみ出しそうだぞ。

007b

離れを貸して母屋を取られている状態?

032b

一気に収穫しようにも、大量に使う方法が無く・・・。
鍋の季節でもないしねぇ。
もう少し涼しくなったら、はりはり鍋の
ベジ・バージョンでもするんだけどな。

ですので、今のところは、毎日、細々と収穫して、
サラダにして食しておりますわよ。

勝手に名づけて「はりはりサラダ」

005b

サラダなどと名づけるまでも無いくらい、
シンプルなものでござる。

刻んだ水菜にオリーブオイル、お塩、
梅肉(または梅ペースト)を振りかけて、
最後に、ナッツとかクルトンみたいなものを
パラパラとかけておしまい。
写真は、松の実をかけとります。

水菜が新鮮なので、コレだけで十分、
美味しいでっせ~。

2014/08/19

ベランダの近況

先日も書いたように、今年の畑仕事は
かなり手抜きでございます。
で、ベランダはどうかというと、こちらも、
手抜きというか、例年並みというか・・・。

時間が無いのもあって、畑と同様、以前のように、
珍しい植物を栽培してみるという冒険をすることも
近年、めっきり無くなってしまったわね。

定番のシソ、バジル、パセリ

B028_2

B034_2

B011

いずれも、せっせと使っているのだが
(バジルペーストなどは何度も作った)
全然使い切れず、観葉植物化してるな。
来年は、イタリアンパセリを植えてみるか。

パプリカ(赤)
B044

いつもは、苗を買ってくるのだが、今年は、
種から栽培してみたぞ。

いつもの激辛トウガラシ
B043

パプリカ、トウガラシ類は、畑での栽培を何度も
試みたんだが、夏の気温が低すぎるのか、
上手くいかず。苗が全然大きくならないのよ。

きっと何かコツがあるのだろうが、最近は、
あきらめてベランダのみで細々と栽培しとります。

ミニトマト
0b42

ベランダでの野菜栽培は、食べるためというより、
緑が欲しいからやっているんで、収穫はあまり
気にしないですな。

毎朝、出勤前に、水遣りがてらベランダに出て
ちょっと植物を眺める、これが、ワタクシの
夏の間のささやかな癒しですわよ。

2014/08/18

ちょっと良い気持ちでござる

先週末は、出かける予定も無くて、ひさびさ~に
ちょっと自分の時間が取れた二日間。でしたわ

なので、ワタクシ、土曜日の朝から、掃除、洗濯等、
家事にいそしんでおりましたの。

思えば、最近、週末といえば出かけていたので、
掃除も適当であちこちにホコリが見え始めていたわ。
買い物に行く時間も無かったので、
冷蔵庫の中もちょっと寂しくなっていたのだわ。

朝食の後、掃除機をかけて、床を拭いて、
ドアも拭いて、階段の踊り場も掃除して、
さらに、バスルームも、念入りにお掃除。
洗濯物も、家中をチェックして、敷物等も
洗ったぞ。
ズボラ人間も、やる時はやるんだよ。

その後、買い物に出発。
ちょっと遠出して、オーガニック食品の
スーパーマーケットまで行って来たわ。
コーヒーとか、大豆ヨーグルト、チーズ、卵、
大豆ミート、ココナッツオイル等を買ってきたが、
オーガニックの商品って、やっぱり高いわねぇ。

最近は、ディスカウントショップでも、オーガニック・
シリーズが充実してきたんで、オーガニック・ファンの
ワタクシとしてはずいぶん助かってはいるが、
経済的な面からは、まだまだ全面オーガニック生活に
移行できそうに無いな。

さらに、アジアショップにも行って、しょうゆとか、
ミリンとか米酢を補充。

これで、しばらく残業が続いても、食生活は安泰だぜよ。

買い物から帰ってきて家に入ると、家の中が
とってもきれいに掃除されていたのよ~。
床を拭いた洗剤のレモンの香りがほんのりとしてたり。

お掃除したての家が、こんなに気持ちいいとは。
この感覚、しばらく忘れておりましたわね。
って、どんだけ掃除をサボってたねん。

まだまだ、家の中は片付いておりませんが、
それでも、掃除だけはちゃんとマジメにやらんと
あきませんな、という事を実感したワタクシ。
ちょっとマメに頑張ってみますかね。

お、ワタクシ、今日は、ちょっとマジメだわね。

2014/08/17

畑の近況

今年は、6月が異常に暑かったのに、
7月半ばごろから気温が下がり、ここ数日は、
20度を下回る涼しい毎日。もう夏は終わったか?

何よりも、この夏は、雨が極端に多い。
最近は、朝、晴れていても、夕方になると大雨、
という日がやたら多いんで、会社の後に
野良仕事に行けることがほとんど無いんだわ。

それに、最近また仕事が忙しくて、毎日残業だし、
さらに、8月も半ばになると日も短くなってくるし。
本当に、野良仕事をする時間が無いわね。

結果、畑は雑草がぼうぼうと元気よく茂っております。

で、お野菜のほうはというと、悪天候と激務の合間を
縫って、きゅうりとかインゲン豆、ズッキーニなどを
少しずつ収穫しておりますねん。

6月に台風が来た、という話を以前書いたが、
その際に、折れた太い木の枝が柵を直撃。
そこの金網が破れてしまったため、ウサギさんたちが侵入。
そして、まだ小さかった野菜の苗を召し上がられまして、
インゲン豆とか、花豆、枝豆がほぼ全滅しましたよ。

インゲン豆と花豆はその後、種を蒔き直したが、
ちょっと時期が遅かったようです。

それでも少しばかり収穫が出来ておりますインゲン豆。
G016

きゅうりは、形が悪いながらも順調な出来。
G010

順調だが、たまにしか採りにいけないもので、
一気にたくさん収穫出来てしまうので困るわね。

そうそう、新しい隣人のヒッピーちゃんたちとは、
その後、すっかりお友達になりまして、
会えば、いろいろ話をしたり、一緒に何か作業したりと
楽しいご近所付き合いをしているのよね。

台風で壊れたドアも、彼らが修理してくれたわ。
今度一緒に、映画でも見に行こうという話にも
なっているんだが、彼らの見る映画って、
どういう世界なんだろ。
ま、実現するかどうかはわからんけど。

そろそろ、ジャガイモ堀りもしなきゃいけないんだが。
天気予報によると、まだ数日は天気が良くないらしい。
また数日間、野良仕事から遠ざかってしいそうな気配。
てるてる坊主でもつるそうかしら。


おまけ。

ヒマワリも台風の後に、ウサギさんたちの
ご飯となってしまい、ほぼ全滅。
今咲いているこの子は、そのときに生き残ったもの。
高さが50センチほどの、ミニヒマワリ。

Gg016

2014/08/15

「春にして君を離れ」

これ、アガサ・クリスティーの小説のタイトルで
ございます。

この本は、ずーっと昔に読んだのだが、
ふと思い出して、最近、もう一度、
読み返してみたのだわ。

推理作家として知られているクリスティーですが、
メアリ・ウェストマコットという名前で書いた小説が
6冊ほどあり、この作品はその一冊であります。

推理小説では無いので、殺人事件が起こるわけでもなく、
血しぶきが飛び散るような場面もないのだが、
とっても怖い話でございます。
ある意味、他の推理小説よりも怖かったかも。
特に、最後のエピローグなんて、背筋がぞぞっ~と
いたしましたわ。そして、最後の2行がさらに怖い。

この小説を怖いと感じるか、退屈と感じるかは、
かなり意見の分かれるところだと思うが、
おそらく、その人が経験した過去や、
現在送っている生活次第でも、感想は
変わってくるのかも知れない。

小説そのものの他に、クリスティーが描いている
背景、たとえば、あの時代の中近東への
旅の行程や、イギリスの裕福な家庭の生活などが
映像を見ているかのように生き生きと伝わってきて、
彼女の表現力の豊かさというのを感じましたわ。

これを機に、クリスティーの作品をいろいろと
読んでみたくなったわね。
彼女の推理小説は、若いころにかなり読んだ記憶があるが、
ゆっくりと、読み直してみるのも良いかも。
英語の原文で、と言いたいところだが、
それは、ちょっと無理、いえ、ぜったい無理、
なので、日本に帰ったときに、買ってまいりますか。

2014/08/13

再び君子蘭の花

今年の2月にきれいに咲いてくれた君子蘭ですが、
またまた、きれいな花をつけてくれましたです。

Bb037

君子蘭って、年に2回も咲くんでしたっけ。

初夏になって、鉢植えをベランダに出して、
時々水をやるくらいで、たいしたお世話も
していなかったんだが、それが良かったのか。

以前にも書いたが、この君子蘭は、日本へ
帰ってしまった知人夫婦から頂いた。
それほど親しいお付き合いをしていたワケでは
無いので、それ以来、連絡も取り合っていないが、
こうやって花が咲くと、やっぱり彼らのことを
思い出してしまいますな。

ご主人のほうが大病をされて、それが
帰国された理由だったのだが、日本で
元気になられている事を願っています。

実は、この鉢植え以外にも彼らから頂いた
物があるのだが、それについては、また
別の機会に・・・。

Bb003

2014/08/12

料理のレシピ類とか

先日、新しいファイルを買ったんで、
それをレシピの整理に使うつもり、
なんて事を書きましたな。

この、ド派手なファイルでござる。

F004

ファイルを買っただけじゃいかんので、ここらで
レシピ類の整理でもしますかねぇ、と思い、
今まで集めたレシピ類を一応入れてある
ファイルを探し出してまいりますと・・・。

あららら、三冊もあったぜよ。

F002

昔の雑誌の切り抜きとか、インターネットで
検索したレシピをプリントしたものとか。
それでも、最初のころ(雑誌の切り抜きの時代)は、
項目別にちゃんと分けていたんだが、インターネットが
普及して、レシピ検索が簡単になってしまった後は、
やたら量が増えて、ただファイルするだけに。

そうすると、ファイルされているレシピの事を
全然覚えていなくてですね、また新たに検索してプリント。
こういう感じでどんどん増えていったみたいだな。
さらに、いざ、あるレシピを探そうと思っても、
見つからないことがしょっちゅうだったわ。

今回、改めてファイルをめくってみると、
特にインターネットからプリントしたものなんて、
作ってみたことも無いものがほとんどだったわ。
よく考えてみると、最近は、新しいレシピを試すことなんて、
ほとんど無いような気がするわね。
こんなんだから、料理のレパートリーが増えないんだろうが、
あんまり変わったものを作りたいと思わなくなったな。
コレも、歳のせいかしらん。

いずれにしても、レシピは、作りたいと思ったら、
すぐに作ってみないと、「いつか作るかも」では、
その「いつか」は永久に来ないことがわかったわ。

作ったことのあるレシピについては、項目別に分けて
ド派手ファイルにすべて保管(作ってみて不味かった
レシピは、残していないので)。
未挑戦のレシピは、近い将来作ってみる可能性が
あるもののみを残し、残りはすべて処分いたしました。
それにしても、よくコレだけ溜め込んだもんだ。

雑誌の切り抜きについても、ほとんどが古いもので
(まだ日本にいたころのものもあったわ)、
同じく、未挑戦のものはほとんど処分。

この「未挑戦」レシピについては、時々、
チェックして、あんまり増えないようにせねばね。

基本的には料理は好きなんで、本当は、
もっといろんな料理に挑戦したいんだが、
なんと言っても、時間が足りないんだよ。
夜遅く帰ってきてから、台所に立って、
複雑な作業をする気分になれんしな。

レシピブログなるものを毎日更新されている方々、
本当に、すごいと感心することしきりであるよ。

そのレシピブログを見るのが大好きなワタクシは、
つい、作ってみたくなって、そのレシピをプリントして、
時間が無くて作らなくて、レシピだけがどんどん
増えていく、という日々であるよ。

2014/08/11

ちょっとだけ休暇

先週は、出張に出たりしてたんだが、
そのついでに、週末にかけて、
ちっとだけホリデーしてましたのよ。

ホリデーといっても、割と近くの町で、
そこそこいいウェルネス・ホテルに泊まって、
ささやか~な、贅沢をして参りましたわん。
いいホテルだったものの、食事が
思ったほどおいしくなかったな。
朝食のコーヒーも今ひとつだったし。
ま、でも、眺めのいい散歩道を歩いたり、
近くのお城を見学したり、とそれなりに
楽しく過ごせましたわね。

帰りに、その近くの町に住んでいる、
彼氏さんの知人家族を訪問。
小高い丘の上の閑静な住宅地でして、
ご夫婦と5人の子供たちのご家族であります。

ご夫婦とも、ガーナ出身。
ワタシは、ガーナという国については、
アフリカのあのあたりにあって、
カカオの輸出国だとか、サッカーが強いとか
そのくらいしか知らなかったのよね。
いろいろと彼らの話を聞いていると、
アフリカの近隣諸国に比べると、
政治面・経済面では非常に安定した国だとか。

訪問したのが、午後だったのだが、
奥さんが、軽い食事を出してくださり、
それも、今まで食べたことの無い、
ガーナの料理でありました。

主食に茹でたバナナが出てきたのだが、
バナナと言っても、全然、甘くなくて、
「ジャガイモのような味」と説明されたが、
もっと固くて、むしろ栗のような味。
そのバナナも、熟してくると甘味が出るそうで、
そうしたら、煮込んで食べるとか。
この主食用バナナ、とってもおいしかったんだが、
ワタシの住んでいる町でも買えるのかしらん。

このご夫婦から、ガーナのことや、仕事の話、
(旦那さんは、彼氏さんと同業者)、子供たちの
教育の事等、いろいろな話を聞いて、
とっても楽しいひと時でしたわん。

何よりも、感心したのが、5人の子供たち
(4歳からティーンエージャーまで)は、
最初と最後に挨拶をしたのみで、
それ以外はずっと自分たちの部屋にいて、
全く大人の話の邪魔をしなかったこと。
時々、お母さんが子供たちの様子を見に、
席をはずしていたのみ。

この年頃の子供のいる友達を訪ねると、
子供が中心になり、騒いだり、走り回ったりして、
友人と全く話が出来ないままがっかりして帰ってくる、
という経験しかなかったんで、かなり新鮮だったな。

これが彼らの教育方針なのか、お国柄なのかは
わからんですが、子供たちをこうやってお行儀良く
育てられる人たちとなら、子育て中であっても、
ずっと友達付き合いが続けられる、と思ってしまった。
あくまで、個人的見解だが。

そんな感じで、短いホリデー、週末旅行も
終わってしまっただよ。
また明日からいつもの生活ですわね。

2014/08/05

またまたモチベをあげるために

相変わらず忙しくて、また更新が
滞ってしまっておりまする。

他の部の仕事の応援を頼まれてしまい、
出かけることも多いし、慣れない仕事のため、
す~っかり疲れきっている今日この頃であります。

そんな生活のため、家の中は相変わらず
荒れ放題に限りなく近づいております。

何よりも、あちこちに散らばった書類を
いいかげん、片付けねばねぇ。
そろそろ確定申告もしなきゃいかんし。

書類整理用のファイルを買わなきゃ、
と思っていたところ、たまたま見かけた、
ド派手なファイルを衝動買いしてしまったわ。

F004

食い物が大好きなワタクシにぴったりのデザインだわん。
当然、レシピ類の整理に使うつもりでございます。

レシピ類というと、ネットからプリントしたものとか、
雑誌の切抜きとかがあちこちにありまして、
いつか作ってみようと思って、ちょっとそこらへんの
引き出しに入れてしまうと、もう二度と見つからない、
という事がよくあるのは、ワタシだけ?

一応、レシピ用のファイルもあるんだが、それも、
ちゃんと整理されていないから、探すのにやったら
時間がかかってしまい、全然、使えない。
そこで、レシピ類を一度ちゃんと整理して、
いらないものは処分しようと思っていたのだが、
もともと、書類整理が大嫌いなワタクシ。
せめて、こういう楽しいファイルなら、ちっとは
モチベが上がるんじゃ無いかと思ったんだわ。

シンプルライフの専門家の方々によると、
キャラクター商品とか、ゴテゴテした色の多い
デザインはNGとの事でありますが、
ワタシのようなズボラ人間にとっては、
ファイル自体をすぐに探せることが大事でして、
色ですぐに判別できるというのは、かなり大事な
ポイントであります。

もっと整理整頓のエキスパートになったら、
すべて無地の、シンプルなデザインにするかも
知れませぬが、その域に達するにはまだ
しばらくかかることでありませう。

とはいえ、今週も出張が入っているし、
実際に書類整理に手をつけるのは、
少し先になりそうだわね。
それまで、モチベが持つかしらん。

2014/08/01

8月になりましたわね

7月は、かなり更新をサボっておりまして、
そうしたら、いつの間にか8月になってまして・・・。

モチベが上がらんし、体調も今ひとつすっきりせんし、
と思っていたら、今度は、左手首が痛み始めやがった。
手首をある決まった方向に曲げると痛い。
たとえば、服を着たり脱いだり、とか
背中をボリボリ掻きたい時、とか・・・。
腱鞘炎ではないか、と言われた。原因不明。

ワタシ、右利きなんだが、こうやって左手に
不便が生じると、日常生活で、常に、
左手でやっている事が結構ある、と言うことに
気がつくんですな。
コレは、数年前、やっぱり左手を犬にかまれて、
使えなかったときにも思ったわ。

痛み止めの薬を塗って、少しずつは
良くなってきたが、痛むと、何かを持ったり、
動かしたりするのが億劫になるわね。

今週末は、そういうわけで、ハイキングにも行かず、
少し、家でゆっくり静養することにしたわ。
とはいえ、家事がたまってるんで、
何にもせずに休むのはちょっと無理そうだが。

皆様も、楽しい週末をお迎えくださいませね。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31