無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/30

突然の胃痛で・・・

夕べは、胃痛でダウンしてました。
原因不明だが、何か悪いもの食ったか。

ワタシはいくつか食べられないものがありまして、
ブロッコリーや、生の玉ねぎやニンニク、いくつかの果物を
食べると、かなりの頻度で胃痛を起こします。
その他、ちょっと痛みかけた野菜やサラダ菜など。

きっと、それ以外にも胃が反応するものがあるんだろうけど、
今のところわかっているのはこれくらい。
子供のころ、よく母親の料理で腹痛を起こしたが、
そんな事、わかってくれるような母親ではなかったので、
腹痛を起こすたびに、ワタシがどこかで他のものを
食べたのが原因だろうと言って、激しく叱られただけだった。
未だに、それは大きなトラウマ。

大人になって、自分の食べられるものだけが食べられる、
胃痛を起こしそうなものを避けられる、と言うのが
こんなに幸せな事だとは思わなかった。

胃痛は、辛いです。
特に、夜中、胃痛で眠れないと、
いろいろと考えてしまってね~。
このまま朝を迎えられるのかとか。
救急車呼んだら、この家の中のザマを
見られてしまうのかとか。
特に、ここのところ忙しくて、汚部屋に近い状態に
なりつつあるんで・・・。

元気になったら、本気で片付けに取り掛かります。
いつでも救急車呼べるように。

2013/08/29

最近モノが増えつつある?

気のせいかも知れないが、ここのところ
なんかモノが増えつつあるような・・・。

いや、気のせいでは無いかも。
最近、モノを買ったりもらったりする事が多い。
買ったものはほとんどが買い替えで、
古いものは捨てていっているつもりなのだが・・・。

でも、買ったものの代わりに、一つ処分すべきなのが
忘れてしまってそのまま、と言うのもありそう。

今月は、雑誌を何冊か買った。
これは、季節料理のレシピ雑誌なので、
きっと、キープするだろうが、その代わりに
処分したものが何も無い。
古い雑誌をチェックして、もう読まないものは処分せねば。

先週から新しい英語の教室が始まり、
新しいテキストを買った。
でも、古いテキストは、いろんな例文等を、
参考にしたいため、まだ捨てるつもりは無い。
う~ん、こんなところでもモノが増えている。

その他、買い物のついでに、ストッキングを買ったり、
下着を買ったりと、自分があんまり意識してないところで
モノを増やしていることに気づいた。

常備薬等もこの間、補充したし。
薬は、消耗品ではあるが、一気に使うものではないので、
やはり、引き出しの中が前よりいっぱいになった。
薬箱も、改めて整理しなくては。

そして、最近、真面目にモノを減らす努力をしていない。
忙しくて、いろいろチェックする時間が無いせいもあるが、
なんだか、最初に比べて、モチベが下がっております。

さらに、最近IKEAの新しいカタログが届いて、
気がついたらそれをめくっていろいろチェックしていたり・・・。
危ないです。今、IKEAなんかに行った日にゃあ、
歯止めが効かなくなって、買いまくってしまいそうだ。
特に、必要なモノは無いのだが、ストレスがたまっている時って、
欲望の抑制ができなくなりそうで・・・。

と言うことで、IKEAのカタログは捨てることにした。
これでモノが一つ減るし、何か必要になれば、
インターネットで調べればいいのだし。

もう一度、初心に戻って、家中をチェック、
不用品を処分していくことにしますです。

Orka05a

あ、オルカちゃんも増えたのでした・・・。
でも、この子だけは絶対に手放せない~。

2013/08/28

階段の踊り場の飾り?

先日、階段の踊り場の植木鉢置きを小さめの
サイドデスクに変えた、という件は書いた。

それ以来、ずっとこういう状態のまま

F022

この踊り場と言うのは、部屋の中ではなく、
自分のアパートの玄関を出たところ。
いわゆる共有スペースに属するのだが、
ワタシは最上階に住んでいるので、ここは、
ワタシ以外の人は通らない。

しかし、ワタシにとっては、帰宅して最初に
目にする場所である。

で、いつも殺風景だなぁ~と思いつつ、
家の中に入るわけです。
かといって、置物を置くのは好きじゃないし。
それに、殺風景なの、嫌いじゃないから、
ま、いいか、って感じで。

ちなみに、下の階の方々は、皆さん、リースを飾ったり、
アヒルちゃんの置物を置いたりして、楽しんでおられます。

で、ワタシも負けずに、ちょっとモノを置いてみた。

これで、どうだ~っ!
F023

花の終わったヒマワリ。

自然のインテリアだぞ。
短い間の期間限定インテリアだぞ。

F024

拡大写真は、ちょっとキモいな。
このヒマワリの種、どうするかと言うと、
種も少し取るが、残りは、鳥の餌にするんですな。

彼氏さんのご両親宅の庭には餌箱(?)が置いてあって、
いろんな野鳥がお食事にやって来ます。

これが餌箱
002a

鳥達がえさをついばむのを見るのが楽しいんだわ。

リスさんも来ます。

013a

と、話がそれたが、階段の踊り場に飾り物を置いた、
と、言いたかったのはコレだけです。

2013/08/27

胡蝶蘭のその後 2

日本に帰った友人家族から譲り受けた白い胡蝶蘭

その時に咲いていた花は、散ってしまい、
その後、すぐについた新しいつぼみがつき

042

2週間ほど前にキレイに開きましたです。

003

写真が今一つキレイに撮れなかったが、
真っ白な花が、意外に華やか。

大事に育ててきた甲斐があったわね~。
とはいえ、たいした世話もしていないのだが、
常に、それなりに気にかけていたのが良かったみたい。

気をつけていたのは、水をやりすぎないこと。
水遣りは、大体、2週間に一度くらい。
植木鉢いっぱいに水をいれて、10分くらい、そのまま放置。

その後、たまった水を全部捨てる。
根が冷たい水に浸かっている状態は最も良くないとか。

肥料をやるべきかはまだよくわからないので、
今度ネットで調べてみましょう。

家に帰ったときに、この花を見ると、
なんだか、心がほっとする。
友達の思い出がたくさん詰まっているせいかしらん?

2013/08/26

久々のMujiでのお買い物 2

久々のMuji (無印良品)で買ったものと言うと、
期待させてすみません。コレだけです。

M020

整理用トレーが一つに、名刺入れとアルバム。

整理用トレーは、台所の引き出しの中を
すっきりさせようと言う試みのために購入。

名刺入れは、会社には置いてあるが、
自宅用を持っていなかったので、この機会に買った。
プライベートで名刺をもらうこともほとんど無いが、
例えば、レストランやお店のカードが
あちこちの引き出しから出てくるんで、
一箇所にまとめようと思ったんだわ。

カード自体、取っておく必要が無いかも知れないが、
カードがあればレストラン等の電話番号や、営業時間を
いちいちインターネットで調べる手間も省けそうだし。

アルバムのほうは、今持っているのが
全然気に入って無いのと、場所を取るので、
写真の整理もかねて、いずれはこの1冊に
まとめてしまおうと思っている。

名刺整理も写真整理も、手をつけるのは
いつになるかわからないが、
こうして準備を整えておけば、
そのうち始めるんじゃないかと・・・。

2013/08/25

久々のMujiでのお買い物

先日、すご~く久々にMuji(無印良品の海外店)に
行って参りました。

Mujiには、3月末の日本帰国以来、行ってなかったのだよ。
やっぱり、日本で無印良品の大型店なんて行って、
鼻血が出るほど興奮したもんで、
しばらくは、とても、こちらの小型店舗なんて、
なんだかちゃちっぽくて、行く気が無かったのよ。

店舗が小さいと、当然品揃えも少ないし、
何より、海外でウケそうな商品を中心に
置いてあるんで、欲しいものが必ずあるわけじゃない。
さらに、値段も日本よりは高いし。

それでも、先日Mujiに行ったのは、もともと
ファイルを買おうと思ったため。

前々からずっと気になっている書類整理を
いい加減にしなきゃいけないんだが、
それが大変な作業になるとわかっているので、
ずっと、見てみぬフリをしていた。
でも、ファイルを一新すれば、もしかしたら
モチベが上がるんじゃないかと思ったワケですよ。

それに、シンプルデザインのファイルが
きちんとそろっていると、見た目にも
キレイだと思うし・・・。

でも、結局ファイルは買わなかった。
Mujiのダンボールのファイルは、
デザイン自体は好きだが、どうも
ウチの本棚に合わないような気がしたし、
頻繁な出し入れに絶えうる頑丈さが
無いんように思えたため。
さらに、思ったより値段が高かった。

と言うわけで、ファイルは他で探すことに。

それでも買い物はしてしまった・・・。

M016

ほほほ。でも、少しだけ、なのよ。
このくらいなら、許容範囲よね。

お買い物の詳細は後日。

2013/08/24

久しぶりの再会

Y子さんが日本へ帰国したのは、9年前。
駐在員として4年間、ヨーロッパに滞在していた。

彼女は、某難関資格を持って働くエリートなのだが、
性格はすごく気さくで、話題も豊富、
細やかな気遣いもできる女性であり、
ワタシは大好きだった。

もともと知り合ったのは、仕事の関係ながら、
年齢が近いせいもあり、気が合って、
彼女の駐在中には、よく一緒に食事に行ったりと、
プライベートでも、いろいろとお付き合いをさせてもらった

Y子さんの帰国後もコンタクトは続いたものの、
ワタシが日本へ帰国した際には、時間が合わず、
なかなか会えなかった。

そして先日、彼女は夏休みをとって、
ヨーロッパ旅行をした際に、この街に寄ってくれて、
ようやく再会を果たした。

共通の知人も二人来て、一緒に夕食をとり、
昔話で盛り上がった。

彼女は2年前に取締役に就任し、
ますます忙しい毎日を送っているらしい。
彼女のような上司の元で働ける部下は
幸せだなあと、思ってしまった。

でも、昔話をしている際に、残念ながら、
共通の知り合い(または名前を知っている人)で
お亡くなりになっている人が何人かいた。
また、現在、闘病中の人も何人か。
楽しい再開ながら、びっくりしたり悲しくなったり。

50台という自分の年齢を考えると、
周りでご不幸が増えてくるのも仕方ない。
若い頃にお世話になった方々というと、
20歳以上、年上の方が多い。
また、自分自身だって、いつ、どこで
何が起こっても不思議ではないんだよね。
それどころか、ワタシより若い年齢で、
急に亡くなってしまった同僚もいる。

Y子さんとも、例えば来年の今頃は、
どうなっているかもわからないんだから、
これからは、会えるときに頑張って会いましょう、
と、約束して別れた。

そう、そして、人生、後悔のないように
楽しまなくては、ね。

さらに、いつどうなっても、恥ずかしくないように、
身辺は片付けておかなきゃ、ね。

2013/08/23

訪問者が帰った後

家の中の片付いた状態をキープするためには、
人が訪問する機会を作るのが良い、と
以前に書きました。

はい、これ、全く正しいです。
見栄張りのワタクシは、必死になって、
と言うよりも、ほとんどパニックになって片付け、
間に合わなければ、物を物置や寝室の中に隠し、
何とか体裁を保とうとするわけです。

おかげで、人が来る10分前には、
我が家は一応、「片付いた」状態に
なるわけでございます。

そして、お茶なり、ご飯なりを出し、
一緒に楽しくひと時を過ごし、
お客様は帰っていかれます。

その後、料理をした場合、台所は修羅場。
食卓の上には、汚れた食器がたまり、
やおら、その後片付けを始めるワケです。

お客さんの中には、食器を洗おうか、と
いってくれる方もいらっしゃいますが、
ワタシはコレがイヤでして、後片付けは
自分でやりたい。

修羅場の台所に入られたくない、
というのも多少はありますが、
せっかく来てくださったお客さんに
食器洗いをさせるって、とっても失礼だと
ワタシは思うんですよ。

それに、お客さんがいる貴重な時間は、
楽しくいろいろと話しをすることに使いたい。
食器洗いは、後で一人でも十分できるし。

お客さんが帰られた後、お皿を洗いながら、
楽しかったな~、とか思い出にふけるの、
結構好きだったりしますわよ。
従って、汚れた鍋やフライパンも
たまったお皿も、大して苦になりませんわね。

しかし、です。
例外は、ウチの彼氏さん。

類は友を呼ぶのか、テキは、
ワタシの上を行く、ズボラ人間。

彼氏さんが帰った後、と言うのは、
いろんなモノがいろんな場所に
散らばっております。

新聞や雑誌を読むのが好きなのはいいが、
いたるところに新聞が散らばり、
身に覚えの無い、ボールペンやメモ帳なども、
落ちていたりする。

コーヒーを炒れてくれるのはありがたいが、
コーヒー缶は出しっぱなし、戸棚は開けっ放し。

出したら片付けろ~!と、
いつも叫んでいるのだが、
ワタシが言っても説得力が無いようで、
その時は片付けるが、次からはまた、
同じことの繰り返しであります。

疲れます。


Orka04
オルカちゃんも置いていったし


・・・とってもかわいいです。

2013/08/22

突然の訪問者は?

前回も書いたように、ウチは、普段は
お世辞にも片付いているとは言えないんで、
突然の訪問者に対応できる状態ではござらん。
なら、突然、人が来たらどうするか。

はい、ドアを開けません(きっぱり)。
つまり、居留守です。

これは、家の中を見せたくないからではなく、
安全のためであります。

ワタシの生活上、アポイント無しで人が来ることは無い。
なので、呼び鈴を鳴らすのは、
何かのセールスか、宗教の勧誘がほとんど。

知人が通りすがりに寄ってみた、という事も
絶対無いとは言い切れないが、
アポ無しで人の家を訪ねるのは
非常識だと思っているので、誰であろうと無視。
電話一本する手間を惜しむってのが理解できないし。

あと、小包とかの配達はどうするか、というと
普通の小包が届く時間に家にいることが無いので、
(こちらは平日しか配達が無い)郵便受けに入っている
配達通知書を持って、郵便局等に取りに行くんですな。

予約して、家にいる時間に配達してもらう時も、
ドアはすぐに開けずに、建物の入り口まで降りて行って、
そこで受け取る。

こちらの建物はすべてオートロックなので、
住人が中から開けない限り、
訪問者は建物の中にも入って来れない。

ズボラなワタシですが、こういうところだけは、
かなり徹底しております。
安全というのは、自分で精一杯努力して、
手に入れるものだと思うし。

2013/08/21

片付いた状況を続けるには 3

片付いた状況を維持するための究極の方法、
それは、しょっちゅう人を家に招待する、
これに限りますな。

どんなに親しい人であっても、また彼氏さんであっても、
一応、誰かが来るとなると、さすがのワタシも片付けます。
必死で片付けます。

ワタシにも、多少のプライドっちゅうもんがありますがな。

つまり、毎日のように人が来るという状況を作れば、
きれいに片付いたおウチを維持できるような。

しかし、ワタクシたち、大人になると、
毎日友達が遊びに来る事などありません。

ワタシもだけど、世の中の人、
そうそう、ヒマじゃないんです。
たとえヒマであっても、毎日、どっかに行くのも、
ウチに来られるのもかったるい。

平日なんて、仕事の後は家で
ただのんびり過ごしたいもんです。

なら、せめて想像だけで、人が来るつもりになって、
毎日、一生懸命、片付けますか。
片付けるだけじゃなくて、
テーブルセッティングまでしたりして。
ここまで来ると、コレ、かなり危ない世界です。

想像でもなんでもいいけど、
家の中が、いつ人が来てもいい状態にあるって、
すごく憧れるんですが・・・。

もしかして、ヨソ様のお宅って、それが普通なんですか?

キレイに片付いた家におジャマしたとき、
「散らかってますけどぉ~」などと言われると、
とっても、ムカつくのはワタシだけ?

2013/08/20

片付いた状態を続けるには 2

前回、片付けやすいおウチについて、
自分なりに考えてみたが、
片付けやすい部屋にするには、結局は、
手遅れになる前に片付ける習慣を
つけるしかないんだわね。

つまり、日頃からある程度の「片付いた状態」を
キープするように頑張る事だな。

そして、ワタシはコレでも、そのために一応、
自分なりのルール、っちゅうもんを作っているんで
ズボラながらも、まだ手遅れには陥っていない。

自分なりのルールの一つは、
定期的にちゃんと掃除すること。

普通の人には当たり前の事でしょうが、
ズボラな人間にとっては、定期的なお掃除って
かなり大変な事なんですわ。
さらに、平日は、仕事で帰りが遅くなる事が多く、
家に帰ってから、掃除をしようなんて気にはならん。

なので、週末には必ず掃除をすることにしている。
あちこちに散らばっているものを片付け、
掃除機をかけて床を拭く。
さらに、洗濯機も何度か回す。

コレで、ワタシは何とか人間としての
最低レベルを保っているワケですな。
まあ、散らかっても、1-2週間のものなら
何とかまだ手の施しようはあるもので・・・。
まだまだ、満足のいくレベルには達してないが。

自分で決めたルールがもう一つありまして、
これがなかなか実行できないのだが、

「モノの定位置を決めて、使ったら必ずそこに戻す」

実に簡単な事なんだが、ワタシにはコレができない。
気がついたら、あるべきでないところに
いろんなものが置き去りにされていまして、
それを見て、また自己嫌悪。

まずは、この根っからのズボラ性格を
治す事が先決なんだろうねえ。

2013/08/19

ゴミ箱の話

家の中に、ゴミ箱をいくつ置くか、
という話でございます。

「片付け」や「モノを持たない」系の
HPやブログを読みますと、
ゴミ箱は一家に一つ、たくさん置くのは無駄、
という意見が、ほとんどのようであります。

でも、ワタシはこれには同意いたしかねまして、
各部屋にゴミ箱が欲しいんであります。

何かしているときに発生したゴミ、
例えば、ちょっとした紙くずとか、髪の毛とか、
不要になったものとかは、すぐに捨てたい。
そういうときに、すぐ近くにゴミ箱が無いと、
他の部屋まで捨てに行くのが面倒くさい。
それって、すごくストレスになると思うのだが。

面倒くさがりの人間にとっては、
ゴミがすぐに捨てられる環境、って
すごく重要なんでございますねん。

もちろん、ウチではゴミ箱が各部屋の真ん中に、
で~んと置かれている、と言うわけでは
ございませんで、机の下とか、部屋の隅に
目立たないように置いているんですよ。
もちろん、生ゴミ系を寝室やリビングのゴミ箱に
捨てるということもありまへん。

ゴミが出る場所のメインは、台所だと思うが、
その台所のゴミを捨てるときに、
他の部屋のゴミ箱も空にして
まとめて捨てるんで、ゴミ箱が
ゴミであふれるということも無い。

それに人が来たときに、ちょっとしたゴミ
(お菓子の包み紙とか、紙くずとか)をわざわざ
台所に捨てに行ってもらうなんて申し訳ない。
(料理を作った後の、ごった返した台所に
入られるのもいやだし・・・)。

家の中のゴミ箱を数えてみると、
寝室に一つ、リビングに一つ、
バスルーム(トイレ)に一つ、
台所に二つ(普通ゴミとプラゴミ用)、
さらに、紙ごみを入れる箱と
空きビン類を入れる箱、
合計7つもあった。

多いといわれるかも知れませんが、
ワタシはコレでも必要最低限だと思ってるので、
これ以上、減らせませんなぁ。

でも、実際、ゴミ箱が台所にしか無いお宅って
多いみたいなんですな。
皆さん、ゴミが出るたびに台所まで
捨てに行っているんでしょうかね。
日頃、どうしているのか、かなり興味のあるところ。

2013/08/18

久々に花を買った

先日、久々にバラの花を買ってきたのよん。

ずっと暑い日が続いていたため、
しばらくお花を買うのは控えていたんだが
急に涼しくなったんで、花を飾りたくなった。

Bl36

今回は、ピンクと白のバラ。
こういうトーンの色って好きだなあ。

やっぱり、生花を飾ると、家の中が
急に華やかになるんで、本当は
もう一箇所にも飾りたいところ。
ディスカウントスーパーの安い花なんで、
二束買っても、そんなに高くないしさ。

となると、花瓶がもう一つ必要だな。
もう一つ、持っているんだが、それはあんまり
好きな形じゃないんで、できれば買い換えたい。

花を飾る場合、主役はあくまで花なので、
花瓶はガラスのごくシンプルなものに限る、
と言うのがワタシの考えなんだが、
シンプルな花瓶でお手ごろな値段のものって、
探すとなかなか見つからない。

見つかるまで、気長に探しますか。

2013/08/17

オルカちゃん

この間の週末、遠距離の彼氏さんが、
ウチに遊びに来たときに持って来てくれたお土産。

Orka05a

なんじゃ、コレは。
イルカか、クジラか。

・・・と思ったら、オルカだそうで。

オルカって何だっけ、と思って
さっそく、グーグル大先生で検索してみたら、
シャチの事なのね。

出入りの業者さんにもらったぬいぐるみだってさ。
反対側に会社のロゴが入っていたりする。

このぬいぐるみは長さ25センチほどの小さいもの。
でも、ワタシ、水の中に住む生き物って
苦手なんですが・・・。
アナタ、凶暴な性格らしいし。

それに、今、ワタシ、物を増やしたくないのよ。

しかし、そんなワタシの気持ちを無視して、
オルカちゃんは、いきなりウチに住み着いてしまった。

気がついたら、リビングの敷物の上で昼寝してたり、

Orka06


ベランダで、日向ぼっこしてたり、

Orka01

挙句の果てには、ベットでくつろいでいたり

Orka04

そして、いつの間にかお布団の中にもぐりこみ、

Orka03

ワタシ、毎晩、オルカちゃんと一緒に寝てます。

なんだか、すっかりなついてしまって、
もう、手放せない。

こうやって、モノが増えていくのです。

ワタシとしたことが・・・。

2013/08/16

片付けやすいおウチ作り 3

片付けやすいおウチ作りのアイデア、
もっといろいろとありそうなんだが、
改めて考えると、なかなか出てこないもんですな。

もちろん、掃除をしやすい間取りや
家具、絨毯などをそろえるという
可能性もあるんだろうが、
今、引越ししたり、家具をすべて
買い換えたりする余裕は無いし、
そこまでやる気も無い。

今回、いろいろと考えてわかったことは、
散らかりまくって、どこから手をつけていいかわからない
という状態になってしまうと、片付けも難しくなる。
つまり、「手遅れ」になる前に片付けろ、
ってことですかね。

片付けやすいおウチを作るためには、
日頃から常に片付ける努力を続けていく、
コレに尽きますな。

ま、それができないから、困っているんだが。

まずは、家の中をもう一度見直して、
いらないものを減らしていく、
と言うことをまた始めますかな。

「持たない暮らし」に向かっての努力、
最近、ずっとサボっておりましたわ。

2013/08/15

片付けやすいおウチ作り 2

掃除をしやすくするために心がけているのは、
できるだけ、床にモノを置かない事。

それは、床にモノがたくさん置いてあると、
掃除機がかけにくいからっだよ。

もちろん、家具や絨毯などは別だが、
それ以外のものがいろいろと置いてあると、
掃除の時にのけるのが面倒くさくなって、
やがて、掃除をするのも面倒くさくなる。

どうしても置かなければならないなら、
掃除機をかけながらのけられるように、
片手で持てる物だけにしたい。
コレだけで、ずいぶん手間が違うと思う。

ベットの下にもできるだけ物を置かないようにして、
ホコリがたまらないようには心がけているものの、
気がついたら、いろいろと置いてあったりして、
自分でもいつ置いたか覚えていないものも多い。

さらに、リビングとか台所を見回すと、
やっぱり、いろいろ床に置いてあったりして、
これをどうするかは、今後の課題でありますな。

そして、床にな~んにも無くなったら、
ルンバ君が欲しい・・・。




2013/08/14

片付けやすいおウチ作り 1

片付けやすいおうち作りを目指すにあたり、
まず思いつくのは、当然の事ながら、
モノを減らすこと。

ものの適量と言うのは、人それぞれだが、
基本は、収納キャパシティーを越える
モノを持たないということですかね。

収納のキャパシティーの概念も
個人差があるかと思うが、ワタシの場合、
モノが収納スペースの8割を越えると
気分が落ち着かなくなる。

出来れば、モノはスペースの7割以下に抑えたい。
例えば、引き出しや戸棚を空けたときに、
まだモノが入るスペースがかなり残っている、
と言うのが、理想なんだわ。

と、ここまで書くと、モノが全然多くない、
と思われそうだが、そうではなくてですね、
問題は、引き出しや戸棚の中には、
8割くらいしかモノを入れない結果、
入りきれないものが、他のスペースを
占領するのである。

つまり台所でも、戸棚にはスペースは残っているが、
そこに入らない(入るが8割を越えるので入れたくない)
食器や調味料が、机の上や台の上に乗っている。

例えば、今年始めに片付けた戸棚の一つ
Ki22

まだスペースがたくさん残っていて実に気持ちいい。
しかし、先日書いたように、戸棚に入らない
ビンは窓際に並んでいるし

035

これは、「見せる収納」などではなく、
単に入れる場所が無いというだけ。

さらに油断すると台の上はゴチャゴチャになるし。

要するに、ワタシが快適に過ごせるモノの量
というのを越えているんだな。
まだまだ、モノを減らさねばならないワケです。

ホント、何にも考えずにぱ~っと捨てられれば、
どんなに気持ちがいい事ざましょ。

続く

2013/08/13

片付いた状態を続けるには

ワタシは、すっきりとキレイに片付いた
おウチは大好きだが、キレイな状態にする過程、
つまり、お掃除ははっきり言って嫌いなんだわ。

でも掃除しないとキレイな状態には出来ないんで、
それどころか、油断すると、あっという間に
汚部屋になる事は目に見えてるんで、
仕方なく、重い腰を上げて、お掃除なぞしてみるんだが、
やっぱりお掃除は好きでないし苦手。

ブログまで書いてモチベを上げようとして見たが、
掃除好きには決してなれそうに無いな。
掃除が趣味とか言う人がうらやましいわよ。

あ~、本能の赴くまま過ごせたら、どんなに楽か。
汚部屋だって人間、生きていけるわよ。

などど言っては見ても、社会生活を営むからには、
やっぱり、人として最低のレベルは保たないとねぇ。

家政婦さんでも雇え、と言われそうだが、
そんな経済的余裕は無いです、ワタシ。

そんなわけで、いろいろと考えた。
どうせしなきゃいけないお掃除なら、
出来るだけ楽にしたい。

つまり、片付けやすい家を作ればいいんだと。

まだ実行まではおぼつかないが、この機会に
「少しでも片付けやすいおうち作り」について、
いろいろと考えてみようと思う。

続く

2013/08/12

台所(ミューズリーのビン) 2

ミューズリーの材料を入れるビンだが、
探してみると、なかなか気に入ったのが
見つからない。

Ki38

見つかっても、高くて買えなかったり。
で、しばらく放置していたのだが、
この間、ある家具やの台所用品コーナーで
使えそうなビンを見つけた。
デザインもシンプルでワタシ好み。

値段もお手ごろ(さらに、バーゲンで安売り中)、
と言うことで、いくつか買って参りました。

早速、中身を入れ替えて、並べてみると・・・

035

ビンの形がこうやってそろうだけで、
ずいぶんすっきりした感じになったような気がする。

なかなか片付かない台所。
本当は、このビン類もすべて
戸棚の中に入れられればいいのだが、
そこに行き着くにはまだしばらくかかりそうだ。

な~んにも外に出ていない
すっきりした台所って、憧れるわね~。

やっぱり、まだまだモノが多すぎるのかねぇ。

2013/08/11

台所(ミューズリーのビン) 1

今年1月ごろの、一連の台所の片付けが、
一段落したときの写真。

Ki36

完璧に片付いているとはいえないが、
ワタシの普段の状態から見ると、
これでも十分合格レベルですねん。

でも、ずっと気になっているのが、窓際の
ビンが並んでいる部分であります。

Ki38

ワタシは朝食にミューズリーを食べることが多く、
その時に、自分でいろんな種類の穀物やナッツ、
ドライフルーツなどを混ぜ混ぜするのが好きなので
手の届くところに、材料を置いておきたい。
でも、戸棚の中にはそんなスペースが無い。

と言うことで、こうやって窓際に材料を入れたビンを
並べているわけです。

そのビンも、適当に空き瓶を利用しているので、
不ぞろいで、どうも片付いた印象にならない。

この解決法をずっと考えていたんだが、
当面困らないので、ずっとそのまま放置。

そうして数ヶ月が過ぎたが、やっぱり気になるんで、
ミューズリーの材料を、形のそろったビンに
入れることに決めたのであります。

続く

2013/08/10

靴を買ってしまった

先日、珍しく会社をほぼ定時に出ることができたので、
ちょっと街中をブラブラ。

で、靴の衝動買いをしてしまいました。
それも2足も。

ワタシ、服とか靴を買いに行くのが嫌いで、
必要に迫られて買い物に行くというのが
すごくストレスになるので、
こういう風に、通りすがりに気に入ったものに
出会えるというのは、かなり嬉しい。
バーゲン中でもあったし。

当初、1足だけ買うつもりだったのが、
どっちにするか迷ったので、もういいや、
って感じで、両方買ってしまったのだわ。

日本人の足って、欧米人と形が違う。
ワタシの足って、典型的な日本人の幅広なので、
こちらの靴屋でぴったり足に合う靴が
見つかる可能性って、かなり低い。

いつも、探して探してやっと見つかるという
感じなので、今回みたいに、すぐに、
2足も見つかるって運が良かったわね。

靴は少ない数のものを履き倒すという主義なので、
もともと数はあんまり持っていないが、
今回は、2足も増やしてしまったわ。

一つ物を増やしたら一つ減らすという法則に従い、
もう履かないであろうサンダルとスリッパを
処分することにいたしました。

2013/08/09

ビンがまた増えた

最近、ジャムを立て続けに作ったので、
ジャム用のビンが無くなってしまった、というのは
少し前に書いた。

彼氏さんに家にある空きビンを集めて、
持ってくるように頼んだら、何を勘違いしたのか、
やたらでかいビンばっかり持ってきたんで、
使えるものはほとんど無かった。
ちゃんとジャム用って言ったんだが。
ビンも、彼氏さんも使えねぇ~。

しかし、先週、彼氏さんのところへ行った際に、
家捜しをすると、ちゃんとあるじゃないですか、
ジャムに使えそうな空き瓶がいっぱい。

ワタシは、インスタント食品をほとんど使わないが、
彼氏さんは、ふたを開けるだけのビンモノ、
缶モノの大ファンでして(パスタソースとか)、
空き瓶はすぐにたまる。

使えそうなのを10個ほど、もらってきた。

早速、プラムのジャムを煮て、すでに
いくつか使ってしまったので、これはその一部。

F010

お湯につけて、ラベルをはがし、使う前に熱湯消毒する。

ビンをしまう場所を作らねば、と思ったが、
もう一回ぐらいジャムを煮るだろうし
棚の中の開いたスペースに入れておくことにした。

こういうビンって、余分に持っていると、
すぐに捨てたくなるが、必要な時に
足りないととっても困る。

この加減が難しいんですな。

2013/08/08

会社の机の片付け 4

しばらく休んでいた、いえ、サボっていた
会社のデスクの片付けを再開。

週末旅行に出かける前に、
急ぎの仕事も終わったところで、ちょっと
時間ができたんで、あちこち片付けたみた。

旅に出かけたのは週末なので、
別に会社を休んだわけじゃないんだが、
やっぱり出かけるとなると、
予測しない事が起こる確率が高い。
例えば、事故にあうとか、旅先で病気なるとか。
つまり、月曜日に会社に来れないという
可能性だって無くは無いので。

そして急に休む事になった場合、
変わりに仕事をしてくれる同僚が
書類を見つけやすい状況にしておかないと・・・。

本音は、あちこち開けられたときに、
あまりにもゴチャゴチャだと恥ずかしい、
と言うところにあるのだが。


で、しばらくは使わないであろうファイルを
数冊、地下倉庫にもって行き、
その開いたスペースに、床に並んでいた
ファイルを入れた。

ウチの部屋、収納スペースが全然足りない。
オンライン化が進んでも、紙は減らないし・・・。

さらに、翌週に片付けなければならない仕事用の
書類をまとめてわかりやすい場所に保管。
「とりあえず」の片付けながら、コレで完璧。

ここまで完璧にやると、本当に旅先で
事故に会いそうな気がしてきたが、
無事に戻ってきましたわ。

でも、机の上や書類棚をきれいに片付けて帰ると、
次に出勤したとき、すごく気持ちがいいものなのね。
毎日、は無理でも、毎週金曜日は、
片付けの時間を少し取るのもいいかもねぇ。

2013/08/07

冷蔵庫が・・・

この間、畑で収穫したサラダ菜。
一度には食べきれなかったので、
大き目のタッパーに入れて、冷蔵庫で保存しておいた。

サラダ菜、レタス類は、根っこの部分を少し切って、
きれいに洗って密封容器やビニール袋に入れ、
冷蔵庫で保存すると、結構、長期間鮮度が保てる。

で、週末旅行から帰ってきた日、
サラダを食べようとして、冷蔵庫からタッパーを出し、
開けてみると・・・

サラダ菜はパリパリに凍っていた。

なんで~?

暑かったから、冷蔵庫がトチ狂ったか?

いくら外は暑くても、家の中がそこまで
暑くなったわけでもないし、
冷やす強度を上げたわけでもないし、
全く、謎であります。

良く見ると、サラダ菜だけじゃなくて、
冷蔵庫の奥の壁にも氷の粒がついていた。

やっぱり、急に冷蔵庫が冷えたんだな。
で、いろいろと原因を考えてみたのだが、
そういえば、少し前に冷蔵庫の掃除をした。

その時に、中に入っていた食品を
いろいろ消費したり、処分した結果、
冷蔵庫の中が、かなりすっきりした。
さらに、週末旅行に出かける直前は、
買い物もせず、冷蔵庫の中は、ほぼ空っぽ。

つまり、中のものが減った結果、
急に冷えたんじゃないかと。

サラダが凍っているのを見て、
慌てて冷蔵庫の強度を下げたが、
そのままで全く問題なく機能している。

ワタシのこの推測が正しければ、
すっきり片付ける事は、電気代の節約にも
なるんだわね~。
なんとなく惰性で冷蔵庫に入れて置くって
こんなデメリットもあったのね。

ちゃんと、自分の所有しているものを
把握して置くって大事です。

2013/08/06

週末旅行から帰還

日曜日の夜、週末旅行より戻って来ました。

いやぁ、それにしても暑い週末だったわ。
金曜日なんて、日中は37度、
この街を出発した夜の7時過ぎで、
まだ35度くらいあった。

35度を超えるなんて、この国では何年ぶりだろ。
その上、湿気も多くて、フラフラ。

で、乗った電車は、冷房無し。
ま、窓から風が入ってくるんで、
それでも比較的快適でありました。

問題は、乗り換えた後の電車。
ローカル線で1時間10分ほど
チンタラと走るんでありますが、
なんと、田舎列車のクセに冷房つき。

やったね、と思ったのもつかの間。
この冷房がガンガンに効いておりまして、
10分もたつうちに、身体が冷えてきた。
ったく、暑い夏に慣れていない国なんで、
加減と言うものを知らないんだな。

この1時間10分を寝て過ごそうと思っていたのに、
こんな寒い中で寝ると、寝冷えするぞ。

外の空気を入れようにも、
冷房車っつうのは、窓が開かない。
かといって、寒さのあまり途中下車
するワケにも行かない。

田舎のローカル線なんで、次の電車が
いつ来るかわからんし、夜だと、
日付が変わるまでに来ない可能性がある。

結局、こういうこともあろうかと、
スーツケースにカーディガンを入れてたんで、
それを引っ張り出して着た。

で、周りを見回すと、数少ない乗客の皆さん、
タンクトップとかミニスカといった、
かなりの夏仕様なのに、誰も寒がってないんだな。
何でやねん?
皮膚の厚さが違うのか?

・・・そうこうするうちに、目的地の田舎駅に到着。
もわっとする外気が心地良いわね~。

迎えに来てくれた彼氏さん、
「何でそんな厚着してんの?」
だってさ。

「ワタシ寒いんだわさ」
と、一生懸命説明したが、
わかってもらえなかった。

S06a

いずれにしても、山の中のド田舎は、
都会(ぴかっ)よりも5度気温が低く、
週末は、快適な避暑となりました。

上の写真は、お散歩した湖。
野鳥保護区域に指定されているそうなので、
もう少し涼しくなったら、野鳥観察なんかも
してみたいものです。


それでですね、
いつもの事ながら、旅に出る前って、
バタバタ忙しくて、片付ける余裕が無いんですな。
と、また言い訳しておりますが、
日曜日の夜、家に戻ってきましたら、
暑い上に、家の中がゴチャゴチャでして・・・。
いきなりまた現実に戻ってしまった。

いい加減、きちんと片付けてから
家を出る週間をつけんといかんですな。

またもや反省の結末の週末旅行でありました。







2013/08/02

荷作り中

毎日暑いです。
金曜日は今年最高気温になるとか・・・。
35度とか、37度とか・・・。勘弁してくれー。

もともと寒い国なんで、冷房なんて完備してないし、
ウチには扇風機も無いぜよ。
あるのは、金魚ちゃんの団扇だけ。

こんな日に外を歩くと、行き倒れるな。
こっちの気候に慣れてると、毛穴がちゃんと開かんし。

なのに、ワタシはこの暑い中、金曜日の夜から、
週末旅行に出ることになってしまった。
行き先は、遠距離の彼氏さんのところ。

唯一の救いは、あちらは、ド田舎でありまして、
標高もここよりは高い山の中。
気温が都会よりは5度くらい低いらしい。
ちょっとは、避暑になるんだろうか・・・。
暑いのが苦手なワタシにとっては、
35度が30度になったところで、辛いのには変わりないが。

・・・と言うわけで、今、大嫌いな荷作り中。
たった2泊なのに、もう大パニックに陥っております。

下着とか、着替えとか、洗面用具とか、
その他いろいろ、集めて詰める、
コレがなかなかできないんだな。
しかも、いちいちモノを探してるし。

整理整頓しても、何にも変わらんな。、
経験から何にも学ばないワタシ。

ぐだぐだ言ってないで、
引き続き荷作りしますわ。

読んでくださった皆様、良い週末を!

2013/08/01

ニンニク~ の続き

収穫したニンニク達は、数日間、
ベランダで乾燥させたあと、日陰で保存。

5個~6個ずつを束にして、編み編みして、
しばらくの間、こうやってベランダに
つるしておきます。

G101a

やっぱり、ニンニクってかわゆいねぇ。
自分で育てただけに、カワユサもひときわ。

005a

お部屋のインテリアにどうぞ、

と言いたいところだが、新鮮なニンニクは、
部屋においておくと、一つだけでも、
か~なり、臭います。

なので、このまま秋ごろまでベランダに
干しておく事になるのだが、
これ、ドラキュラ除けに抜群の効果を
発揮するってご存知でした?

ワタシ、毎年こうやって夏から秋にかけて
ニンニクをベランダにつるして置くので、
ウチには、一度もドラキュラが現れた事が
ございませんの。

皆様も、お試しくださいな。

あら、ニンニク吊るさなくても、
ドラキュラなんて現れないって?

そりゃ、アナタ、お宅は今まで
とっても運が良かっただけですよ。
用心に越したことはござぁません。

031a


« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31