無料ブログはココログ

« 猫のバッグ | トップページ | 果物の置物? »

2014/05/07

お片付けの参考書

先日の事でございまするが、彼氏さんが、
Amazonで片付け関連の本を買ったと、のたまった。

彼氏さんは、思いつきで行動するワタシとは違い、
何事にも理論から入るタイプであります。
まあ、その理論を実行に移す能力があるかどうかは
別の問題なんだが、いずれにしても大変な読書家。

ちなみに、片付けの能力に関しては、
まだ、ワタシの方がマシかも、と言うレベルでして、
家の中は、ぴっかぴかからは程遠いですな。

で、その買った本というのが、
「日本で大ベストセラーになったらしい」っちゅうんで、
一瞬、もしやワタシの大嫌いな「だ○しゃり」では、
と不安になったが、それではなかった。

その本とやらを見せてもらったところ・・・

048

おぉ~!コレは、かのコンマリ大先生の
「人生がときめく片付けの魔法」の
翻訳ではありませんか。

とってもとっても驚きましたわ。
コレの翻訳が出ていたのに驚いたのもあるが、
それ以上に、ワタシもこの本のオリジナルを
ちょうど今、読んでいる途中だからなのだよ。
そうです、この4月に帰国したときに、紀伊国屋で
コンマリ先生の本を買って来たんだわ。

ちょうど同じときに同じ本を読んでいるなんて、
ワタシたちって、やっぱり運命の赤い糸?
なんて単純に喜ぶほどワタシも若くは無いが、
それにしても、すごい偶然だわねぇ。

それはともかく、コンマリ先生のこの本、
ずっと前から読みたいと思っていて、
今回の帰国でようやく手に入れたわけだが、
最初の100ページほどを読んだ限りでは、
非常にわかりやすくて、非常に参考になります。

小難しい理論も哲学も名前も無く(片付けに
そんなものはいらん、とワタシは思うし)、
それでいて非常に合理的で筋が通っている。
あちこちで、すでに目からウロコがぼーろぼろ、
と落ちてきた。

取り合えず、ゆっくり最後まで読んだあとで、
使える部分から実行に移してみようかと。

コンマリ先生流お方付け実行の詳細は
いずれそのうち。

« 猫のバッグ | トップページ | 果物の置物? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30